ルチン

ルチン るちん rutin

ルチンは、ソバ(蕎麦)の実やいちじくに多く含まれ、強力な抗酸化作用をもつポリフェノールのフラボノイド系に属する成分。かつてはビタミンPと呼ばれていました。ルチンは、心臓病や動脈硬化、高血圧など、生活習慣病の予防に役立ち、高血圧の改善血糖値の回復作用がると言われています。

ソバ以外にルチンが含まれる食品には、レバー、米、小麦胚芽、無精製の穀類などがあります。

ルチンが発見されたのは1930年代。皮膚内や粘膜下などに出血を起こす紫斑病の治療に有効だったためビタミンPと呼ばれていましたが、欠乏症が見出されていないため、現在は独立したビタミンとは考えられていません。

ルチンの 【おもな働き】

*
強力な抗酸化作用
ビタミンCの吸収を助ける
細菌の侵入を防ぐ
毛血圧の降下作用
もろくなった毛細血管を修復・強化する作用
check point :
ルチンといえばソバ。レバーや穀類にも。生活習慣病の予防・血糖値の回復
出典:

ルチンの【効果】

薬剤としての効果説明 Web情報
(要別途確認)
サプリメント・健康食品関係の説明 Web情報

ビタミンCの吸収を助ける

動脈硬化に有効

  • 高血圧を予防する・血圧を下げる
  • 毛細血管を強化する

変形性関節症に有効性が示唆されている

これは、ルチン・トリプシン・ブロメラインの組合せによるもの
摂取食物からの効果 Web情報

毛細血管の働きを良くし、血液の流れを改善

 ... 脳出血を予防
  • ルチンにはビタミンCの吸収を助ける働きがあり、ビタミンCと同時に摂取すると、毛細血管の強化作用がいっそう強められる

肝臓の線維化(破壊された肝細胞のこと)を予防

  ... 肝細胞を形成する

インシュリン耐性に効果を発揮し、糖尿病治療に効果的に働く

抗動脈硬化作用

 ... 血圧や血糖値の降下作用
  • 動脈硬化の原因は、
    脂肪代謝障害(コレステロールや中性脂肪の上昇)、高血圧、内分泌障害(糖尿病、更年期障害、痛風、肥満など)、薬物・毒物、感染症などによる血管障害、喫煙、ストレス、運動不足など

膵臓からのインスリンの分泌を促進

※いずれも抗酸化作用による波及効果です

ルチンの【摂取】

  • 過剰に摂取されたルチンは体外に排出されるため、害になることはないようです。

ルチンを過剰に摂取した場合

  • 過剰摂取障害の報告はないようです。

ルチンが不足した場合

  • 不足した場合の報告はないようです。

主な食品

  • ケール
  • アスパラガス
  • ほうれん草(ほうれんそう)
  • なす(茄子)
  • そば
  • エンジュ(槐花)

備考

  • 血圧を維持するのに必要な酵素にアンジオテンシン変換酵素があり、蕎麦にはこの酵素を抑制する効果があるため、蕎麦を食べることで直接的に血圧上昇を抑えることができます。
  • 【蕎麦の栄養】蕎麦の栄養成分の特徴のひとつは、良質のたんぱく質を含むことです。たんぱく質の良し悪しは構成するアミノ酸によって決まります。アミノ酸の中でもリジンは、穀類では一般に少ないのですが、蕎麦には多くのリジンが含まれています。そのためアミノ酸スコアはミルクを100とすると、蕎麦は92 にもなります。また食塩排泄の役割をしているカリウムが多く含まれています。さらに、亜鉛も豊富に含まれています。日本人に最近、味覚障害が増えているといわれていますが、原因は亜鉛欠乏だといわれています。そして荒れた胃壁を修復するビタミンであるナイアシンも多く含まれています。(出典:医食同源http://www.meiji.co.jp/etc/ishoku/200212/oa5.html)
  • 【夏ソバ】夏ソバや南方で採れた蕎麦の方が、秋ソバや北方で採れたものに比べて、ルチン含量が多い傾向にあるようです。これは紫外線が多い程、ルチンが作られていると考えることができます。私たちはルチンの抗酸化性に注目していますが、蕎麦にとっては紫外線から身を守るために作る物質ですからね。このようなことから、ルチンは蕎麦の実の外皮に多く含まれています。
  • 【抗酸化性】人間は酸素なしでは生きられませんが、呼吸に利用される酸素の3〜10%は、体内で不安定な酸素分子である活性酸素に変化するといわれています。
    ところが、この活性酸素が、ガンや心臓疾患、血管障害などの生活習慣病や老化につながる原因物質であることが分かってきました。抗酸化性とは、この活性酸素を体内から除去する機能で、ルチンやブドウのプロアントシアニジン、お茶に含まれるカテキンといったポリフェノールばかりでなく、ビタミンEやCなども抗酸化性物質です。
  • 生活習慣病:http://allabout.co.jp/health/familymedicine/closeup/CU20030212M/index.htm