hienai

冷えや冷え性の生薬:沢瀉(タクシャ)は、利尿・止渇。漢方薬では小便不利・頻数・めまい・口渇・胃内停水などに用いる。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  沢瀉(タクシャ)

冷えや冷え性の生薬、沢瀉(タクシャ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・沢瀉】 ... 利水 滲湿 清熱
 

沢瀉(タクシャ)のページ

沢瀉(タクシャ)
● 沢瀉(タクシャ)は、オモダカ科サジオモダカおよび近縁種の根茎。日本を含むアジア、南北アメリカ大陸と広範囲に分布、クアイのように食用に給されるものもある。成分としてはトリテルペノイド、糖類、β-シトステロール、アミノ酸、ビタミン類などを含む。
適応: 排尿回数過多か減少, 胃のポチャポチャ音, めまい, 口渇
* * *
成分:
トリテルペノイド - alisol A, B, C およびその acetate など
セスキテルペノイド - alismol, alismoxide など
糖質 - D-glucose, D-fructose, sucrose, lactose hexaphosphate など
その他 - β-sitosterol,アミノ酸,lecithine, choline,カリウム塩,ビタミン類,デンプンなど
薬理作用:
利尿, 循環器系への作用, 血液凝固抑制, 抗脂肪肝, コレステロール血症の改善, 性ホルモンヘの作用, 免疫賦活, 尿路結石予防
効能・用途: 沢瀉(タクシャ)は、利尿作用、コレステロール降下作用、血糖・血圧の降下作用、抗菌作用、抗脂肪肝作用があり、利尿、止渇薬として、小便不利または、頻数、めまい、口渇、胃内停水などに良いとされる。
* Key word *
利尿・止渇。漢方薬では小便不利・頻数・めまい・口渇・胃内停水などに用いる。
オモダカ科サジオモダ:
寒地の沼沢地に自生する多年草。国内では本州の中部以北から北海道かけて薬用植物として栽培されている。
漢方では、利尿剤とされるものに、茯苓、猪苓、沢瀉(タクシャ)があり、茯苓は主に心臓や胃に、猪苓は主に腎臓系に、沢瀉は、胃、腎に作用して本来の働きを基にもどし利尿作用が表れる。
【沢瀉の医薬品】五苓散: 五苓散(ゴレイサン)は身体の水分の循環を活発にし、無駄な水分を除く。そのため、急性胃腸炎、急性胃腸カタル、下痢、二日酔い、暑気あたり、黄疸、腎炎、ネフローゼ、膀胱カタル、急性膀胱炎、尿毒症、糖尿病にともなう諸症状などを改善する働きを持っている。口が渇く、尿量が少ないなどの症状を持つ人や吐き気、嘔吐、腹痛、頭痛、などをともなう人に用いられることが多い。
【沢瀉の医薬品】猪苓湯: 猪苓湯(チョレイトウ)は尿路の熱や腫れを和らげ、尿の出をよくする働きがある。腎炎、ネフローゼ、膀胱カタル、膀胱炎、尿道炎、腎臓・膀胱結石、による排尿困難、血尿、腰から下のむくみ、下痢、淋炎などを改善し、尿が減って出にくく、排尿痛、残尿感、口の渇きなどをともなう人に用いられる。
【沢瀉の医薬品】当帰芍薬散: 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)は血行をよくして体をあたため、貧血症状を改善する。また、痛みをやわらげたり、ホルモンバランスを調整する働きもある。月経不順、月経異常、月経困難、月経痛、子宮内膜炎、不妊症、帯下、産前産後あるいは流産による障害(つわり、貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ、腹痛、妊娠腎、痔核、習慣性流産など)、更年期障害、めまい、頭重、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、足腰の冷え、しもやけ、むくみ、にきび、しみ、心臓衰弱、血圧の異常、慢性腎炎、腎臓病、ネフローゼ症候群、脚気、ヒステリー、痔核、脱肛などを改善する。冷え性で疲れやすく、貧血気味で、下腹部痛、耳鳴り、動悸などがおこりやすい、比較的体力の無い人に用いる。
【沢瀉の医薬品】胃苓湯: 胃苓湯(イレイトウ)は食あたりや暑気あたり、冷え、胃腸炎、腹痛などの症状を改善する効果がある。多少の副作用を伴うので、体力がある方に処方される。
【沢瀉の医薬品】茵陳五苓散: 嘔吐やじんましん、二日酔いなどを改善する。喉のかわきや尿量減少などを伴うので、比較的体力のある方に処方される。
【沢瀉の医薬品】牛車腎気丸: 牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)は体力をつけ、水分循環を改善する。下肢痛、腰痛、しびれ、かすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみなどの症状に用いられ、手足のひえ、尿量の減少または多尿、口の乾きなどがある高齢の人に用いる。
【沢瀉の医薬品】八味地黄丸: 八味地黄丸(ハチミジオウガン)は身体の弱った機能を助ける働きがある。下肢痛、腰痛、五十肩、肩こり、しびれ、坐骨神経痛、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ、水腫、糖尿病、動脈硬化、腎炎、ネフローゼ症候群、萎縮腎、膀胱カタル、脚気、更年期障害、低血圧、高血圧、前立腺肥大、陰萎、老人のかすみ目、老人性湿疹などを改善しる。
【沢瀉の医薬品】半夏白朮天麻湯: 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)は体内の水分循環を促して、胃アトニー、胃下垂、胃神経症、低血圧症などのめまいを改善する。胃腸が弱く、冷え性で頭痛、肩こり、嘔吐のある人に処方される。
【沢瀉の医薬品】竜胆瀉肝湯: 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)は尿路や生殖器の炎症を和らげ、尿の出をよくする働きがある。そのため、排尿痛、残尿感、尿のにごり、尿道炎、膀胱カタル、膣炎、陰部湿疹、陰部痒痛、陰部掻痒症、子宮内膜炎、帯下、睾丸炎、バルトリン腺炎などの改善に用いる。
【沢瀉の医薬品】竜胆瀉肝湯: 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)は尿路や生殖器の炎症を和らげ、尿の出をよくする働きがある。そのため、排尿痛、残尿感、尿のにごり、尿道炎、膀胱カタル、膣炎、陰部湿疹、陰部痒痛、陰部掻痒症、子宮内膜炎、帯下、睾丸炎、バルトリン腺炎などの改善に用いる。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano