お薬館の公式ブログ

個人輸入代行業者 お薬館のブログ

痛風の治療法

      2015/11/18

痛風の治療法

痛風治療の目標は尿酸値の改善と合併症の予防

医師の指示どおりに治療を受ければ健康な日常生活を送ることが可能にがんやエイズのように、現段階で決定的な治療法が確立されていない病気、特効薬が開発されていない病気は依然として多いものです。痛風も、半世紀ほど前まではそのような病気のひとつでした。
しかし、それが尿酸の代謝異常によって起こることが解明されてからは、新しい薬もどんどん開発されています。
今や痛風は、比較的治療法が確立された病気であるといっても過言ではないでしょう。医師の指示に従ってしっかり治療を受ければ、以前と同じように健康な日常生活を送ることができるようになっています。

アロリック(ザイロリックのジェネリック)通販・個人輸入代行←こちら

痛風発作に対する治療と高尿酸血症の治療は根本的に違う

痛風の治療では、激痛を伴う発作に対する対症療法を見過ごすことはできませんが、なによりもその根本にある高尿酸血症を治療することが重要なポイントになります。

尿酸の代謝異常が改善されれば、発作はもちろん、痛風を原因として起こりやすい糖尿病、高血圧、高脂血症、動脈硬化などの合併症も未然に防ぐことができるからです。
このことは患者白身もしっかり頭に入れておかなければなりません。対症療法によって発作時の激痛がおさまると痛風の治療は終了したと勘違いする人も多いのですが、実際は病気の根底にある高尿酸血症を治療しない限り、何度も発作を起こすことになります。
発作に対する治療はあくまで緊急の一時的な処置です。治療の最終目標は痛風の原因となる尿酸の代謝異常をコントロールして高尿酸血症を改善し、合併して起こってくるさまざまな成人病を予防することにあるのです。
痛風は短期間の治療で症状が改善されるものではありません。治療には多くの時間と根気を要することを理解しておくことが必要でしょう。

発作時の苦痛はコルヒチンや抗炎症鎮痛剤で対処
痛風発作時の対症療法は薬物治療を中心にするのが一般的。
風が吹いても飛び上がるほど痛い発作は、経験した人でないとその痛さのほどはわからないといいます。それはともかく、発作時の苦痛をやわらげるための治療(対症療法)は薬物による方法を中心にするのが一般的です。
具体的な始原薬としてはコルヒチンや非ステロイド系の抗炎症鎖・痛剤があげられます。

発作の特効薬としてはコルヒチンが古くから有名

ユリ科のイヌサフランの種子や球根の成分から作られるコルヒチンは痛風発作の特効薬として歴史のある薬です。
コルヒチンは白血球の活動を抑える働きによって患部に白血球を届きにくくし、炎症の拡大を防ぎます。コルヒチンを服用すると発作時の痛みがやわらいだり、鎮静化したりするのはそのためです。

コルヒチンはタイミングよく副作用のない量を守って服用
コルヒチンは関節部のはれや痛みといった発作の予感または前兆があったとき、あるいは発作の直後に服用すればかなりの効果が期待できる薬です。しかし、発作が起こってから時間が経過している場合は効能も少ないので、使うタイミングが問題になります。
また、この歴史と信頼のある発作の特効薬も、多量に服用すると下痢、胃腸痛などを伴うばかりか、まれに脱毛症状を起こすなど、さまざまな副作用が心配されます。
このようなことから、以前は痛みがおさまるまで数時間おきに1日に何錠も服用するケースが多かったのですが、現在では通常1日に1錠を使用し、症状をみて他の抗炎症剤を併用するのが万般的です。コルヒチンの副作用は1日1錠程度なら問題がないとされています。

抗炎症鎮痛剤の現在の主流はインドメタシンやナプロキセン

コルヒチンには連続投与による副作用が心配されることから、最近は非ステロイド系の優れた抗炎症鎮痛剤が新しく開発され、発作の治療薬として多用されるようになっています。
抗炎症鎮痛剤には多くの種類がありますが、最も有々口なのはアスピリンでしょう。一時はこの薬が痛風発作の治療にも頻繁に使われていました。
しかし、アスピリンは尿酸を上下させる作用が強いことがわかり、現在はこれに代わってインドメタシン(商品名インテバン・インダシン)やナプロキセン(商品名ナイキサン)が主流になってきています。この2つの薬は特に鎮痛効果が高く、副作用が少ないため、医師の信頼も高いものがあります。
そのほかにもジクロフェナクナトリウム(商品名ボルタレン)、フェンブフェン(商品名ナパロール)などがあります。また、尿酸を溶けやすくするアルカリ化剤を使用して症状を改善させることもあります。

