hienai

冷えや冷え性の生薬、竹筎(チクジョ)

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  竹筎(チクジョ)

冷えや冷え性の生薬、竹筎(チクジョ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 漢方薬に使われている生薬とは、どんなものでしょうか?
* 【中医学薬能・竹筎】 ... 清熱 化痰 止嘔
 

竹筎(チクジョ) 別名:淡竹茹(タンチクジョ)

竹筎(チクジョ)
● 竹筎(チクジョ)は、イネ科ハチクまたは近縁種の竹の上皮のすぐ下の部分をうすく綿状に削ったもの。産地は中国、日本各地。
適応: 嘔吐, 悪寒, 呼吸器疾患
* * *
成分:
トリテルペノイド - friedelin, lupenone, lupeol, epi-friedelinol, glutiol, glutinone など
その他 - 糖類、アミノ酸類、ビタミン類など
薬理作用:
鎮静、消炎作用
効能・用途: 竹筎(チクジョ)は、解熱作用、鎮静作用、鎮吐作用、止血作用があり、肺熱咳嗽、痰が黄色で粘稠、痰火内擾、煩悶、不眠の症、胃熱嘔吐などに良いとされる。
竹筎の処方例(医薬品)【竹筎温胆湯】: 竹筎温胆湯(チクジョウンタントウ)は風邪の諸症状をやわらげ、体力の回復を助ける効能がある。また、高ぶった神経をしずめ、寝つきをよくします。インフルエンザ・風邪・肺炎などの回復期で体力がなく、熱が長引いたり、熱が下がっても気分が優れず、咳や痰が多く安眠できない人に用いられる。
竹の生薬:
・ハチクまたはマダケの葉は、竹葉(チクヨウ)という生薬で解熱、利尿作用。
  → 竹葉は、鎮咳去痰薬に配合される
・タンチクまたはハチクの茎を火で炙って流れた液汁は、竹癧(チクレキ)
  → 痰熱による咳嗽・粘稠な痰に最も効果
  → 生のショウガとともに喘息・肺炎などにも
・ササクサの茎葉は、タンチクヨウという生薬。利尿作用がある。
  → タンチクヨウは、カゼ(内服)薬に配合される
【竹筎の医薬品】清肺湯: 清肺湯(セイハイトウ)はのどや気管の炎症を和らげて、粘性な痰を出しやすくして咳を鎮める働きがある。痰がからんで切れにくく、喉の痛み、声のかれなどをともなう、体力の衰えている人や高齢者に用いられる。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano