hienai

冷えや冷え性の生薬、当帰(トウキ)

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  当帰(トウキ)

冷えや冷え性の生薬、当帰(トウキ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 漢方薬に使われている生薬とは、どんなものでしょうか?
* 【中医学薬能・当帰】 ... 補血、行血、潤腸、調経
 

当帰(トウキ) 別名:乾帰(カンキ)
 

当帰(トウキ) * 冷え性の入浴剤としても使われる
● 当帰(トウキ)は、セリ科シシウド属ニホントウキの根を湯通しして乾燥させたもので、古来より著名な和漢の要薬として用いられてきた。精油・ニコチン酸・ビタミン類などを含み、精油は末梢血管拡張作用・解熱作用を示し、鎮痛・鎮静・浄血・強壮薬として用いられる。
入浴剤として最も使われている生薬で、身体の隅々まで温めてくれる。当帰は欧米で最も人気のある中国の強壮薬の一つで、婦人科系疾患の治療薬として有名。
適応: 貧血傾向, 各種婦人科症
* * *
成分:
精油 - ligustilide, n-butylidenephthalide, sedanonicacid lactone, safrol など
脂肪酸 - palmitic acid, linolic acid など
クマリン誘導体 - bergaptene, scopoletin など
ポリアセチレン化合物 - falcarinol, falcarindiol, falcarinolone など
その他 - vitamin B12, nicotic acid など
薬理作用:
免疫賦活, 中枢抑制, 鎮痛・解熱, 筋弛緩, 末梢血管拡張, 抗炎症・抗アレルギー, 抗腫瘍, 抗癌剤の副作用軽減
効能・用途: 当帰(トウキ)には、貧血症、月経不順、更年期障害など、婦人科の要薬として使用され、女性の不妊症に効くとされている。
産地: 日本(奈良、富山、群馬、茨城、北海道ほか)
日本薬局方では「生薬トウキ」の基原植物は、
トウキ及びホッカイトウキ(A. acutiloba var. sugiyamae)とされる。
中国原産のカラトウキ(A. sinensis)とは別種である。
ちなみに、セイヨウトウキは、学名:Angelica archangelica。
セイヨウトウキ(アンジェリカ): 欧州各地、北欧・東欧・シベリア及びグリーンランド等の湿原やアルザス地方などの山地に自生する。刺激、消化、内分泌系の調整、強壮、駆風、鎮痙、利尿・発汗、去痰などの作用が知られ、ホルモン分泌の調整作用により、更年期障害、月経前症候群などの婦人病や、冷え性、のぼせ、貧血症などに効果があり、「女性のための朝鮮人参」とも呼ばれる。その他、免疫力強化、気管支炎などの肺の病気の治療にも用いられる。
アンジェリカ精油は、アンゲリカラクトン、アンゲリシン、アンゲリカ酸、ベルガプテンを含み、その他にビタミンB群(葉酸、ビタミンB12ほか)を含む。
「冷える」そんなお悩みに。こだわりのマカ
トウキ・センキュウ・ビャクシ・ケイヒ・サンシシ・チョウジ
生薬100%ご家庭用本格入浴剤
生薬入浴剤・仙神湯20g×20包【医薬部外品】
【当帰の医薬品】四物湯: 四物湯(シモツトウ)は血液の循環を改善し、身体をあたためたり、皮膚を潤し、ホルモンバランスを調整する効果もある。産前産後の諸種の障害や、月経不順、月経痛、月経過多、冷え性、しもやけ、しみ、高血圧症、貧血症、更年期障害を改善する。皮膚が乾燥して色つやの悪い、胃腸障害のない人に用いられる。
【当帰の医薬品】当帰飲子: 当帰飲子(トウキインシ)は肌にうるおいを与え、かゆみをしずめる効能がある。そのため、分泌物の少ない湿疹やかゆみを改善し、比較的体力のない冷え性の人に用いられる。
【当帰の医薬品】当帰芍薬散: 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)は血行をよくして体をあたため、貧血症状を改善する。また、痛みをやわらげたり、ホルモンバランスを調整する働きもある。月経不順、月経異常、月経困難、月経痛、子宮内膜炎、不妊症、帯下、産前産後あるいは流産による障害(つわり、貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ、腹痛、妊娠腎、痔核、習慣性流産など)、更年期障害、めまい、頭重、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、足腰の冷え、しもやけ、むくみ、にきび、しみ、心臓衰弱、血圧の異常、慢性腎炎、腎臓病、ネフローゼ症候群、脚気、ヒステリー、痔核、脱肛などを改善する。冷え性で疲れやすく、貧血気味で、下腹部痛、耳鳴り、動悸などがおこりやすい、比較的体力の無い人に用いる。
【当帰の医薬品】温経湯: 温経湯(ウンケイトウ)は、月経不順や月経困難、月経痛、更年期障害、神経症、頭痛、腰痛などの症状を改善する。
【当帰の医薬品】温清飲: 温清飲(ウンセイイン)は、月経不順、月経困難、更年期障害、神経症などの症状を改善する。
【当帰の医薬品】乙字湯: 乙字湯(オツジトウ)は、痔核、切れ痔、脱腸、便秘などの症状を改善する効果がある。特に、便秘症かつ症状がそれほど重くない方に利用される。
【当帰の医薬品】加味帰脾湯: 加味帰脾湯(カミヒキトウ)は、貧血、不眠症、精神不安、神経症などの症状を改善する効果が期待される。特に虚弱体質の方に処方される。
【当帰の医薬品】帰脾湯: 帰脾湯(キヒトウ)は、貧血や不眠症といった症状を改善する効果がある。特に虚弱体質の方に処方される。
【当帰の医薬品】荊芥連翹湯: 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)は蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきびを改善する。手や足に汗をかきやすく、化膿や炎症がおこりやすい、比較的体力のある人に用いられる。
【当帰の医薬品】七物降下湯: 七物降下湯(シチモツコウカトウ)は主に血流を改善する効能があり、高血圧にともなうのぼせ・肩こり・耳鳴り・頭重を改善する。虚弱体質で疲れやすい人に用いる。
【当帰の医薬品】十全大補湯: 十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)は体力を補う効能があり、低血圧症、貧血症、神経衰弱、疲労、倦怠、胃腸虚弱、胃下垂、痔ろう、脱肛などを改善する。病後、手術後、産後、または病中に体力が衰えている人や、やせて食欲がなく衰弱している人で皮膚が蒼白く、疲労、倦怠、貧血、寝汗、手足の冷えなどをともなう場合に用いる。
【当帰の医薬品】潤腸湯: 潤腸湯 (ジュンチョウトウ)とは便をやわらかくして、便秘を改善する。
【当帰の医薬品】消風散: 治頭瘡一方(チヅソウイッポウ)は、ただれ、かさぶた、かゆみなどを解消し、湿疹、乳幼児の湿疹を改善する。外見が汚く、においやかゆみをともなう、比較的体力のある人の顔や頭の湿疹に用る。
【当帰の医薬品】疎経活血湯: 疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)は身体の血行や水分循環を良くし、また痛みを抑える働きがある。その働きから関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛を改善する。腰や手足の筋肉が激しく痛む人に用る。
【当帰の医薬品】当帰四逆加呉茱萸生姜湯: 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)は血行をよくして、体をあたためる効能があり、冷えによる痛みをやわらげる。しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛、坐骨神経痛などを改善し、手足が冷え、足が冷えると足や下腹部に痛みがおこりやすい、貧血気味の人に用る。
【当帰の医薬品】女神散: 女神散(ニョシンサン)は体内の血行と水分循環をよくし、高ぶった神経の不調を鎮める。のぼせやめまい、産前産後の神経症や月経不順を改善し、更年期障害や自律神経失調症にも適する。
【当帰の医薬品】人参養栄湯: 人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ)は体力と気力を補い、病後・産後の体力低下、虚弱体質、疲労倦怠、食欲不振、寝汗、手足の冷え、貧血を改善する。微熱、悪寒、咳、便秘、精神不安不眠などがおこりやすい、やせて顔色の悪い人に用る。
【当帰の医薬品】防風通聖散: 防風通聖散(ボウフウツウショウサン)は身体の中の熱を和らげる働きがあり、また、体内の水分循環を正常化して、便通をよくする効能もある。このため、高血圧による動悸・肩こり・のぼせ、肥満症、むくみ、便秘、胃酸過多症、腎臓病、慢性腎炎、心臓衰弱、動脈硬化、痔疾患、湿疹、脳溢血などの改善に用いられる。腹部に皮下脂肪が多く、便秘、肩こり、尿量の減少などの症状の人に処方される。
【当帰の医薬品】補中益気湯: 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は胃腸の働きを活性化し、体力を回復をさせる働きがあある。虚弱体質、疲労倦怠、病後の衰弱、結核性疾患・胸部疾患による体力の低下、夏やせ、胃弱、胃下垂、貧血症、低血圧症、多汗症、痔疾患、脱肛、子宮下垂、風邪を改善するため、胃腸の機能が低下して、食欲不振、頭痛、悪寒、倦怠感などをともなう、虚弱体質の人や体力の衰えている人に処方される。
【当帰の医薬品】薏苡仁湯: 薏苡仁湯(ヨクイニントウ)は関節などに溜まった水分を抜いて、痛みを和らげる働きや、発汗作用などがあり、関節痛や筋肉痛の改善に用いられる。手足の関節や筋肉に痛み・腫れ・熱感などをともなう、比較的体力のある人に処方される。
【当帰の医薬品】抑肝散加陳皮半夏湯: 抑肝散加陳皮半夏湯(ヨクカンサンカチンピハンゲトウ)は高ぶった神経を鎮めたり、筋肉のこわばりをほぐしてくれる働きがある。神経症、不眠症、更年期障害、高血圧・動脈硬化による神経症状、小児の夜泣き、小児疳症の改善に用いる。
【当帰の医薬品】竜胆瀉肝湯: 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)は尿路や生殖器の炎症を和らげ、尿の出をよくする働きがある。そのため、排尿痛、残尿感、尿のにごり、尿道炎、膀胱カタル、膣炎、陰部湿疹、陰部痒痛、陰部掻痒症、子宮内膜炎、帯下、睾丸炎、バルトリン腺炎などの改善に用いられる。
トウキ・センキュウ・ビャクシ・ケイヒ・サンシシ・チョウジ
生薬100%ご家庭用本格入浴剤
生薬入浴剤・仙神湯20g×20包【医薬部外品】
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano