hienai

冷えや冷え性の生薬、天南星(テンナンショウ)

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  天南星(テンナンショウ)

冷えや冷え性の生薬、天南星(テンナンショウ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 漢方薬に使われている生薬とは、どんなものでしょうか?
* 【中医学薬能・天南星】 ... 去風解痙、燥湿化痰
 

天南星(テンナンショウ)のページ
 

天南星(テンナンショウ)
● 天南星(テンナンショウ)は、サトイモ科マムシグサなどテンナンショウ属の総称。生薬は同属植物の根茎を使ったもの。
生姜を加えて焙製したものを、製南星(せいなんしょう)といい、
牛の胆汁で焙製したものを胆南星(たんなんしょう)、薬品による炮製を加えていないものを生南星という。
生のテンナンショウは毒草、生の根茎(こんけい)をそのまま食べることはできない。胃腸障害や麻痺などの中毒症状がある。
適応: 去痰
* * *
成分:
サポニン、でんぷん、アミノ酸、シュウ酸、ギ酸など
薬理作用:
- - -
効能・用途: 天南星(テンナンショウ)には、鎮痙作用、去痰作用があり、鎮咳去痰除湿薬として、中風、半身不随、口きん強直などに良いとされる。また、民間では粉末として瘡傷に外用して鎮痛、消腫の効果があるという。
処方例:二朮湯(肩や腕の痛みやしびれで、筋肉にしまりがない人の五十肩などに用いられる。)
産地: 中国、日本。
【天南星の医薬品】二朮湯: 二朮湯(ニジュツトウ)は腕や肩の痛みをやわらげる働きがあり、主に五十肩を改善する。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano