Vinegar

メタボから見た健康食品「梅」のマメ辞典。梅・梅肉エキス・梅干し・梅酢・梅酒・烏梅など

メタボと梅

つい最近まで日本人の食事は、米や芋のデンプンが圧倒的に多いものでした。
江戸時代でもお正月などの「ご祝儀もの」だった梅干しです。
日常の暮らしに急拡大したのは、明治に発生したコレラが契機とか。
以来、朝一番の「お茶と梅干し」を長寿の秘訣とし、
ご飯と梅干しの組合せは、デンプンの消化を助け、
日本人の健康を支えてきました。

このページは、メタボと梅を考えます。

【梅の効用】
民間療法(代替療法)には様々あるが、生の果実を使うことはない。症状によりショウガ・ミョウバン・山椒などを混合する。ここでは、梅肉エキス、梅酒、梅酢、梅干しのいずれかを用いるものを挙げるが、用法は飲用と外用の湿布がある。
【民間療法の例】
咽喉炎・インキンタムシ・かぜ・肩こり・気管支炎・急性腸炎・下血・下痢・食中毒・神経痛・心臓炎・腎臓炎・赤痢・日射病・腫れ物・腹痛・扁桃炎・リウマチ・肋膜炎
【生のウメ おもな成分】
青梅にリンゴ酸、成熟ではクエン酸に変わる。コハク酸、酒石酸を微量に含み、βカロチン、ビタミンC,B1,B2、カルシウム、カリウム、リンなど
 

メタボにとっての「梅」 マメ知識


梅の英名は『ムメ・ジャパニーズ・アプリコット』
アンズ(アプリコット)やスモモ、さらにはアーモンドや桃と同じ「バラ科」の植物です。

これだけで、メタボには「ヨダレ」が出るかも? カリウムも多い食品です。しかし、梅の実は「生食」することはありません。国内では、梅肉エキス、梅干し、梅酢、梅酒、烏梅(うばい)などに加工し、その薬効を利用しています。

  • 梅肉エキスは、硬い青梅をすり下ろし煮詰めたもの。
    塩分は使用ません。
  • 梅干しは、成熟した実を塩漬にしたもの。
  • 梅酢は、梅干しをつくったときの「汁」。
  • 梅酒は、青梅の成分を氷砂糖の作用でアルコールに溶かし出したもの。
  • 烏梅は、青梅を薫蒸したもの、真っ黒。
    塩分を加えない薬用です。
    ・・・・・・・・・・
  • 薬用は梅核、白梅、鳥梅の三種ですが、日本では烏梅(ウバイ)のみを利用。
  • 梅核は種のこと。種には青酸配糖体のアミグダリンを含みます。
      (アミグダリンはバラ科の植物に多く、生食では腹痛の原因となることも)
  • 白梅も梅干しのこと。「赤じそ」も漬け込む梅干しがあるため、区別する。
    ・・・・・・・・・・
  • 未熟な青梅にはリンゴ酸が豊富、黄色から赤く熟すとクエン酸に変わります。
  • 青梅を加熱する梅肉エキスだけにムメフラールが含まれています。
  • 梅酢の酸っぱさは、おもにクエン酸です。酢酸発酵をしていないため、
    JASでは梅酢を食酢には含めません。

食用梅の品種

ウメは古来より、食用、薬用、染織用としての有用樹木として大切にされてきました。
梅の花を楽しむ梅林、実は薬草園として造られたもので、また引き締まった木質は櫛や床柱などにも使われてきました。

日本人に馴染みの深い梅には、花梅(はなうめ)と実梅(みうめ)という分け方があります。
食材のウメは実梅と呼ばれるもので、果皮を薄く、果肉を厚く、香りを豊かに、など様々に品種改良が行われています。 実梅の品種は、全国で100種ほどあるといわれていますが、全国的に栽培されている品種はなく、土地柄に合わせたものとなっています。

全国ブランドとも言える品種を挙げてみましょう。
「生産地と品種名が一致しないこともあり」、ビックリです。

  • 関東地方の「玉英」「白加賀」「養老」
      白加賀:25〜30gで大実。種が小さく果肉厚
  • 北陸地方の「藤五郎」「藤之梅」「紅映」「剣先」
  • 東北地方の「豊後」「高田梅」
      豊後:30〜40gで大実
  • 出荷量が多い紀州和歌山では、「古城」「南高」
      南高:種が小さく梅干用最高品種
     
 

酢とは

ビンの裏側に貼ってある品質表示ラベル。 項目の最初にある「品名」欄、 ここには、純米酢と書かれていたり、穀物酢となっていたりします。 JASでは酢のことを食酢といいます。業務用や工業用では酢酸ともいいます。

お酢と健康

お酢についての健康効果、アレコレ。 古来から利用されてきたお酢は、健康によいとされる多くの効果があります。 このページでは、一般に言われる健康にまつわる効果を掲載しています。

メタボと黒周

黒酢。ここでは壺酢とも言われる鹿児島県産の黒酢とメタボリックシンドロームのことを掲載。 黒酢にあるアミノ酸が大きな働きをしてくれます。 メタボ対策で話題になる肥満・高血糖、インスリンの働き、そして高血圧・心血管疾患。糖尿病。

ダイエットと黒酢

黒酢に含まれる酢酸とアミノ酸が協働でダイエットに効果。 リンゴ酢との関係はどうでしょうか? 黒酢に含まれるアミノ酸が、脂肪分解を刺激し、 分解された脂肪をエネルギー生産現場(クエン酸回路)に送り、さらにクエン酸回路自体の活性化に働いています。

クエン酸とは

クエン酸はお酢に含まれる有機酸の1つで、特に果実酢に多く含まれています。 また、酢酸は体内でクエン酸に変わります。 クエン酸(くえんさん、枸櫞酸、citric acid)は、 柑橘類などに含まれる有機化合物で、ヒドロキシ酸のひとつ。

米酢(よねず)

米酢はコメの甘みとうま味が生きているまろやかな味わいのある酢です。ピュアな味わいは和風料理を中心に、酢の物、合わせ酢、ドレッシング、マリネなど幅広く利用され、お酢そのものの味を楽しむことができます。 このページでは、米酢のマメ知識や商品例を掲載しています。

黒酢(黒玄米酢)

JASでは醸造酢の穀物酢に米黒酢として分類され、 鹿児島県福山町近辺で造られる酢を特に黒酢(壷酢)と呼びます。 このページでは、黒酢のマメ知識や鹿児島県産の黒酢を原材料にする商品例を掲載しています。

もろみ酢

JASでは、もろみ酢は食酢として分類されていません。 これは、 もろみ酢が他の食酢(米酢、黒酢、りんご酢)などと違い、 製造過程で酢酸発酵をしていないからです。

減塩のマメ知識

ミネラル分を含んだ「塩」を、お酢と組み合わせて、毎日の食事で利用することはよい方法です。 お酢に含まれる酢酸にはミネラルのキレート作用があります。

香醋

香酢(香醋)は中国のお酢。 もち米を主原料にし、JASには含まれていませんが、日本では黒酢(壺酢)がもっとも近い。 香酢の加熱調理でも失わない「香り」と「コク」は、

りんご酢

甘くさわやかな香りとすっきりとした酸味が特徴のりんご酢。 リンゴの生産が世界第二位のアメリカでは、お酢といえば「りんご酢」を指すことが多く、自然食品の1つとして親しまれています。

ワインビネガー

ASではブドウ酢に分類されるワインビネガー、その楽しみは、 ワインの栄養とビネガーの有機酸、ワインがもっている風味が活きています。

梅(ウメ)

つい最近まで日本人の食事は、米や芋のデンプンが圧倒的に多いものでした。 江戸時代でもお正月などの「ご祝儀もの」だった梅干しです。 日常の暮らしに急拡大したのは、明治に発生したコレラが契機とか。

モルトビネガー 大麦

日本人には馴染みが薄い大麦酢ですが、最近の研究で、肝臓を正常化する働きが分かり、
心血管疾患系の生活習慣病予防に、大麦酢の効果が見直されています。

 

 

 

 

 
hontonano