Vinegar

日本人の生活習慣に潜む「低体温化」。これが免疫や基礎代謝などを悪化させ、様々な疾患の引き金になります。

生活習慣に起因する低体温

低体温とは無縁と思っても当然です。
ところが、今の日本人の食事や生活習慣にも原因があるといいます。
1℃下がっただけの低めの体温は生命活動の沈滞を示し、様々な疾患のベースになります。

このページは、生活習慣が引き起こす「体温の低下」について。

このページの掲載内容:
【低体温症とは】
中心体温(直腸温)が35℃以下になる状態で、死亡率が高い重篤な疾患。
【都会での低体温症】
  • 寒冷から避難できなかったことによるもの
  • 意識障害をきたす疾患・衰弱・浮浪生活者
  • 体温を失い易い人:
    老人、新生児、皮膚疾患など
  • 熱産生の低下する疾患:
    低栄養、下垂体機能低下、粘液水腫など
  • 体温調節機能の低下の場合:
    アルコール、老人、薬物中毒、脳血管障害など
・・・・・
あまり気にかけない平熱、実は体調を知らせてくれる大事な指標です。疾患とまではいかない「低体温」は、体の不調を様々に現します。
 

生活習慣に起因する低体温 マメ知識

低体温の症状

偏頭痛 腰痛 貧血 アトピー性皮膚炎 倦怠感 自律神経失調症 どうき・めまい・息切れ 生理痛 子宮筋腫・子宮内膜症 子宮がん 乳ガン 乾燥肌など 更年期障害 自律神経失調症 生理不順 肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠 など、これは一部です。
 

現代人の体温低下

疾患の中に低体温症がありますが、これまでは山で遭難するなどの特殊な事情や、衰弱、意識障害などの特定の疾患に伴うものとされてきました。しかし、現代では、私たちの生活習慣にも原因が潜んでいると言われています。
街で遭難? そう考えても、間違いでは ..... 。
今の日本人、食生活の乱れや運動不足が
低体温のおもな原因になっているようです。
低体温は、生命活動が沈滞していることを示しています。

例えば、加工精製食品の取りすぎ傾向により、
タンパク質・脂肪・糖分を過剰摂取する反面、
ミネラル・ビタミンは不足傾向にあり、
さらに、運動不足が続き、あるいは年齢とともに、基礎代謝は落ちていきます。このようなアンバランスが基礎代謝の悪化をさらに助長することになるのですが、
結果、目に見えるかたちの1つが、低体温、体温の低下です。
ここから様々な症状となっていきます。

体温が低いというのは、代謝に問題があることを示しているのです。
一般に健康な体の深部(腸)は37度くらい、ワキの下なら36.5℃くらいですね。平熱は一般に36.5〜37℃(ワキの下)とされていますが、
これは、体の中で生命活動を支える酵素の活性が高い状態、
かつ、トラブルもなく体調が維持できている状態です。
体温を測るということは、このような代謝の状態を見ているのです。
※ 因みに、35度を下回ると低体温症です、危篤な状態になっていきます。

体調が良いとき、あるいは悪いと感じたとき
自分の体温を測って、覚えておきましょう。
平熱よりもちょっと低いかナ? の感覚が分かってくると
対策も「ヒット!」しやすいです。
 

低体温では成功しないダイエット

低体温の方に、ダイエットの悩みが多いといいます。

  • 体温が1℃下がると基礎代謝が10%ほど低下するといわれている
    (体温の違いが、カロリー消費の差になる)
  • 低体温の方は体温が高い方に比べて体重が増えやすい
  • 低体温だと、酵素の供給量が低くなり脂肪が燃焼しにくくなる
    ..... 逆に、体脂肪が多い方ほど低体温になりやすい
一般に平熱とされる36.5〜37℃は、生命活動が最も良い状態になっていることを示しています。低いようなら、基礎代謝を上げることから始めましょう。
 

女性だけではないです、最近の低体温

婦人科の疾患(不妊や子宮内膜症、子宮筋腫など)は低体温や冷えと関係があるといわれ、女性に多い低体温と考えがちですが、
男性や子供も低体温の傾向が現れているといいます。

無理なダイエットによる更なるミネラル・ビタミン不足必要以上の水分や糖分運度不足にストレスあまり笑わなくなった、... 。
生活習習慣のアンバランスが、
生命活動の沈滞につながっているようですね。

瞬間的に体温を上げるなら唐辛子もアリですが、
本当はそんなことではないように思います。
低体温の改善のために「やると良い事」は少なく、やってはいけない指摘が数多くあります。
実は、低体温の改善、多くの場合は単純なことかもしれませんが、自分の生活習慣にある悪いところには気づきにくいものです。
基本は、「毎日、元気に活きる、感動すること」。
 

お酢は低体温に効果をもつのだろうか?

お酢を飲むことで体温が上昇したという記事や、運動で汗が出始めるのが早くなったといものがあります。タンパク質が多いとされる「もろみ酢」の話らしいのですが、 ..... 。
書いてあることは、お肉などのタンパク質を食べたときと同じ内容で、これが、カプセル2粒で体感できるとある。
品物も様々あるし、利用する人の体調もあるし、..... どうなのでしょう?

