hienai

冷えや冷え性の生薬、防風(ボウフウ)

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  芒硝(ボウショウ)

冷えや冷え性の生薬、防風(ボウフウ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・防風】 ... 発汗、解熱、解毒、鎮痛
 

防風(ボウフウ)のページ
 

防風(ボウフウ) * 冷え性の入浴剤としても使われる
● 防風(ボウフウ)は、セリ科サポシュニコビア属ボウフウの根。産地は中国(黒龍江産のものがよいとされる)。かつて日本産の浜防風(ハマボウフウの根茎)で代用したことがあるが、これは別物。
適応: 感冒、皮膚疾患、関節痛、神経痛、頭痛、歯痛など
* * *
成分:
フロクマリン類 - deltoin, bergapten, psoralenなど
クロモン誘導体 - hamaudol, cimifugin, 5-0-methylvisamminolなど
ポリアセチレン類 - falcarindiolなど
多糖類 - saposhikovan, A, B, Cなど
薬理作用:
抗炎症作用・血圧降下作用・中枢抑制作用・抗潰瘍作用・免疫賦活作用など
効能・用途: 防風(ボウフウ)には、発汗作用、解熱作用、鎮痛作用、利尿作用、抗ウイルス作用、抗菌・抗真菌作用があり、関節や筋肉の痛み、去風、頭痛、下痢、腹痛、皮膚疾患に良いとされる。
ハマボウフウ:
ハマボウフウは、日本各地の海岸地帯の砂地に自生するセリ科ボウフウ属の多年草で、 中国漢方の防風の代用品として、江戸時代から、風邪による関節痛、頭痛・めまい、手足の痙攣や痛み、などに用いられてきた。
かっては海岸で栽培され、食用としても八百屋でも売られていたが、乱獲や海岸線の開発などにより、近年は自生地域をどんどん縮小させており、絶滅危惧種に指定されている県もある。
ハマボウフウの生薬名はそのまま「ハマボウフウ」と呼称され、解熱や発汗、鎮痛などの作用があるとされ、風邪の諸症状に効用があるとされている。 ハマボウフウにも、湯冷めしにくいなど入浴剤としての効用がある。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano