hienai

冷えや冷え性の生薬、大棗(タイソウ)

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  大棗(タイソウ)

冷えや冷え性の生薬、大棗(タイソウ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・沢瀉】 ... 補脾胃 養営安神 緩和薬性
 

大棗(タイソウ)のページ
 

大棗(タイソウ)
● 大棗(タイソウ)は、クロウメモドキ科ナツメの成熟果実を乾燥したもの。中国北部原産で非常に古くから栽培されてきた。成分としてはミネラルが多く、棗酸、タンニン、粘液質、タンパク質、脂肪、カルシウム、ビタミンCなどを含む。
適応: 体の痛み, 脇腹痛, ひきつれ
* * *
成分:
トリテルペン - oleanolic acid, betulinic acid, alphitolic acid, p-coumaric acidのエステル類、ursolic acid など
サポニン - zizyphus saponin など
多糖類 - zizyphusarabinan など
その他 - malic acid, tartaric acid, cyclic AMP,cyclic GMPなど
薬理作用:
抗アレルギー, 抗消化性潰瘍, 抗ストレス, 血液凝固抑制, 鎮静, 腎障害改善
効能・用途: 大棗(タイソウ)は、補脾胃作用、強壮作用、養血安神作用、緩和薬性作用、鎮静作用があり、緩和、強壮、利尿薬として、筋肉の急迫、牽引痛、知覚過敏を緩和し、咳、煩燥、身体の疼痛、腹痛ななどに良いとされる。
* Key word *
補脾胃・強壮・養血安神・緩和薬性・鎮静。漢方薬では???などを目的に用いる。
今の日本人は、花粉症の予防と体質改善を期待。

◆ 大棗(タイソウ)、かぜ(内服)薬、鎮咳去痰薬、に配合される。
ドライフルーツなつめ:
食物繊維、カリウム、カルシウム、鉄、葉酸などの成分を多く含む。一時、単糖類のフルクトピラノサイドなるものが花粉アレルギーを引き起こすlgE抗体が作られないようにブロックする働きがあるといわれた。効果を得るには半年から1年かけて、1日10個は食べるらしい。
【大棗の医薬品】胃苓湯: 胃苓湯(イレイトウ)は食あたりや暑気あたり、冷え、胃腸炎、腹痛などの症状を改善する効果がある。多少の副作用を伴うので、体力がある方に処方される。
【大棗の医薬品】越婢加朮湯: 越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)はおもに、関節リウマチや脚気、変形性膝関節症、夜尿症、湿疹、腎炎、ネフローゼ症候群、急性結膜炎などに改善効果がある。
【大棗の医薬品】葛根湯: 葛根湯(カッコントウ)は、一般的な風邪や頭痛、肩こり、筋肉痛、手・肩の痛み、中耳炎・扁桃炎・リンパ炎などの炎症性疾患、じんましん、蓄膿症などを改善する。
【大棗の医薬品】帰脾湯: 帰脾湯(キヒトウ)は、貧血や不眠症といった症状を改善する効果がある。特に虚弱体質の方に処方される。
【大棗の医薬品】加味帰脾湯: 加味帰脾湯(カミヒキトウ)は、貧血、不眠症、精神不安、神経症などの症状を改善する効果が期待される漢方薬。特に虚弱体質の方に処方される。
【大棗の医薬品】桂枝加芍薬湯: 桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)は腹痛、しぶり腹、腸炎、慢性虫垂炎、移動性盲腸、慢性腹膜炎を改善する。腹部膨満感があり、下痢、便秘、嘔吐などをともなう人に用いられる。
【大棗の医薬品】桂枝加芍薬大黄湯: 桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)は急性腸炎、大腸カタル、常習便秘、宿便、しぶり腹を改善する。腹部が膨満し、腸内停滞感や腹痛などをともなう、比較的体力のない人に用いられる。
【大棗の医薬品】桂枝加竜骨牡蛎湯: 桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)は神経衰弱、神経質、不眠症、小児の夜泣き、小児の夜尿症、夜驚症、性的ノイローゼ、性的神経衰弱、陰萎、遺精、眼精疲労、脱毛症、動悸を改善する。虚弱体質で疲れやすく、頭痛、のぼせ、耳鳴りなどをともなう、興奮しやすい人に用いられる。
【大棗の医薬品】呉茱萸湯: 呉茱萸湯(ゴシュユトウ)は身体を温め、頭痛などを抑える効果があり、頭痛、片頭痛、頭痛にともなう吐き気、嘔吐、脚気、しゃっくり、衝心などを改善する。手足のひえ、胃部圧迫感や吐き気、首のこりなどをともなう体力の衰えている人に用いられる。
【大棗の医薬品】柴胡加竜骨牡蛎湯: 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこカリュウコツボレイトウ)は神経を落ち着かせて心と身体、両方の状態を改善する。高血圧症、動脈硬化、神経症、神経衰弱、ヒステリー、不眠症、更年期神経症、腎臓病、心臓衰弱、てんかん、小児の夜泣き、陰萎などの症状に効果がある。精神面の関係する不安、動悸、不眠、めまい、のぼせなどをともなう比較的体力のある人に用いられることが多い。
【大棗の医薬品】柴胡桂枝湯: 柴胡桂枝湯(さいこケイシトウ)は身体の熱や炎症をやわらげ、痛みを取り除く効能がある。このため、感冒、胃腸炎、胃痛、胃酸過多症、神経痛、腹痛、胸膜炎や、消化性潰瘍・胆のう炎・胆石・肝機能障害・すい臓炎などのけいれん性の痛みも改善する。自然発汗、微熱、寒気などの風邪の症状をともなう方に用いられる。
【大棗の医薬品】小建中湯: 小建中湯(ショウケンチュウトウ)は腹痛をやわらげ、胃腸の調子をよくしたり、体力をつけ、体を丈夫にする効能を持っている。このため、疲労倦怠、神経質、慢性胃腸炎、胃腸病、貧血症、腺病質、頻尿や、小児の虚弱体質・夜尿症・夜泣き・下痢・便秘・夜啼症を改善する。虚弱体質で疲れやすく、腹痛、動悸、手足のほてりや冷え、のぼせ、頻尿または多尿をともなう、顔色のすぐれない人に用いる。
【大棗の医薬品】小柴胡湯: 小柴胡湯(ショウさいこトウ)は胃腸や肝臓、呼吸器の働きを助け、また、身体の免疫機能を調整し、炎症をやわらげて身体の疲れをとるなどの効能がある。感冒、気管支炎、気管支喘息、胸部疾患、胸膜炎、リンパ節炎、胃腸虚弱、胃腸病、胃炎、腎臓病、貧血症、腺病質、産後の回復不全などを改善する。吐き気、食欲不振、疲労感、咳、微熱、頭痛、腹痛、胸やわき腹の圧迫感などをともなう人に用いられ、慢性肝炎における肝機能障害にも使用される。
【大棗の医薬品】参蘇飲: 参蘇飲(ジンソイン)は胃腸の働きを助け、風邪の諸症状を改善する。感冒や咳を改善し、頭痛、発熱、みぞおちのつかえ、嘔吐などをともなう、胃腸の弱い人に用いられる。
【大棗の医薬品】大柴胡湯: 大柴胡湯(ダイさいこトウ)は身体の熱や炎症をとり、痛みを和らげたり、便通をよくする効能がある。胃炎、胃酸過多症、胃腸カタル、胃腸病、便秘、高血圧、動脈硬化、肥満、胆石、胆のう炎、肋間神経痛、陰萎などを改善し、比較的体力があり、胸やわき腹の痛み、疲労感などをともなう、がっしりした体格の人に用いられる。
【大棗の医薬品】当帰四逆加呉茱萸生姜湯: 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)は血行をよくして、体をあたためる効能があり、冷えによる痛みをやわらげる。しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛、坐骨神経痛などを改善し、手足が冷え、足が冷えると足や下腹部に痛みがおこりやすい、貧血気味の人に用いられる。
【大棗の医薬品】麦門冬湯: 麦門冬湯(バクモントウトウ)は喉を潤し、咳を鎮める効能がある。痰の切れにくい咳、気管支炎、気管支喘息などを改善し、こみあげてくるような強い咳で、咳をすると顔が赤くなり、粘り気のある痰、喉の渇き、喉の異物感をともなう人に用いられる。
【大棗の医薬品】半夏瀉心湯: 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)は胃腸の働きを活発にし、急性・慢性胃腸カタル、下痢、消化不良、胃下垂、神経性胃炎、胃弱、胃アトニー、軽度の消化性潰瘍、二日酔い、げっぷ、胸焼け、口内炎、神経症、つわりを改善する。みぞおちのつかえ、吐き気、嘔吐、食欲不振、軟便、下痢などをともなう人に用いられる。
【大棗の医薬品】平胃散: 平胃散(ヘイイサン)は胃の働きをよくして、体内の水分循環を活性化する。そのため急性・慢性胃腸カタル、胃アトニー、胃炎、胃拡張、消化不良、食欲不振、口内炎の改善に用いる。
【大棗の医薬品】防已黄耆湯: 防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)は体内の水分循環を正常化して、疲れをとる効能がある。また、痛みを和らげる働きも持っているので、関節痛、関節炎、関節リウマチ、多汗症、腎炎、肥満症、ネフローゼ、妊婦腎、むくみ、皮膚病、筋炎、月経不順、陰のう水腫などの改善につかう。色白で筋肉にしまりの無い、疲れやすい、また、汗をかきやすい人に処方される。
【大棗の医薬品】補中益気湯: 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は胃腸の働きを活性化し、体力を回復をさせる働きがある。虚弱体質、疲労倦怠、病後の衰弱、結核性疾患・胸部疾患による体力の低下、夏やせ、胃弱、胃下垂、貧血症、低血圧症、多汗症、痔疾患、脱肛、子宮下垂、風邪を改善するため、胃腸の機能が低下して、食欲不振、頭痛、悪寒、倦怠感などをともなう、虚弱体質の人や体力の衰えている人に処方される。
【大棗の医薬品】補中益気湯: 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は胃腸の働きを活性化し、体力を回復をさせる働きがある。虚弱体質、疲労倦怠、病後の衰弱、結核性疾患・胸部疾患による体力の低下、夏やせ、胃弱、胃下垂、貧血症、低血圧症、多汗症、痔疾患、脱肛、子宮下垂、風邪を改善するため、胃腸の機能が低下して、食欲不振、頭痛、悪寒、倦怠感などをともなう、虚弱体質の人や体力の衰えている人に処方される。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano