hienai

冷えや冷え性の生薬:知母(チモ)は、漢方薬では発熱による脱水や煩躁・肺病の咳嗽・便秘・排尿障害・糖尿病などに用いる。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  知母(チモ)

冷えや冷え性の生薬、知母(チモ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 漢方薬に使われている生薬とは、どんなものでしょうか?
* 【中医学薬能・知母】 ... 清熱瀉火 滋腎潤燥
 

知母(チモ)のページ

知母(チモ)
● 知母(チモ)は、ユリ科ハナスゲの根茎を乾燥したもの。中国東北部・華北に自生する。成分としてはチモサポニン、キサントン配合体のマグニフェリンなどを含む。
適応: 排尿障害, 糖尿病
* * *
成分:
サポニン - sarsasaponin, timosaponin(A-I, A-II, A-III, A-IV, B-I, B-II), neogitogenin など
キサントン配合体 - chimonin(=mangiferin), isomangiferin など
ビタミン類 - nicotinic acid, pantothenic acid など
薬理作用:
解熱, 血糖降下, 抗消化性潰瘍, 刺激伝達に関係
ニンジン・チモ・セッコウの血糖降下作用、二型糖尿病に処方
効能・用途: 知母(チモ)は、清熱作用、瀉火作用、去痰作用、鎮咳作用などがあり、解熱、鎮痛、鎮静、消炎、利尿などに良いとされる。知母を使う処方には、酸棗仁湯、消風散、辛夷清肺湯、白虎加人参湯がある。
* Key word *
利尿・止渇。漢方薬では発熱による脱水や煩躁・肺病の咳嗽・便秘・排尿障害・糖尿病などに用いる。

◆ 知母(チモ)は、鎮咳去痰薬に配合される。
知母の処方例(医薬品)【白虎加人参湯】: 白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)は身体のの熱やかゆみを鎮める働きがありる。初期の糖尿病や暑気あたり、熱性疾患時など口の渇きや熱感の激しい人に用いられる。
産地: 中国。
ハナスゲ根 エキス:
ユリ科の植物ハナスゲの根から抽出した「サルササポゲニン(ホルモン様成分を削除したフィトステロール)」で、脂肪細胞の分化と増殖を促進し、資質の貯蔵を刺激し、脂肪細胞中の脂肪を増加。身体のボリュームをアップさせる。 また、プエラリアミリフィカに取って代わる代表的な成分になると期待されている。主要成分は、ボルフィリン。
【知母の医薬品】酸棗仁湯: 酸棗仁湯(サンソウニントウ)は神経をしずめて、不眠を解消する。このため、心身が疲れている人の不眠症を改善し、神経過敏で不安などをともなう、体力の衰えている人に用いられる。
【知母の医薬品】消風散: 消風散(ショウフウサン)とは皮膚のかゆみや赤みを改善する働きがあり、慢性の皮膚病(湿疹、じんましん、あせも、水虫、皮膚掻痒症)を改善する。患部からの分泌物が多く、強いかゆみをともなって、特に夏期や温暖時に症状が悪化しやすい人に用いられる。
【知母の医薬品】辛夷清肺湯: 辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)は鼻づまりを改善する効能を持っている。鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎を改善し、粘り気のある鼻水をともなう熱感のある人に用いられる。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano