お薬館の公式ブログ

個人輸入代行業者 お薬館のブログ

女性にアナボリックステロイドがどれだけ効果的で副作用あるか

   

女性がアナボリックステロイドを利用する効果と副作用

複数の説がありますが、女性と男性では、アナボリックステロイドを利用する理由とは、明確に異なっています。
男性と違って、女性がステロイドを利用する場合には、リスクと結果は異なるとされていますので、確認していきます。
アナボリックステロイドを使用したからといって、全ての人に危険が及んでしまうという認識は間違いです。

アナボリックステロイドの格安通販↓

https://okusurikan.net/products/list.php?category_id=31

 

例を紹介すれば、ステロイドを利用する方が、プロのスポーツ選手といった場合には、通常の一般男性よりも、リスクというものは基本的に低いです。
また、未成年の男性がステロイドを利用してしまった場合には、危険であるので注意したいところです。

そして、女性がアナボリックステロイドを利用するといった事は危険なのは、外因性の男性ホルモン向けに、女性の身体ができていないということによるものです。

女性に大きな影響を及ぼすアナボリックステロイド

一般的に、アナボリックステロイドを女性が利用してしまった場合には、大きな影響を受けてしまうとされています。
アナボリックステロイドとは具体的には、天然の男性ホルモンテストステロンの合成誘導体とされていまして、筋肉の強化という特徴のみではありません。
性的な機能にも、アナボリックステロイドとは、影響を及ぼしてしまうのです。

よって、アナボリックステロイドを利用するのは、筋肉を発達させる目的のみではなく、男性をより男性らしくするといったことも可能です。

なので、男性でない女性がステロイドを利用してしまうと、デメリットが大きいので注意しなければなりません。

アナボリックステロイドを利用してしまうと、女性には重大なショックを引き起こしてしまうので、女性の内分泌系には導入されないように注意しましょう。

もしも、アナボリックステロイドを女性が乱用してしまえば、声が男性っぽくなってしまったり、毛深くなってしまったり、性的な特徴に重複が見られるといった事もあります。

残念なことに、アナボリックステロイドの使用とは、女性には、リスクがあるというだけではないのです。
必要自体がなく、というのも、女性は、男性よりも、高いレベルのテストステロンを有しているのです。

もしも、男性と同様の、アナボリックステロイドによる筋肉増強などの結果を得ようとした場合には、より多い服用量が必要になってしまう、こういった考えは間違いであります。

というのも、体内の男性ホルモンが多いからといって、絶対に筋肉が充実するというわけではないからです。
もしも、女性が筋肉増強剤を利用してしまった場合には、筋肉増強剤としての効果を得られるというのではなく、単に自分の身体を危険に晒してしまうというだけの場合がありますので注意したいところです。

女性がアナボリックステロイドを利用する理由

女性がアナボリックステロイドを利用するのは、いくつかの理由があるとされています。
女性のアナボリックステロイドユーザーのなかには、筋肉醜形障害に悩むという方もいらっしゃいます。
筋肉醜形障害とは、女性が、自分の身体に対し、筋肉が不十分であるという意識が強くなってしまうことであって、実際には客観的に見て、そうでないにもかかわらず、筋肉が少なすぎるといった感覚を持ってしまうのです。

筋肉醜形障害とは、一般的には稀でして、女性が単に、ボディービルディングに対して執着しすぎるといった問題だけではないです。
精神障害の診断を行なって、問題が確認されることも多く、タイプや程度を細かく確認しなければなりません。

一般的に、他人が必要十分と思われる筋トレをしたりするだけでは充分ではなく、常に自分の身体を意識してしまったりします。
そして、1日6回の食事を1回でも、飛ばしてしまうと、とても気分が落ち込むといった精神症状が確認されてしまいます。
また、自分自身の筋肉を十分に保つため、食事によって、1日あたり必要なタンパク質が取れていないと、とても気にしてしまうのです。

また、常に筋肉増強剤を利用してしまうといったことも、筋肉醜形障害の方に見られる特徴でもあります。

また、筋肉醜形障害といった方は、過剰なまでの運動のために、他に大切な人間関係や仕事といったことまで、放置してしまうといったことになることがあります。

また、完全な錯覚ですが、筋肉醜形障害の方は、体重が減っていると過度に意識してしまったり、筋肉組織が平均未満であると考えてしまう、こういったことも、よくあります。

もちろん、必要な男性が、アナボリックステロイドを利用した場合には、とても大きなメリットが期待できます。
しかしながら、女性の方がアナボリックステロイドを利用してしまったという場合には、乱用によって、客観的なデメリットがメリットを上回るので、注意しなければなりません。
サイトでは、女性のアナボリックステロイド乱用の予防に関する対策として、ステロイドなしの女性と記載されたTシャツが販売されているというほどです。

女性のアナボリックステロイドに関する副作用

女性が、アナボリックステロイドを利用した場合には、よく見られる副作用として、体毛の増加がよくあるとされています。
この副作用を、女性の方で過去にレイプ経験があるという方は、積極的に利用するとされています。
実際、過去にレイプ経験のあるという女性は、アナボリックステロイドなどの筋肉増強の効果を持っている医薬品を約2倍よく利用するという統計があります。
レイプ経験がある女性は、アナボリックステロイドの利用によって、その副作用によって、毛深くなったり、筋肉をつけて男らしく、強くなったりする事を行なっています。

一度でもレイプ経験があるといった女性の場合には、男性に対する信頼ができないといったことが非常に多く見られ、結果として、男性代わりにアナボリックステロイドを非常に利用するといった傾向が確認されるようになってしまいます。
レイプ経験がある以前には、女性はアナボリックステロイドに対する、イメージとはネガティブなものが強かったにもかかわらず、約半数はレイプ経験後は積極的に利用してしまっています。

だかしかし、女性の身体というものは、そもそも、男性がメインとして利用するアナボリックステロイド向けにできていないのです。
よって、女性がアナボリックステロイドを利用してしまったという場合には、わずか一回の利用であっても、大きなデメリットが見られる可能性は否定できないので注意しなければなりません。

女性のアナボリックステロイド、身体への副作用

男性ではなく、女性がアナボリックステロイドを利用するといった場合には、悪影響が想定されまして、男性化が確認されています。
いくつかの男性化に関しては、女性には、ずっと感じられることになり注意が必要ですが、使用を中止した時には、その影響が消えるといったこともあります。

コレステロールのレベルが上がってしまったり、胸の大きさに変化が確認されてしまったりしますが、それだけではないので注意しなければなりません。

アナボリックステロイドによって行動の変化

アンドロゲンと、暴力行為、攻撃性といったものに関する研究とは、ほとんどされていないです。
しかしながら、その研究を行ったものによると、テストステロンと攻撃性の増加には、一定の関係性があると指摘しています。

研究全般に、アナボリックステロイドによって、攻撃性の増加が確認されてしまったというのではなく、アナボリックステロイドの種類によって、攻撃性が高まるといった事が確認されてしまったのです。

アナボリックステロイドを使用する女性に関しては、軽度から、 ほどほどの精神的なトラブルを経験してしまうとされています。
アナボリックステロイドを利用した女性が精神的なトラブルを引き起こしてしまうのは、2次ホルモンの変化によるものとされています。

ステロイド激昂と呼ばれる事がありまして、普通はほとんど気にならないといったことであっても、ストレス要因となってしまって、怒りっぽくなってしまうので注意しなければなりません。

また、アナボリックステロイドを利用する女性に関しては、深刻な気持ちの移り変わりが見られるといった事がありまして、これが、双極性障害や偏執病といった事に関連しているといったこともあります。

女性がアナボリックステロイドを利用してしまったという場合には、禁断症状に悩むといったことも、よくあります。
それは、食欲不振や無関心、鬱病、その他の精神病なども、指摘されています。
また、このような症状が起こってしまっていたとしても、なぜ、そのような事態になっているのか理解できていないといった事も珍しくないです。

生理学的なアナボリックステロイドによる副作用

女性がアナボリックステロイドを利用してしまったという場合には、生理学的な副作用として、平均血清テストステロンのレベルが、普通より約30倍も高くなっているという報告があるので注意しなければなりません。
女性がアナボリックステロイドを利用してしまった場合には、ホルモンのレベルが一定ではなく、常に変化してしまうということになります。
すると、女性における免疫システムを脆弱な状態にしてしまって、風邪になってしまう可能性が高まるという報告もあるので注意しなければなりません。

女性がアナボリックステロイドを使用してしまった場合の、生理的な副作用、このデメリットとは完全に逃れるといったことができず、抗ウイルス活性が妨げられてしまうといったことがあるのです。
よって、アナボリックステロイドの使用とは、単独で病気の抗体に対して悪影響を及ぼし、免疫反応を変えてしまうので注意しなければなりません。
心臓血管の危険因子を知っていますか?
その中には、心臓血管疾患又は、アテローム性動脈硬化症などがありまして、耐糖能の変化が確認されてしまったり減少してしまったりということがあります。
トリグリセリドレベルが高まってしまったり、高血圧といったことも、心臓血管の危険因子の1つであると考えることができます。

アナボリックステロイドの乱用によって死亡要因として考えられるのは、脳卒中や心臓発作というものです。
肝臓は毒性に対処しなければならないということから、アナボリックステロイドの乱用によって危険にさらされてしまうというのは当然です。

肝臓に生じる症状として一般的であるのは、肝紫斑病、肝臓における細胞が過剰に形成されるといったことにも注意しなければなりません。
もちろん、これには、癌も含まれます。

副次的に、ろ過装置として働く、腎臓や胆嚢に関しても疾患の影響を受けやすいという状態になってしまうので注意しなければなりません。

アナボリックステロイドを乱用することによって、10代の男性や女性には、筋骨格に重大なデメリットが確認されてしまうといったことがあります。
というのも、10代の少年や少女がアナボリックステロイドを乱用してしまうことによって、身長の伸びる可能性が下げてしまって、結果として低身長となってしまうデメリットが考えられるからです。

女性にとって、筋骨格に関するデメリットとして無視できないとされるのは、血液循環カルシウムのレベルが顕著に下がってしまうので、骨粗鬆症が生じる可能性が高いということです。

女性がアナボリックステロイドを乱用してしまったという場合には、一般的には、循環テストステロンの数値は増加するのに、エストロゲン活性が減少してしまうのです。
これによって、女性は生殖器系障害が確認されることになってしまい、排卵が妨げられてしまったり、無月経などを引き起こしてしまったりということもあります。
不規則な月経周期になってしまったりもするので、女性のアナボリックステロイド乱用には十分な注意を払わないといけないです。

ある研究で、女性を調べた場合には、9人の女性の中で、たった2人だけが問題なかっただけで、ほかの7人は全て、女性の月経異常をきたしていたとらされるので、女性のアナボリックステロイド乱用には非常に注意しなければならないのです。

加えて、女性特有の事情としては、子宮内膜や子宮頸部に関しては、癌が発症するリスクが高いとされ、子宮萎縮といった事も考えられるので注意しなければならないです。

また、もしもアナボリックステロイドが長期連用となってしまった場合には、不妊症となってしまう危険性だってあるので注意しなければなりません。

もしも妊娠中であって、アナボリックステロイドを利用してしまっているという女性の場合には、胎児の成長を遅らせてしまったりということにもなります。
擬似体性腎症の可能性を同時に高めてしまったりもするので、妊娠女性はアナボリックステロイドを利用すべきではないです。

もしも、アナボリックステロイドを注射で利用しているというのなら、感染といったことが考えられまして、非衛生な注射をしてしまえば、可能性が高まります。
なので、注射部位を拭かなかったり、針を共有や再利用といった事は禁物です。
また、アナボリックステロイドに関しては、無菌状態ではない状況下で製造されているといった事も十分に考えられまして、B型やC型肝炎、HIVなど、直接的に生命に関わる感染症のリスクを高めてしまったりもします。
アナボリックステロイドを乱用してしまうことによって、感染症心内膜症を発症しうる可能性があります。

アナボリックステロイドとボディービルダー

2000年頃、ある海外の病院では、画期的な研究が発表されるということになりました。
それは、女性のボディビルダーには、アナボリックステロイドの乱用といった事が急速に拡大していると指摘していまして、アナボリックステロイド同様に、能力を向上する事が可能な薬物の利用も拡大中と指摘しています。

これはポジティブに捉えられる面もありますが、全般的に見れば、女性に与える悪影響というものは非常に大きいのです。
というのも、女性がアナボリックステロイドを乱用してしまったという場合には、摂食障害などの症状をきたしてしまうといっこともあるからです。

また、女性ビルダーがアナボリックステロイドを乱用してしまった場合には、精神障害に苦しむといったこともあります。
こういったことから、女性ボディビルダーに関して、アナボリックステロイドを使用する場合に、徹底的な調査をして、心身医学と心理療法に関する医学雑誌で発表されたという経緯があります。

この研究に参加した女性というのは、2年間の間に、週に最低5日以上、ジムに通っていた女性、75人の女性アスリートです。

研究の著者によると、ボディービルディングとは、身体や食事のイメージについて障害を抱えてしまったりするので、女性にとっては危険な活動と指摘する事ができるというのです。

なぜ、ボディービルディングが危険であるのかといったら、ダイエットに関して、強迫的な没頭をしてしまったりしますし、薬物乱用と思えるものでも通常と考えてしまうからです。

この研究によってわかっていることとしては、ほかに、摂食障害や精神障害の罹患率が高いといったことも指摘できます。

アナボリックステロイドを乱用してしまうことによっては、典型的な男性的な衣服や娯楽といったことも、好むようになったりします。
女性のボディビルダーの中には、キャリアを十分に有したにもかかわらず、アナボリックステロイド、ボディービルディングに依存してしまって、厳しいダイエットやジムでのトレーニングのみに時間を費やすようになってしまったという方もいらっしゃいます。

しかしながら、ボディービルディング自体が全くの悪というわけではなく、女性であっても、しっかりと規則的なプログラミングに従って、しっかりと鍛えるというのであれば問題ないといったこともあります。

その場合には、通常以上の筋肉がつく事が予想されますが、中途半端なトレーニングでは無意味な事が多いです。
男性化するのみなので、注意したいところです。

 

アナボリックステロイドの格安通販↓

https://okusurikan.net/products/list.php?category_id=31

 

 

 - 筋肉増強剤