hienai

冷えや冷え性の生薬、竜骨(リュウコツ)

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  竜骨(リュウコツ)

冷えや冷え性の生薬、竜骨(リュウコツ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 漢方薬に使われている生薬とは、どんなものでしょうか?
* 【竜骨の薬効】 ... 鎮静、鎮痙、消炎、去痰、止血
 

竜骨(リュウコツ) 別名:龍歯(リュウシ)、白龍骨(ビャクリュウコツ)、龍角(リュウカク)

竜骨(リュウコツ)
● 竜骨(リュウコツ)は、古代哺乳動物(象・犀・牛など)の骨の化石。産地は中国の北部および四川省で、成分としては炭酸カルシウム、リン酸カルシウムなどを含む。漢方薬に配合される竜骨の基原となるのはゾウ、サイ、馬、鹿、猪、牛などの仲間である。
効能: 竜骨(リュウコツ)は、鎮静作用、収斂作用、血作用があり、高血圧症や神経衰弱、下痢・帯下・不正性器出血、不眠などに良いとされる。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano
 
 
amazon