hienai

冷えや冷え性の生薬、牡丹皮(ボタンピ)

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  牡丹皮(ボタンピ)

冷えや冷え性の生薬、牡丹皮(ボタンピ)


病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
漢方薬に使われている生薬とは、どんなものでしょうか?
ここでは、漢方に用いられる生薬について説明します。
 

牡丹皮(ボタンピ)のページ

牡丹皮(ボタンピ)
● 牡丹皮(ボタンピ)は、キンポウゲ科ボタンの根皮を乾燥したもの。外側のコルク層を剥除したものを粉丹皮という。産地は日本、中国、韓国で、成分としてはペオノール、ペオノライド、ぺオノサイド、ペオニフロリン、安息香酸などを含む。
効能: 牡丹皮(ボタンピ)には、消炎作用、活血作用があり、頭痛、腹痛、婦人科疾患、月経不順、月経困難など、停滞する血行障害に良いとされる。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano
 
amazon