クマリン

クマリン くまりん coumarin

クマリンは植物に広く含まれており、特にセリ科ミカン科、マメ科、キク科には多く、パセリや明日葉柑橘類は身近なものです。抗酸化物質のポリフェノール/フェノール酸系に分類される香り成分で、抗菌作用、エストロゲン様ホルモン作用、光感作促進注1、抗血液凝固などが知られていて、血栓防止薬として利用されています。

桜もちや干し草の香りもクマリンで、もともと桜の葉にはありませんが、塩漬けの過程でわずかにできます。同じように干し草も、干している間にできます。これは、クマリンの化合物生成によるものと思われます 。

クマリンには肝毒性注2があるため、過剰摂取には注意した方が良いといわれていますが、柑橘類の皮にあるオーラプテン注3というクマリン化合物にはガンの発生を抑える効果があると考えられています。

グレープフルーツ(ジュース)の摂取により薬物の血中濃度が急速に高まって害を及ぼす場合があることが知られていますが、これはグレープフルーツの果肉に含まれるフラノクマリン誘導体の影響によるものといわれています。

クマリンを含む食品には、パセリ、ニンジン、モモ、藤袴(ふじばかま)などがあります。

※ 注)
  • 光感作促進:光感作性とは、直射日光(紫外線)に当たったとき、何もつけない時に比べてより早く日焼けする作用があるということ。ちなみに光毒性は、発赤、水泡、色素沈着等を引き起こすことを言う。
  • 肝毒性:特定の臓器・組織に機能異常または病変が現れる場合には、その臓器・組織の名を冠して「心毒性」「肝毒性」「神経毒性」などと称する。
  • オーラプテン:オーラプテンはクマリン系化合物の1種。柑橘類の皮に多く含まれる香りの成分で、免疫力を高める作用があり、マウス皮膚、ラット口腔、ラット大腸で顕著な発がん抑制活性を示すことを明らかになっています。

クマリンの 【おもな働き】

*
抗菌作用
抗血液凝固作用
活性酸素の生成を阻止する(フリーラジカルの消去)
check point :
クマリンといえば明日葉かな? アルツハイマー・抗菌・血栓防止薬・かゆみ・利尿・月経不順・黄疸
出典:

クマリンの【効果】

有効性の報告 Web情報(掲載は一部です)

抗菌作用: 

エストロゲン様ホルモン作用: 

光感作促進:

抗血液凝固:

サプリメント・健康食品関係の説明 Web情報
調整中
以下は別サイトでの記載内容

調整中

摂取食物からの効果 Web情報

血行促進効果

ガン・成人病

血栓

以下は別サイトでの記載内容

クマリンには薬理作用があり、血栓防止薬に利用されている

http://sizen-life.com/yacon2/polyph/coumarin.html
以下は別サイトでの記載内容

血行促進効果

オーラプテンのがんの発生を抑える効果

オーラプテンはクマリンの化合物ですが、がんの発生を抑える効果があると考えられている。動物実験で、マウスの皮膚がん、ラットの大腸がんの前兆症状、口腔(こうくう)がんの抑制などが確認されている
  • 活性酸素の生成を抑えることで、過酸化脂質を抑える
  • 肝臓での解毒機能の活性を高めて、発ガン性物質の体外排出を促進する
以下は別サイトでの記載内容

藤袴(フジバカマ)

香りの成分としてクマリン、クマリン酸、チモハイドロキノンなどが知られている。薬草であり藤袴を乾燥した生薬「蘭草」は増加している現代病の糖尿病の予防と治療などに効果的でカキドオシ、ビワ葉、タラノキ樹皮を混ぜ水を加え煮詰めて飲用される
  • 藤袴は生薬で皮膚のかゆみや利尿・通経、黄疸に使用され成分のクマリン系の芳香が出る
以下は別サイトでの記載内容

アルツハイマー型痴呆症を予防

クマリンは、明日葉(あしたば)特有の成分ではなく、ホップや食用菊の花、ガジュツ ( 紫ウコン ) などにも含まれていますが、明日葉(あしたば)には特に豊富に含まれています。クマリンは、アルツハイマー型痴呆症を予防する効果があると言われています。また、クマリンにも抗菌作用があります。
 → 明日葉の成分と研究
 → 宝酒造株式会社

クマリンの【摂取】

  • クマリンおよびクマリン誘導体は、生薬を原料とする多くの製品に含まれますが、ワルファリンの抗凝固作用を増強し、出血のリスクを増大させると考えられています。
    http://www2.eisai.co.jp/essential/wf/abst/ade/j-rea-800892537.html
    血液凝固防止薬(血栓防止薬)
    ・ワルファリンカリウム(ワーファリン)、
    ・アスピリン(バイアスピリン、バファリン81mg)、
    ・塩酸チクロピジン(パナルジン)
    の服用時には注意。

クマリンを過剰に摂取した場合【副作用】

  • クマリンを長期間にわたりグラム単位で摂取した場合の肝障害に注意・喚起されている(2006年・ドイツ)。
  • DHC社の「メリロート」

    メリロートとは、ヨーロッパからアジアにかけて広く分布している、マメ科のハーブ。有効成分として含まれる「クマリン」には、血行を良くする作用があるとして、ヨーロッパでは、主に消炎用医薬品として使用されている。日本では痔の薬として販売されている。

    むくみ解消などダイエット用サプリメントとして人気の、DHC社「メリロート」。だが、その有効成分「クマリン」の量は、肝臓への毒性を考慮して定められたEUの安全基準の2倍超にもなる。

    2003年に、DHC社の「メリロート」が原因と疑われる肝機能障害の事例が2件、厚生労働省に報告された。

    http://www.mynewsjapan.com/kobetsu.jsp?sn=536

    厚生労働省は、健康食品などに関する通知の中に「成分が医薬品として用いられていることがあるものについては、原則として、医薬品として用いられる量を超えないように設定すること」と指導しているが、法的な強制力はない。

クマリンが不足した場合

  • 不足した場合の報告はないようです。

主な食品

  • パセリ
  • ニンジン
  • モモ
  • 藤袴(ふじばかま)
  • ハッサク・甘夏ミカン・グレープフルーツ・ユズなどの皮
  • (セリ科、ミカン科、マメ科、キク科の植物と柑橘類に多い)

備考