BCAA・イソロイシン

イソロイシン いそろいしん isoleucine

イソロイシンとは必須アミノ酸のひとつで、 ロイシン、バリンとともに、その分子構造から分岐鎖アミノ酸類(BCAA)に分類されます。筋繊維を構成するタンパク質の主成分はこのBCAAといわれるアミノ酸。スポーツに欠かせないアミノ酸としてBCAAは注目され、その1つのイソロイシンは、体の筋肉の成長促進、筋肉の強化、血管拡張などの効果があるといわれるアミノ酸です。

分岐鎖アミノ酸(BCAA=Branched Chain Amino Acid):
上記の3つは、アミノ酸分子の炭素骨格が分岐した構造をもつことから分岐鎖アミノ酸といわれ、必須アミノ酸9種のうちの3種です。イソロイシンはロイシンの構造異性体。多くの場合、この3つのアミノ酸はBCAAとしてまとめて考えられているようで、3つのバランスが大切といわれています。

イソロイシンとバリンで持久力アップ:タンパク質を燃焼

BCAAは、腸管で合成され筋肉に貯蔵されます。そして筋繊維をつくる原料であり、グリコーゲンや遊離脂肪酸が筋肉で不足したときには、優先的に利用されるエネルギー源にもなります。このように、エネルギー源として使うこともできるタンパク質のことを糖原性アミノ酸といい、BCAAでは、
 ●イソロイシン
 ●バリン
にこの働きがあります。
スポーツでは持久力アップを目的に、運動の前や途中にBCAAを補給する方法が利用されています。これは、運動時のエネルギー不足時には摂取した血液中のBCAAから先に利用されるため、筋肉中のBCAAを温存するというもの。これにより筋肉の疲労・消耗が抑えるられるとともに、筋肉のグリコーゲンなどを利用し尽くしたときのエネルギー源にして持久力アップにつなげることができ、アスリートにはBCAAが究極のエネルギー源となっています。

糖原性:
糖原とはグルコーゲンのことです。 糖原性をもつアミノ酸は15種ほどある。
▼ 糖原性アミノ酸15種(ページ下部参照)

イソロイシンとロイシンにあるケト原性:自分自身がエネルギー源となる

ケト原性アミノ酸とは、体内で最終的に脂肪酸やケトン体に転換されうるアミノ酸のことで、タンパク質がエネルギー源に転換される性質のことです。イソロイシンなどのケト原性アミノ酸は、脂肪酸に転換された後、さらに分解されて「ケトン体」注1になり、これが筋肉でのエネルギー源となります。
ケトン体の多くは肝臓でつくられますが、BCAAの中では
 ● イソロイシン
 ● ロイシン
にケト原性があり、筋肉では、イソロイシンや筋肉が分解されて脂肪酸がつくられ、エネルギー源になります。もちろん、このような状態は筋肉や筋力の低下につながります。

注1) ケトン体:
ケトン体とはアセト酸、β-ヒドロキシ酢酸、アセトンなどの総称。脂肪を分解するときに生産され、筋肉や脳で使われるエネルギー源となる。過剰になると、ケトン血症やケトン尿症となり、食欲低下、顔色不良、倦怠感、吐き気・嘔吐、腹痛 ... 昏睡、などが起こる。 激しい運動、ダイエットなどでの糖質不足、糖尿病、高脂肪食の摂食過多などで、消費量以上の脂肪分解が多くなると症状を呈する。

BCAAは同時摂取が必要:

このように、BCAAの仲間はそれぞれが協働しており、これらの食物からの摂取は、
    【バリン1:ロイシン2:イソロイシン1】
の比率で同時摂取が有効かつ必要であるとされています。

BCAAとイソロイシンの【働き】

*
骨格筋の主成分。筋肉の成長・補修・強化 (BCAA)
骨格筋は体重の約40%を占め、タンパク質と遊離アミノ酸を含む。
糖原性タンパク質:
グリコーゲン不足時の筋肉のエネルギー源(イソロイシン、バリン)
ケト原性タンパク質:
脂肪酸に転換されうる性質(イソロイシン、ロイシン)
check point :
イソロイシンは、筋肉強化、疲労回復、タンパク質燃焼。

BCAAの【効果】

製薬関係 Web情報

BCAAと医療

肝不全の患者さんの血液中のアミノ酸濃度は、健康な人に比べるとBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)が低く、芳香族アミノ酸(フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン)が高いのが特徴です。
このような血液中のアミノ酸のアンバランスは、しばしば肝性脳症注)という症状をもたらし、時に昏睡状態を生じる事もあります。そこで、肝性脳症の発現を防止しながら必要なアミノ酸が補給できるように、アミノ酸組成を工夫した分岐鎖アミノ酸製剤が開発され、肝不全の治療に画期的な効果をもたらしています。
肝性脳症:
肝性脳症とは、肝臓の働きが悪化して意識障害が現れ、昏睡状態に陥ることがある症状。意識不明は、肝機能が極端に低下したため全身の血液中にアンモニアが急増し、脳神経細胞の働きが抑制されたために起こる。