発作引いたら尿酸値を正常に保つ基本治療を

尿酸値が正常に保てれば発作も合併症も予防できる発作がおさまったら、本来の治療目的である高尿酸血症改善の治療、合併症予防のための治療を開始します。
高尿酸血症の治療の基本は代謝異常によって増える尿酸をコントロールし、正常な範囲内に保つことです。治療によって尿酸値がうまくコントロールされるようになれば、痛風発作はもちろん、痛風結節や尿路結石、糖尿病、高血圧、腎臓病、心臓病など、相関関係にあるさまざまな合併症を防ぐことができます。

高尿酸血症の治療は薬物療法を中心に食事療法も併用。
高尿酸血症の治療の中心となるのは薬物療法ですが、痛風に合併しやすい、いわゆる成人病の予防と治療の観点から食事療法も重要視され、2つは並行して行われるのが一般的です。

尿酸合成阻害剤や尿酸排泄促進剤で値を正常化

尿酸の生合成を低下させる薬と排泄を促進する薬の2タイプがある。
高尿酸血症の治療に用いる薬はいろいろありますが、これらは大きく2つに分けられます。
ひとつは体内で作られる尿酸の働きを低下させる作用があるもの、もうひとつは体内でできる尿酸の排泄を促進する作用があるものです。
高尿酸血症の薬物療法の主要目的は薬の作用によって尿酸をコントロールすることです。このような薬によって血液中の尿酸値を下げ、正常な範囲内に保つようにして症状を改善していきます。

尿酸値を下げる薬

尿酸値を下げる薬

 

尿酸合成阻害剤のアロプリノールは副作用が少ないのも大きな魅カ
尿酸の生合成を仰えることによってその値を下げる薬を「尿酸合成阻害剤」といいます。その代表的なものがアロプリノールです。
アロプリノールは尿酸合成阻害剤としては唯一の薬といってもよく、尿酸低下作用にはたいへん優れたものがあります。
また、長期にわたって飲み続けても副作用が少ないのも長所です。これで尿酸の生合成がうまくコントロールできれば痛風の合併症である痛風結節などの症状もしだいに改善されます。
アロプリノールは、例外を除き、通常は症状に応じて200?400ミリグラムを1日2回、12時間間隔で服用します。
なお、アロプリノールは一般名で、メーカーによってザイロリック、アロシトール、サロベールなどの商品名がつけられています。

尿酸排泄促進剤の多くは腎臓の尿細管に作用して排泄を促進する

尿中への尿酸の排泄を促し、代謝活動を活性化して尿酸値を正常化させる薬を総称して「尿酸排泄促進剤」といいます。
この種の薬にはプロベネシド、ベンズブロマロン、ブコロームなどさまざまなものがあります。その多くは、体内の老廃物を尿として排泄する腎臓の尿細管に作用して、尿酸の排泄を促進させます。

薬物治療の初期には痛風発作を起こすことも
初期的段階に発作を起こすのは尿酸濃度のギャップが原因
高尿酸血症の薬物泊療では、薬を使い始めてすぐの段階で痛風発作を起こすことがよくあります。
理由は、尿酸値の高い状態では当然、尿酸がからだの関節部などに沈着したり、結晶化してたまっていたりするわけですが、尿酸排泄促進剤や尿酸合成阻害剤の使用によって体内の尿酸が少なくなって正常化していくと、すでに沈着したり結晶化していた部位の尿酸値と体内の尿酸値との間に、それまで以上の大きなギャッブ(尿酸濃度の差)が生じるからです。
このギャップが、白血球が尿酸結晶を攻撃するきっかけとなって発作が誘発されるのです。

一般的に症状は軽くやがて発作は起こらなくなる

このように、薬物療法の初期的段階での発作は、高尿酸状態を放置しておいたために起こる通常の痛風発作ではありません。
これは薬物の投与によって関節組織にたまった尿酸がどんどん遊離していくときに起こる炎症反応で、発作の動機が少し違うのです。
症状も一般に通常の発作に比べて軽い場合が多く、薬によって体内の尿酸が正常にコントロールされ、一定時間を経過すれば関節組織内の尿酸がどんどん減少し、やがて発作は起こらなくなります。

薬物療法開始時は発作予防の薬を手元に用意しておくと安心

以上のことから、薬物療法の初めには発作が起こることを考慮し、医師ともよく相談して、あらかじめ特効薬のコルヒチンや抗炎症剤を手元に用意しておくと、いざという場合にあわてずにすみます。
そして、発作が起こりそうな自覚症状、たとえば、関節部が少しはれるとか、ちくちくした痛みを感じるなど発作の予感がしたら、適量を服用するようにします。
応急処置が早ければ発作の痛みを未然に予防でき、安心して治療が受けられるのです。

日常生活では誤った食習慣を正すことが第一

薬物療法だけでなく日常生活でのケアにも重点を

以上、痛風、高尿酸血痕の薬物療法について主に述べてきましたが、尿酸値を正常な範囲内にコントロールするためには日常生活でのケアもたいへん重要です。
そのなかでも、まず第一に問題になるのが食生活です。

食事療法ではプリン体を制限する考え方が見直されている。
以前は魚肉類や動物の内臓などに多く含まれる核酸が体内で消化、吸収される際にできるプリン体という物質が痛風と密接な関係にあると考えられていました。そのため、発作を起こした場合とか、痛風の予防と治療の盆市では、プリン体を多く含む食品の制限が非常に厳しく行われていました。
しかし、現在では食事から取り入れるプリン体だけを悪者扱いする考え方は見直され、むしろ問題視されなくなっています。これが尿酸値を高める原因になることは間違いないのですが、食べものから取り込むプリン体は、体内で自然に生合成される量よりはるかに少ないことがわかつてきたからです。
特定の食品にこだわるより過食・偏食といった食生活を改善することが大事みたいです。

アルコールを控えましょう

アルコール類には体内の尿酸生合成を促進する作用がある体内で合成されるプリン体の多くは尿酸になりますが、健康な人の場合は合成と排泄の代謝活動が一定の速度で行われているので、尿酸の量は正常に保たれています。
食べものなどによって一時的に多くのプリン体が摂取されても、体内で生合成される尿酸量に比べれば少なく、また腸管で分解されてどんどん排泄されるため、尿酸値はそれほど上昇しません。したがって、食事でのプリン体制限はあまり行われなくなったのです。
では、アルコールはどうでしょう。高エネルギーを有するアルコールには、体内に入ると代謝活動を活発化させてプリン体の生合成を宜進し、尿酸を増加させる作用があります。
適量を超えて毎日お酒を飲み続ければ、プリン体の生合成はアルコールのせいでコントロールがきかなくなり、やがて尿酸が体内に蓄積され、痛風の大きな原因になるのです。

肥満者は一律に尿酸値が高く、概して痛風にかかりやすい
肥満は万病のもとといわれますが、もちろん肥満は痛風にとっても大敵です。肥満者の尿酸値を調べると、必ずといっていいほど正常な人より高い。肥満と痛風の因果関係がすべて解明されているわけではありません。しかし肥満の背景にある美食、食べすぎ、運動不足、ストレスといった要因が、複合的に関連して体内のプリン体の生合成を促進して、尿酸を増加させる原因になるのではないかと考えられます。
さらに、肥満そのものが体内の尿酸代謝システムに異常を発生させ、うまくコントロールできなくなって尿酸値を高め、痛風を発症させることも容易に推測されます。

適度な運動は尿酸値を下げるが度を越すと逆効果

運動不足解消は食事の改善とともに成人病対策の大きな柱。
現代人の運動不足が健康づくりの面でしばしば開題になっているのはよくご存じのとおりです。運動は新陳代謝を促し、からだの機能を活性化させる、食事とともに成人病の予防と治療に欠かせない大きな柱です。
適度にからだを動かすことは、痛風や高尿酸血症を予防する意味でも人変に有効です。しかし、急激で激しい運動は筋肉を中心に臓器器官の新陳代謝も活発化させるため、通常のスピードより早く体内で尿酸が作られます。つまり、短時間で体内に尿酸が蓄積され、かえって痛風発作などを起こしやすい状態になります。適度な運動にとどめましょう。

尿酸値を正常範囲に保つにはストレス対策も必要
ストレスは痛風をはじめとするさまざまな成人病の元凶にストレスは心身の・緊張や興奮によってもたらされますが、ストレスの原因となる不安、心配、苦悩、恐怖などはいたるところにあります。

心身にストレスガたまると代謝作用が活発化し、尿酸の合成が促進されるので気をつけましょう。ストレスを感じると心身は緊張状態となり、エネルギーを消耗します。その結果、代謝作用が活発化し、体内での尿酸の合成がより促進されるのです。
また、ストレスが蓄積されて尿酸の排泄作用に障害が発生すれば、尿酸値はますます高くなり、排泄されない尿酸は体内に蓄積されて結晶化します。そして、ついには痛風発作を起こす引き金になるのです。

アロリック(ザイロリックのジェネリック)通販・個人輸入代行←こちら

 - 痛風