ビタミンD

ビタミンD びたみんでぃ Vitamin D

ビタミンDは、カルシウム・リンの吸収を助ける働きがあり、骨そしょう症の予防に役立ちます。たとえば、筋肉の動きを軽快にしたり、血行を良くすしたりするのですが、これらは、ビタミンDが体内でカルシウム量を調節する作用からもたらされる効果です。ビタミンDの欠乏症は希と言われていますが、日照時間が少ない地域、屋内生活を余儀なくされる高齢者、摂取は足りていても代謝障害によるO脚やX脚(骨の変形)など、体への影響が大きいビタミンです。

ヒトの体内には、魚肉・きのこ類などの摂取による食事由来のものと、日照を受けて皮膚でつくられるものの2種類があります。ビタミンDとは、生理作用が強いこの2種類を中心にした総称で、ホルモンのような働きをしています。

【ビタミンD2】:植物や酵母に存在するプロビタミンD2から生まれる

植物や酵母内にあるプロビタミンD2(エルゴステロール)が紫外線照射を受けることで生成されます。天日干しのシイタケにビタミンDが多い理由です。(エルゴカルシフェロールとはビタミンD2のこと)

【ビタミンD3】:動物の皮膚に存在するプロビタミンD3から生まれる

動物の皮膚の中にあるプロビタミンD3(7ーデヒドロコレステロール / コレステロールの前駆体)が紫外線照射を受けることで生成されます。(コレカルシフェロールとはビタミンD3のこと)

私たちには、食物摂取からのビタミンD2とD3および微量のビタミンD、自身の皮膚で生成されるビタミンD3が存在することになります。これらは肝臓の働きでさらに変換されたもの(25(OH)D)が血液中を循環し、必要に応じて腎臓で活性型ビタミンDとなり、小腸,骨,腎臓でカルシウム代謝に関与するホルモンとなります。(活性型ビタミンD3製剤はわが国で最もよく使用されている骨粗鬆症治療薬です)

ホルモン様ビタミンDは血中カルシウム濃度を調節

一方、カルシウムは総量の約1%が血液中や筋肉にあり、細胞分裂・ホルモン分泌の調節・白血球の貪食作用・筋肉の収縮などに働いています。
血中カルシウム濃度は常に一定なるように保たれる必要があり、不足すると、骨を溶かして補充し、逆に過剰になると骨にカルシウムを沈着させ、常に血液中のカルシウム濃度が一定になるように副甲状腺ホルモンやビタミンDが働きます。

ビタミンD2がカルシウム代謝および骨量の維持に関与している

植物由来のビタミンD2は、腸管ではカルシウム・リンの吸収を促進する働きがあり、カルシウム不足時には、尿からカルシウムを回収をする働きもあります。ビタミンD不足の疾病として「くる病」や「骨軟化症」が知られていますが、いずれもカルシウム不足による変形や石灰化障害となっています。

ビタミンDの 【おもな働き】

*
ビタミンDは、小腸からのカルシウム・リンの吸収を促進
  • 骨や歯の健康・骨粗鬆症の予防。カルシウム吸収に重要
ビタミンDは、カルシウムの代謝に関与(正常な骨格と歯の発育促進)
  • 骨の形成を助け、不足時は骨から溶出させる
    乳幼児・小児ではクル病、成人では骨軟化症
ガン細胞の増殖抑制 、平常細胞の分化促進
血中カルシウム濃度の調節、ホルモン分泌の調節、免疫調節作用
  • 副甲状腺ホルモンやインスリンなどに関係
check point :
ビタミンD、栄養不安は ... 日光浴でカルシウム増強 ! 
クル病・骨軟化症・O脚・X脚・歩行障害・骨粗しょう症・圧迫骨折・高カルシウム血症・尿毒症・腎不全・高血圧・昏睡・歯茎・虫歯・抗ガン・乾癬・副甲状腺機能亢進症・糖尿病
*1日あたりの摂取目安:

ビタミンDの【効果】

医薬のページから Web情報

ビタミンDの薬理作用

活性型ビタミンDの生理作用は、カルシウムの吸収促進や代謝促進、細胞分化誘導、免疫調節作用など多岐にわたる
骨粗鬆症治療薬、ビタミンD代謝異常による諸症状の治療薬、副甲状腺機能亢進症治療薬、乾癬治療薬などとして使用されている

報告:ビタミンDとカルシウムは2型糖尿病のリスクを低下させる

米国の糖尿病の医療誌「Diabetes Care」:ビタミンDとカルシウムの摂取量が多い高い女性では、糖尿病の発症リスクが少なくなる可能性があるという研究
出典:糖尿病ネットワーク
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2006/03/002688.php
サプリメント関係の効果説明 Web情報

骨・歯の発育不良などに効果があります

補給を特に心がけた方がよい人

・骨や歯の弱い人
・妊婦・授乳婦
・老年期の人
以下は別会社サイトでの記載内容

カルシウムやリンの代謝に関連

魚類、きのこ類、卵類に多く含まれる

アヒルやカモを除く肉類には、きわめて低いかまたは全く含まれていない

一般ページの効果説明 Web情報

ビタミンDと癌

ヒドロキシカルシフェロール」が、結腸癌や直腸癌、乳癌、黒色腫、前立腺癌など、種々の癌の成長を押さえる・予防する

ビタミンDと糖尿病

ビタミンDはIDDM(インスリン依存性糖尿病)の原因の一つであるインスリン産生細胞の自己免疫にによる障害(自分で自分を攻撃!)を防ぐとのこと。また、IDDM患者さん、シンドロームX患者さんがビタミンDのサプリメントを摂ると、耐糖能(血糖値が上がってもインスリン分泌が行われない)を改善し、インスリン濃度を高めます

● シンドロームXとは、インスリン抵抗性が原因で糖尿病、動脈硬化症、高血圧高脂血症をあらわす症候群
● IDDM(インスリン依存性糖尿病)とは、I型糖尿病のこと。日本人はII型(非依存性)が多い
以下はサイトでの記載内容

歯や骨を丈夫にし、骨そしょう症を予防する

筋肉をスムーズに収縮する

アンチエイジング

以下はサイトでの記載内容

カルシウムと共に骨を作る

ビタミンDには、カルシウムやリンの吸収を促すなど、丈夫な骨や歯を作るために必要な働きがあり、発育期の子供はもちろん、妊娠・授乳期、更年期の女性は特に、カルシウムと共にしっかりと摂取する必要がある。ビタミンDが不足すると、いくらカルシウムをとっても吸収が上手くいかず、発育不全や骨粗しょう症などの原因につながる。
以下はサイトでの記載内容

ビタミンD

毎日規則正しく日光に当たっている限り、ビタミンDは食事から取る必要はないといわれている。直射日光である必要はなく、間接光30分位で必要量は産生させると考えられるが、各種条件によって異なってきます。日照の少ない生活環境(緯度、季節、気候)やライフスタイルなどにより食事からのビタミンD補給が必要となる。

ビタミンDの【性質】

  • 脂溶性
  • 白色
  • 熱にやや安定、酸化されにくい

ビタミンDの【摂取】

  • 第6次改定日本人の栄養所要量では5歳以下の幼児で10.0 μg、成人で2.5 μg (100 IU)となっています。体内の需要を満たす程度にビタミンDを摂ることはなかなか困難なようですが、夏場は木陰で30分間、冬場で1時間程度の日照で十分な効果があるそうです。
  • 心臓に障害がある人がビタミンDのサプリメントを摂るときは、摂取量について医師の指示を受けること。

ビタミンDの摂取を阻害する食物

  • 報告はないようです。

ビタミンDを過剰に摂取した場合

  • 高カルシウム血症(血管壁・肺・腎臓・胃などにカルシウムが沈着・石灰化)、腎障害(尿毒症・腎不全)、高血圧、昏睡、下痢、脱水症状などを引き起こすことがあると言われています。
    食品摂取からのビタミンD過剰症が起こることは稀ですが、医薬品の使用については十分な注意が必要です。

ビタミンDの欠乏による疾患

  • クル病、骨軟化症、O脚やX脚、歩行障害、骨折、圧迫骨折、歯茎が弱る、虫歯になる、筋肉がけいれんする

ビタミンDを含む主な食品

  • イクラ
  • カツオ
  • カジキマグロ
  • 卵黄
  • きくらげ
  • サケ
  • サンマ
  • ニシン
  • 干ししいたけ

備考

  • 骨粗鬆症:骨形成速度よりも骨吸収速度が高いことにより、骨に小さな穴が多発し骨密度が低くなる症状をいう。背中が曲がることに現れる骨の変形、骨性の痛み、さらに骨折の原因となる。骨形成に欠かせないカルシウムとビタミンDが不足した食事、喫煙とアルコール摂取は食餌面における要因となる。薬物療法として骨へのカルシウム吸収を促進するためビタミンD類の製剤が使用される。
  • 副甲状腺機能亢進症:血液中のカルシウム濃度は、副甲状腺ホルモンのもつ血中カルシウム濃度を上昇させる作用によって厳密に調節されている。副甲状腺の機能不全により副甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、骨に蓄えられているカルシウムが血液中に溶かし出されて、骨粗鬆症、腎結石、消化性潰瘍、膵炎などをきたす疾患が副甲状腺機能亢進症と呼ばれる。
  • 参考情報:
    日本ビタミン学会 http://web.kyoto-inet.or.jp/people/vsojkn/gen-vit028.htm