hienai

冷えや冷え性の生薬、連翹(レンギョウ)

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  連翹(レンギョウ)

冷えや冷え性の生薬、連翹(レンギョウ)


* モクセイ科レンギョウ属 【和名】連翹/別名:レンギョウウツギ
* 漢方薬に使われている生薬とは、どんなものでしょうか?
* 【連翹の薬効】 ... 解毒、排膿、利尿、消炎、鎮痛
 

連翹(レンギョウ)のページ

連翹(レンギョウ)
● モクセイ科/レンギョウ属の連翹は、日本薬局方において、レンギョウまたはシナレンギョウの果実を用い、解熱剤、消炎剤、利尿剤、排膿剤、腫瘍・皮膚病などの鎮痛薬にも用いられる。さらに、チフス菌、パラチフス菌やブドウ状球菌、百日咳杆菌に強い抗菌作用があり、熱性疾患や化膿性疾患に対する重要な生薬となっている。成分にトリテルペン、モノテルペングリコシド、リグナンを含み、強い抗菌作用がある。生薬の連翹は、成熟果実を一度蒸気を通したのち天日で乾燥してつくられる。
効能: 解毒、排膿、利尿、消炎、鎮痛
処方に、荊芥連翹湯、清上防風湯、防風通聖散(料)、治頭瘡一方などがある。
産地: 中国、韓国、日本。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano