hienai

冷えや冷え性の生薬、附子(ブシ)

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  附子(ブシ)

冷えや冷え性の生薬、附子(ブシ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 漢方薬に使われている生薬とは、どんなものでしょうか?
* 【附子の薬効】 ... 利尿、強心、鎮痛、鎮静
 

附子(ブシ) 別名:烏頭(ウズ)、天雄(テンユウ)
 

附子(ブシ)
● 附子(ブシ)は、キンポウゲ科カラトリカブトまたは近縁植物の塊(子塊)根。産地は中国、韓国、日本で、成分としてはアルカロイドのaconitine、メサコニチン、アコニチンなどを含む。
効能: 附子(ブシ)は、強心作用、鎮痛作用、利尿作用、回陽救逆作用などがあり、疼痛などの回復、虚弱体質の腹痛、下痢、失精など内臓諸器管の症状に良いとされる。
【附子の医薬品】麻黄附子細辛湯: 麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)は発汗作用があり、体内の熱や腫れ、痛みを和らげる働きがある。このため風邪、気管支炎、咳の改善に用いられる。低血圧で、倦怠感、微熱、悪寒、頭痛、めまい、手足の痛み・冷感などをともなう体力のない人や、虚弱体質の人、高齢者の方に処方される漢方薬。
【附子の医薬品】真武湯: 真武湯(シンブトウ)は身体を中から温め、それぞれの機能を高める効能がある。慢性の下痢、胃下垂症、胃腸弛緩症、胃腸虚脱症、消化不良、胃アトニー症、慢性胃腸カタル、胃腸疾患、慢性腸炎、内臓下垂症、慢性腎炎、ネフローゼ、腹膜炎、低血圧症、高血圧症、感冒、湿疹、じんましん、老人性掻痒症、脳出血、脳溢血、神経衰弱、リウマチ、諸種の熱病、骨髄疾患による運動麻痺・知覚麻痺などを改善する。
【附子の医薬品】牛車腎気丸: 牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)は体力をつけ、水分循環を改善する。下肢痛、腰痛、しびれ、かすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみなどの症状に用いられ、手足のひえ、尿量の減少または多尿、口の乾きなどがある高齢の人に用いられる。
【附子の医薬品】八味地黄丸: 八味地黄丸(ハチミジオウガン)は身体の弱った機能を助ける働きがある。下肢痛、腰痛、五十肩、肩こり、しびれ、坐骨神経痛、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ、水腫、糖尿病、動脈硬化、腎炎、ネフローゼ症候群、萎縮腎、膀胱カタル、脚気、更年期障害、低血圧、高血圧、前立腺肥大、陰萎、老人のかすみ目、老人性湿疹などを改善する。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano
 
 
amazon