BCAA経口補充療法

分岐鎖アミノ酸は手術後や肝臓疾患の患者さんの栄養管理に多く利用されていますが、患者さんなどが経口でBCAAを摂取する方法を“BCAA経口補充療法”といいます。

BCAA輸液

分岐鎖アミノ酸(BCAA)は、カラダのたんぱく質の分解を抑える作用があります。そのため、手術後などカラダのたんぱく質が失われやすいようなときには、BCAAを多く含む“BCAA輸液“が病院で多く使われています。

肝硬変・BCAA

肝硬変患者の低アルブミン血症を改善、分岐鎖アミノ酸』に、血糖値の異常を改善する薬理作用がある。 インスリンと異なる情報伝達機構で筋肉に作用し、血糖の取り込みを促す。同社はこのアミノ酸を肝硬変患者向けの薬剤として販売している。
サプリメント・健康食品関係 Web情報

お休み

摂取食物からの効果 Web情報

イソロイシン

イソロイシンは、ロイシン、バリンと共に分岐鎖アミノ酸(BCAA)のひとつで、この中のどれかを多く摂り過ぎると、体重減少などの弊害が心配されます。

イソロイシン

イソロイシンは、カラダの成長促進、血管拡張、肝機能の向上、神経の働きをサポート、筋力の強化などの作用があるとされています。

イソロイシンは疲労回復系のアミノ酸

軽いウォーキングやエクササイズなどの運動時のエネルギー補給にも適しているので、疲労回復系のアミノ酸ともいわれます。
以下は別サイトでの記載内容

イソロイシンは、やる気を起こさせる

分岐鎖アミノ酸(BCAA)は、脳の疲労を軽減する働きもあると言われています。脳の疲労は、筋肉にセロトニンという物質が増えるために起こるという説があり、このセロトニンの合成を、分岐鎖アミノ酸がおさえるようです。
以下は別サイトでの記載内容

BCAAは、ヒトの血中必須アミノ酸の約40%を占める

血中BCAAは、極度の蛋白欠乏(アミノ酸摂取量低下)、肝障害(糖質利用の低下、グリコーゲン蓄積の減少)などによって減少する。その際、筋肉(骨格筋)のBCAAの消費が増大する、エネルギー源として利用される。

BCAAから、アンモニア処理に必要なグルタミンを生成

運動時に、BCAAの代謝でできる有毒なアンモニアは、幾つかの化学反応によりグルタミンに変換される。グルタミンは肝臓で、アンモニアを処理する尿素回路や糖新生のに使用される。

BCAAは、骨格筋や脳で代謝される

肝臓ではほとんど代謝されず、主として、骨格筋と脳で代謝され、グルタミンやアラニンができる。
・骨格筋の蛋白質合成を促進し、蛋白質の分解を抑制する
・運動時の骨格筋の維持や増量に、重要な役割
・運動後の筋肉の疲労を、速くに、回復させる

BCAAは、高インスリン血症で血中濃度が減少する

高インスリン血症は、BCAAの骨格筋(筋蛋白内)への取り込みを増加させる(アンモニアの解毒作用などに利用される)ので、BCAAの血中濃度が減少する。

イソロイシンの【性質】

  • 苦みがあります。

BCAAの【摂取】

  • 通常の食事で不足することはまず無いようです。
  • アミノ酸を偏って摂取すると、一般に過剰毒性がみられます。必須アミノ酸の方が過剰毒性が起こりやすいといわれており、サプリメントなどでは注意してください。

BCAAを過剰に摂取した場合【副作用】

  • 肝性脳症において、BCAA製剤を過剰に投与すると、糖新生の抑制による高アラニン血症、アンモニアが尿素回路で処理されないことによる高グルタミン血症となる。
  • ケトン血症、ケトン尿症

BCAAが不足した場合

  • イライラ、低血糖症(異常な空腹感・脱力感・手指のふるえ・冷汗・動悸など)に近似した症状

主な食品

  • 大豆類
  • 鳥肉(鳥胸肉)
  • 鳥胸肉
  • マグロ(赤身)
  • たらこ
  • チーズ

備考

  • 【BCAA】:BCAAを知らないアスリートなんて
    http://www.dr-supplement.com/column/clmn_0002.html
  • 【BCAAとは】
    筋肉の約20%はたんぱく質であり、体重の約40%を占める骨格筋は、たんぱく質と3〜5g/kgの遊離アミノ酸を含み、たんぱく質、アミノ酸の貯蔵庫といえる。遊離アミノ酸濃度は一定を保ち、摂り過ぎたアミノ酸は肝臓、筋肉で分解される。このBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)は、その分岐構造が体内では構成できないことから必須アミノ酸の一種である。食品中では、肉100g中のたんぱく質に対して、BCAAはその約20%で3〜4g含まれ、他の必須アミノ酸同様食品から摂取しやすい。BCAAの働きは、運動時のエネルギー源となり、またロイシンはインスリン分泌促進、たんぱく質代謝(分解抑制と合成促進)調整機能を持つ。
    抜粋:大阪栄養士会 
  • 【糖原性アミノ酸】
    アラニン、アルギニン、グリシン、グルタミン酸、システイン、スレオニン、セリン、ヒスチジン、ヒドロキシプロリン、プロリン、
    イソロイシン、メチオニン、バリン、
    チロシン、フェニルアラニン