生活習慣病に良いとされる黒酢や中国酢の香醋、伝統製法のものは期待できそうですが、そもそも、サプリメントや飲料で維持・恢復しようというのは、なんだか変ですね。食事や生活習慣の見直しから始めましょう。若いときは。

タンパク質だけを補給  チキンエッセンスのページ  |   もろみ酢  もろみ酢のページ


一般に、生活習慣に起因する低体温の原因は次のように言われています。
 

【低体温になる行為】

  • 無理なダイエットによるミネラル・ビタミンのバランス崩れ
  • 冷たい食べ物や甘い食べ物の食べ過ぎ
  • 季節はずれの野菜や果物の摂取(冬に夏の野菜や果物を食べるなどで冷える)
  • 冷暖房などが整っている住環境(体の体温調節機能を鈍くする)
  • 運動不足(筋力低下により血流が減る)
  • 過度のストレスによる血行不良
  • 便秘(腸内でぜん動運動が行なわれていないことで基礎代謝が悪化)
  • 食べない系ダイエットで、栄養失調や栄養バランスの悪化
  • タバコを吸う(タバコは急激に血管を収縮)

【低体温を改善する行為】

  • お風呂にゆっくり浸かる(リラックス、血行・代謝サポート)
  • 軽い運動を継続する(基礎代謝を維持・向上させる)
  • バランスのとれた食事(ミネラル・ビタミン補給)
  • 指圧やマッサージなど(症状を一時的に緩和することがあります)
自分の生活習慣が
「基礎代謝を悪くしている」
「血流を悪くしている」
ことが多いということ。 結果、体温が低いというと。

※ 低体温は生活習慣だけではなく貧血や自律神経、性ホルモンなどにも関係することがあります。
生活習慣を点検、深刻になる前に本当の原因をつきとめましょう。
 

酢とは

ビンの裏側に貼ってある品質表示ラベル。 項目の最初にある「品名」欄、 ここには、純米酢と書かれていたり、穀物酢となっていたりします。 JASでは酢のことを食酢といいます。業務用や工業用では酢酸ともいいます。

お酢と健康

お酢についての健康効果、アレコレ。 古来から利用されてきたお酢は、健康によいとされる多くの効果があります。 このページでは、一般に言われる健康にまつわる効果を掲載しています。

メタボと黒周

黒酢。ここでは壺酢とも言われる鹿児島県産の黒酢とメタボリックシンドロームのことを掲載。 黒酢にあるアミノ酸が大きな働きをしてくれます。 メタボ対策で話題になる肥満・高血糖、インスリンの働き、そして高血圧・心血管疾患。糖尿病。

ダイエットと黒酢

黒酢に含まれる酢酸とアミノ酸が協働でダイエットに効果。 リンゴ酢との関係はどうでしょうか? 黒酢に含まれるアミノ酸が、脂肪分解を刺激し、 分解された脂肪をエネルギー生産現場(クエン酸回路)に送り、さらにクエン酸回路自体の活性化に働いています。

クエン酸とは

クエン酸はお酢に含まれる有機酸の1つで、特に果実酢に多く含まれています。 また、酢酸は体内でクエン酸に変わります。 クエン酸(くえんさん、枸櫞酸、citric acid)は、 柑橘類などに含まれる有機化合物で、ヒドロキシ酸のひとつ。

米酢(よねず)

米酢はコメの甘みとうま味が生きているまろやかな味わいのある酢です。ピュアな味わいは和風料理を中心に、酢の物、合わせ酢、ドレッシング、マリネなど幅広く利用され、お酢そのものの味を楽しむことができます。 このページでは、米酢のマメ知識や商品例を掲載しています。

黒酢(黒玄米酢)

JASでは醸造酢の穀物酢に米黒酢として分類され、 鹿児島県福山町近辺で造られる酢を特に黒酢(壷酢)と呼びます。 このページでは、黒酢のマメ知識や鹿児島県産の黒酢を原材料にする商品例を掲載しています。

もろみ酢

JASでは、もろみ酢は食酢として分類されていません。 これは、 もろみ酢が他の食酢(米酢、黒酢、りんご酢)などと違い、 製造過程で酢酸発酵をしていないからです。

減塩のマメ知識

ミネラル分を含んだ「塩」を、お酢と組み合わせて、毎日の食事で利用することはよい方法です。 お酢に含まれる酢酸にはミネラルのキレート作用があります。

香醋

香酢(香醋)は中国のお酢。 もち米を主原料にし、JASには含まれていませんが、日本では黒酢(壺酢)がもっとも近い。 香酢の加熱調理でも失わない「香り」と「コク」は、

りんご酢

甘くさわやかな香りとすっきりとした酸味が特徴のりんご酢。 リンゴの生産が世界第二位のアメリカでは、お酢といえば「りんご酢」を指すことが多く、自然食品の1つとして親しまれています。

ワインビネガー

ASではブドウ酢に分類されるワインビネガー、その楽しみは、 ワインの栄養とビネガーの有機酸、ワインがもっている風味が活きています。

梅(ウメ)

つい最近まで日本人の食事は、米や芋のデンプンが圧倒的に多いものでした。 江戸時代でもお正月などの「ご祝儀もの」だった梅干しです。 日常の暮らしに急拡大したのは、明治に発生したコレラが契機とか。

モルトビネガー 大麦

日本人には馴染みが薄い大麦酢ですが、最近の研究で、肝臓を正常化する働きが分かり、
心血管疾患系の生活習慣病予防に、大麦酢の効果が見直されています。

 

 

 

 

 
hontonano