パントテン酸

パントテン酸 ぱんとてんさん pantothenic acid

パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれ、他のビタミンB群と同じように糖質・ 脂質・たんぱく質の代謝に補酵素として関与していますが、パントテン酸は脂質の代謝を中心に作用注1することが特徴です。また、糖質と脂質をエネルギーに変えることに欠かせないビタミンであり、副腎皮質ホルモンや抗体の合成などにも関与していて、アレルギー・ストレス・疲労回復に効果的、動脈硬化や心筋構梗塞などの予防に役立つと言われています。

パントテン酸は水溶性ビタミン。すぐに尿として排泄されるため貯めておくことができませんが、動物性食品・植物性食品に広く含まれていますので、通常の食生活では不足する心配はないと言われています。食物からの摂取以外に、腸内細菌群によってもわずかに合成されます。

※ 注)
  • 脂質の代謝を中心に作用:パントテン酸は、コエンザイムA(CoA)やアシルキャリヤープロテイン(ACP)の構成成分。体内での化学反応のほとんどにCoAとACPが補酵素として関与しているため、パントテン酸の欠乏は、エネルギー代謝の異常・障害をきたし,広範で複雑な病態をもたらす。 (化学反応:酸化還元反応,転移反応,加水分解反応,分解反応,異性化反応,合成反応など)

パントテン酸の 【おもな働き】

*
糖質と脂質のエネルギー代謝
  • 成長促進(健全な発育を促進、血糖値の維持)
からだの構成成分中の脂肪酸の合成と分解を促進
  • 皮膚や毛髪の健康維持
  • 自立神経伝達物質の生成
     自立神経は、消化・呼吸・発汗・代謝に関わる
     臓器では、心臓・肺・食道・胃・小腸・大腸・肝臓・胆嚢が支配される
副腎の働きを活発にする
  • 副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の生成を促進
中性脂肪・総コレステロール、とりわけLDLを下げる
  • 心臓や血管(動脈硬化や心筋梗塞)の病気の予防
ビタミンB6や葉酸と一緒に、免疫力強化に働きかける
  • 風邪やインフルエンザの予防
ビタミンCの働きを助ける
  • コラーゲンの生成(肌の健康を維持)
効果があるとおもわれるもの
アレルギー コレステロール抑制 ストレス 心筋構梗塞 疲労回復 動脈硬化
*1日あたりの摂取目安:5mg 牛レバーで約3切れ 大豆 約2カップ

パントテン酸の【効果】

医薬のページから Web情報

ビタミンB群心筋梗塞抑制・厚労省研究班が調査

レバーやホウレンソウなどを普段の食事で食べ、ビタミンB群(B6、B12、葉酸)を多く摂取する人はあまり摂取しない人に比べて心筋梗塞(こうそく)になるリスクが37―48%低くなるとの疫学調査結果。
※ サプリメントは対象外
http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2008052703220h1
サプリメント関係の効果説明 Web情報

パントテン酸は、炭水化物(糖質)や脂質が燃焼してエネルギーに変換される際の補酵素として働く

パントテン酸は、副腎皮質ホルモンの合成に関わりる

パントテン酸は、ビタミンCの作用を助ける

  • 傷ついた皮膚の回復に役立つ
  • 肌のダメージの改善を助ける
以下は別会社サイトでの記載内容

副腎の機能を助け、副腎皮質ホルモンの合成を促す

副腎皮質ホルモンには抗ストレス作用がある。

パントテン酸は、ナイアシンやビタミンB2と協力

ナイアシンやビタミンB2と協力して働き、脂肪酸など、からだの構成成分の合成と分解を促進して、皮膚や毛髪、神経組織を正常に保つ。

パントテン酸は、特に脂肪の代謝に強い

脂肪の代謝に役立ち、血液や細胞内にある余分なコレステロールを回収する善玉コレステロール(HDLコレステロール)の生成を促す。
以下は別会社サイトでの記載内容

パントテン酸は、傷の治りを良くする

手術後のショック状態を治すために利用されたりする大変ありがたいビタミンB 。

パントテン酸

水溶性で、細胞の構築、正常な成長の維持、神経中枢系の発達を助けることに利用される。

パントテン酸は、脂肪と糖のエネルギーへの転換

脂肪と糖のエネルギーへの転換には不可欠で、副腎の働きにも大きな影響。

パントテン酸の補給により...

疲労を防いだり、ストレスに対して、耐える力をつけてくれる。アレルギーにもその効果があることから、最近ではビタミンCとパントテン酸のコンビネーションの治療法が注目を集めている。
一般ページの効果説明 Web情報

タンパク質、糖質、脂質のエネルギー代謝に関与

不足すると、エネルギー代謝の回転が悪くなり、疲れやすくなったり、肌が荒れたり、脱毛が起こることがある。美肌を保ちたい方は、ビタミンCやコラーゲンとともにパントテン酸を一緒に摂るようにすると効果的。

ストレスに対抗する副腎皮質ホルモンの分泌を促す

不足すると副腎皮質ホルモンの分泌量が減少し、ストレスが緩和されにくくなる。ストレスが多いと感じる時には、パントテン酸の消費も増大する。
以下はサイトでの記載内容

疲労やストレスに強くなる

パントテン酸は副腎からのステロイドホルモンの合成を促進し、副腎ホルモン不足によるいらいら、無気力などの症状を緩和解消する働きがある。

傷跡の癒合や皮膚の健康の促進

細胞を接着させるコラーゲンに必要なビタミンCの働きに不可欠であることで、傷跡の回復や皮膚の健康状態の維持に欠かせない存在。このため、ニキビの治療薬にはパントテン酸配合のものがよくある。

高脂血症、心筋梗塞、動脈硬化の予防と治療、肥満の予防

コレステロールである善玉コレステロール神経システムの機能に関与し、末梢神経の働きを促進する働きがあると同時に、血中のコレステロール値を下げる効果もあるため、血液循環の促進や高血圧の予防にも役立つ。

抗生物質の副作用や体内毒素の中和と除去

脳神経システムの機能に関与し、セロトニン神経の分泌を促進する働きがあるので、疲労、不眠、無感情、錯乱、幻覚、記憶喪失などの病状の予防と治療にも活用されている。

関節炎、リュウマチの治療

免疫力の向上

ビタミンB6や葉酸などと一緒に体の免疫に必要な抗体を作る働きがあるため、免疫力を高め、感染症にかかりにくくする。

パントテン酸の【性質】

  • 水溶性
  • 黄色の油状物質
  • 中性・酸素・光には安定ですが、酸性・アルカリ性・熱には不安定です。

パントテンの【摂取】

  • パントテン酸の過剰摂取による副作用の報告はほとんどありません。
  • 平成16年の国民健康・栄養調査で男性は平均5.86mg、女性は平均5.21mg摂取しており、男女ともほぼ必要量を充たしているといえます。
  • 高齢者やアルコール過多、妊娠中など場合は不足しやすいと言われている

パントテン酸の摂取を阻害する食物

  • カフェイン、アルコール

パントテン酸を過剰に摂取した場合

  • パントテン酸は水溶性のため、必要量以上のものは尿などと一緒に体外へ排泄されますので、過剰症の心配はありません。また、過剰症についての報告はないようです。

パントテン酸の不足による疾患

  • 成長停止、低血糖症、十二指腸潰瘍、感染症、腰痛、副腎皮質機能低下、アレルギー、手や足のしびれと灼熱感、頭痛、疲労、不眠、胃不快感を伴う食欲不振、しわ、脱毛、早期老化

パントテン酸を含む主な食品

  • 鶏レバー
  • 干ししいたけ
  • レバー
  • 鶏はつ
  • 脱脂粉乳
  • フォアグラ
  • 卵黄
  • たらこ
  • 納豆
  • 鶏ささみ
  • 豚肉
  • 鶏むね肉
  • ピーナツ