hienai

冷えや冷え性の生薬:蘇葉(ソヨウ)は、漢方薬では感冒、気管支炎、神経痛、不眠、魚介類による中毒などに用いる。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  蘇葉(ソヨウ)

冷えや冷え性の生薬、蘇葉(ソヨウ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・蘇葉】 ... 発汗解表 行気寛中 解魚蟹毒
 

蘇葉(ソヨウ)のページ

蘇葉(ソヨウ)
● 蘇葉(ソヨウ)は、シソ科シソ属の植物。ビタミンAの含有量が高く、B1・B2・C、Ca・Feを含む。ヒマラヤやビルマ、中国などが原産で、食用にするのは青ジソと赤ジソである。青紫蘇を香味野菜として刺身のつまや天ぷらなどにするが、これは大葉(おおば)」とも呼ばれる。赤ジソの成分としては精油、アントシアン配糖体、フラボン類を含む。精油の「ペリアルデヒド」には、防腐・殺菌作用がある。
適応: 風邪 胃潰瘍
* * *
成分:
色素 - アントシアン配糖体の shisonin など
精油 - perillaldehyde, l-limonene, menthol など
その他 - caffeic acid, rosmarinic acidなど
薬理作用:
鎮静, 免疫賦活, 抗アレルギー, TNF産生抑制, 消化器系への作用, 抗菌
効能・用途: 漢方では去痰、鎮咳、健胃、発汗、解熱、解毒(抗アレルギー)作用があり、感冒、気管支炎、神経痛、不眠、魚蟹中毒の嘔吐腹痛に良いとされる。
* Key word *
去痰・鎮咳・健胃・発汗・解熱・解毒。漢方薬では感冒、気管支炎、神経痛、不眠、魚介類による中毒などに用いる。
※ 青ジソよりも、アントシアニンを含む赤ジソ。
◆ 蘇葉(ソヨウ)は、かぜ(内服)薬、鎮咳去痰薬、排泄系薬/痔疾患薬、に配合される。
添加物: l-ペリラアルデヒド
合成法で作られ、わずかに黄色の透明な液体で強いシソ様の香気。菓子類、ガム、あめ類、洋酒などの香料として広く使われる。 (食品衛生法では指定添加物)
【蘇葉の医薬品】香蘇散: 香蘇散(コウソサン)は感冒、頭痛、じんましん、神経衰弱、女性の更年期神経症、神経性月経困難症を改善する。胃腸が弱く、食欲不振、抑うつ、頭重、めまい、耳鳴り、などをともなう神経質な人によく用いられる。
【蘇葉の医薬品】参蘇飲: 参蘇飲(ジンソイン)は胃腸の働きを助け、風邪の諸症状を改善する。感冒や咳を改善し、頭痛、発熱、みぞおちのつかえ、嘔吐などをともなう、胃腸の弱い人に用いられる。
【蘇葉の医薬品】半夏厚朴湯: 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)は高ぶった神経を鎮め、心と身体の状態をよくし、咳や吐き気をおさえる働きもある。不安神経症、神経衰弱、神経症、恐怖症、不眠症、嘔吐症、更年期神経症、神経性胃炎、神経性頭痛、神経性食道狭窄症、神経性咽喉痛、胃弱、つわり、むくみ、咳、咳の発作、百日咳、気管支炎、気管支喘息、心臓喘息、しわがれ声などを改善する。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano