ビタミンB1

ビタミンB1 びたみんびーいち びたみんびーわん vitamin B1

ビタミンB1は、ブドウ糖をエネルギーに変える酵素を助ける補酵素として働きます。ブドウ糖は血液によって全身の細胞に運ばれ、細胞が活動するためのエネルギー源になりますが、ビタミンB1が不足すると、細胞でエネルギーをつくれなくなります。特に神経細胞にとってはブドウ糖が唯一のエネルギー源。このため、ビタミンB1は、中枢神経や末梢神経の機能を正常に保つために必要なビタミンとなっています。

ビタミンB1といえば、脚気(かっけ)。食欲が減り、疲れやすく、脚がだるいといったビタミンB1不足で起きるもっともひどい症状。脚気は過去の物と思いがちですが、「甘いものを過剰に摂取」「清涼飲料水」「過度の運動」でビタミンB1が消費されたり、インスタント食品にビタミンB1が少ないことで、不足が起こりやすいと言われています。
ビタミンB1の不足によりこのような脚気、記憶力の低下、注意散漫などがあらわれることがあります。

ビタミンB1は食品に広く含まれ、特に、豚肉、胚芽、酵母、豆類、卵黄に多く存在します。

ビタミンB1の 【おもな働き】

*
ブドウ糖をエネルギーに変える酵素を補う補酵素として働く
   成長促進
   中枢神経及び末梢神経、心臓の機能を正常に保つ
   消化液の分泌
   食欲増進
ビタミンB2、ナイアシンとの相乗効果により乳酸を分解(疲労恢復)
神経伝達物質アセチルコリンに影響を与えている
効果があるとおもわれるもの
肩こり、脚気、肝臓病、筋肉強化、血行促進、ストレス、精神安定、動脈硬化、糖尿病、肉体疲労、粘膜強化、肌荒れ、疲労回復、不眠症、免疫力強化、老化
*-疲労回復にはビタミンB2、ナイアシン(ビタミンB3) の摂取も必要

ビタミンB1の【効果】

医薬のページから Web情報

ビタミンB群心筋梗塞抑制・厚労省研究班が調査

レバーやホウレンソウなどを普段の食事で食べ、ビタミンB群(B6、B12、葉酸)を多く摂取する人はあまり摂取しない人に比べて心筋梗塞(こうそく)になるリスクが37―48%低くなるとの疫学調査結果。
※ サプリメントは対象外
http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2008052703220h1
製薬会社関係のページでの効果説明 Web情報

炭水化物をエネルギーに変えるときに役立つ

神経の機能維持に役立つ

補給を特に心がけた方がよい人

  • スポーツをして体が疲れている人
  • 仕事で激務が続いている人
  • オペレーターなど、目を酷使している人
  • 肩こりや腰痛の人
一般ページの効果説明 Web情報

疲労回復に欠かせないビタミンB1

疲れやすい、寝ても疲れが取れないという人... 乳酸を燃焼するTCA回路といわれるしくみがあり、この回路はビタミンB1がないと機能してくれない ... ビタミンB1が不足すると疲労がたまるばかりでなく、エネルギー源になるはずの糖質が十分使われず、疲れ気味なのに太るという、悲しい結果。

ビタミンB1の欠乏症として有名なものは脚気

両足のむくみ、麻痺、疲れ、下痢、体重減少から重症では心不全になるという病気 ... 最近、「かくれ脚気」が増えている。

ビタミンB1は脳や神経の働きを健康に保つのに欠かせない

ストレスがたまっている、最近どうも忘れっぽいという人は、ビタミンB1を試してみましょう。 ... 成長を促進し、炭水化物の消化を助け、内臓の筋肉を正常に維持する ... 貧血や便秘、消化不良も防いでくれる。

ビタミンB1が不足すると

疲労や脚気のほか、うつ状態に陥りやすく、感染症やアレルギー疾患にもかかりやすくなります。

ビタミンB群の多くが「心のビタミン」とよばれます

精神的な安定を維持するのに重要な働きをしているため、不足すると不安や憂うつに陥り、人によっては攻撃的な性格が激しくなったり、不眠症になったり。またビタミンB群は特に炭水化物の代謝と密接な関係がり、糖尿病の予防にも不可欠。
以下は別会社サイトでの記載内容

糖質の分解を助ける

労回復を早め、倦怠感を予防

ストレスを緩和

アルツハイマー病を予防

http://www.e-vitamin.info/b1.html

ビタミンB1の【性質】

  • 水溶性
  • 熱や酸に弱い

ビタミンB1の【摂取】

  • 調理でかなりの量が失われてしまいます。食品中に含まれる総量のうち半分から1/3は失われていると言われていて、調理の際の煮汁、ゆで汁への流失が大きいので、これらを利用する調理法が良いようです。
  • ニンニクに含まれるアイリン、ネギ・ニラに含まれる硫化アリル(アリシン)と反応すると、脂溶性となり吸収が促進されます。
  • ビタミンB1を分解する酵素としてアノイリナーゼがあり、わらびやぜんまい、鯉などの淡水魚、貝類に含まれています。アノイリナーゼは食品を加熱することで効果を失うため、「ビタミンB1を摂取したいときはこれらの食品を加熱調理する」ようにしましょう。
  • 利尿作用を促進する薬を服用すると、ビタミンB1が十分に働く前に尿に溶けて排出されてしまいます。
  • ビタミンB群(B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸)は、糖質、たんぱく質、脂質などのエネルギー変換にかかわりが深く、B群が互いに連携して働いています。そのため、ビタミンB群として一緒に摂取するとエネルギー変換がよりスムーズになり、効果が高まります。

ビタミンB1を過剰に摂取した場合

  • ビタミンB1は水溶性のため過剰に摂取しても体外に排出されてしまうので、副作用などの心配はありません。

ビタミンB1が不足すると、いわゆる「脚気」になります

  • 糖を主要なエネルギー源としている脳・神経系に影響し、脚気、記憶力の低下、注意散漫、ウェルニッケコルサコフ症候群などがみられることがあります。
    脚気:疲労倦怠感,多発性神経炎,浮腫,心不全など末梢神経や心臓にさまざまな症状(疲れ、手足のしびれ、むくみ、動悸、注意散漫、イライラ ..... )
  • 全身のエネルギー不足に加え疲労物質(乳酸)が体内に蓄積された場合、疲労倦怠感、肩こり、腰痛、食欲不振などを引きおこします。

主な食品

  • 豚肉
  • 内臓(レバー、心臓、腎臓)
  • ビール酵母
  • 緑色野菜
  • 胚芽米や強化米
  • 麦芽
  • 小麦の粒
  • 木の実
  • 豆類

備考

  • 【現代の脚気】脚気の患者は、ビタミンB1のあまり含まれていない白米食が普及した明治時代以降に急増、結核と並んで二大国民病とまで言われた。栄養状態が改善されるにつれ減少し、今や脚気は、昔の病気というイメージがあるが、昭和40年代後半から、スポーツ好きの若者の間で足がむくみ、神経痛のような痛みを訴える病気が現れる。
    これは、清涼飲料水や即席ラーメンなどのインスタント食品の過剰摂取からくるビタミンB1の不足と、運動によるビタミンB1の消費が原因でした。(かくれ脚気)
    栄養過多といわれる現代でも、偏った食物摂取で簡単に明治時代に戻れるということですね。
    現代、高齢化に伴い、ビタミンB1を含まない高カロリー輸液での発症も問題となっている。
  • 参考情報: