hienai

冷えや冷え性の生薬:桑白皮(ソウハクヒ)は、利尿・降圧・血糖降下作・解熱・鎮咳。漢方薬では気管支炎、喘咳などに用いる。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  桑白皮(ソウハクヒ)

冷えや冷え性の生薬、桑白皮(ソウハクヒ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・桑白皮】 ... 瀉肺平喘 行水消腫
 

桑白皮(ソウハクヒ) 別名:桑根白皮、桑根皮、白桑皮、桑皮
 

桑白皮(ソウハクヒ)
● 桑白皮(ソウハクヒ)は、クワ科クワ属の根の皮を乾燥させたもの。日本(長野、香川、徳島など) 、韓国が産地。果実は桑の実、マルベリーと呼ばれ、地方によっては桑酒として果実酒の原料となる。成分としてはトリテルペノイドのアミリン、ステロイド、フラボノイドのモルシンなどを含む。
適応: 高血圧 糖尿病 咳嗽
* * *
成分:
フラボノイド - morusin, mulberrofuran, cyclomorusin, sanggenon A~E, kuwanone A~H など
トリテルペノイド - α-amyrin, β-amyrin など
その他 β-sistosterol、脂肪酸、moran A など
薬理作用:
鎮痛, 抗炎症, 鎮咳, インターフェロン誘起, 血圧降下, 血糖降下, 抗腫瘍
効能・用途: 桑白皮(ソウハクヒ)は、利尿、血圧降下、血糖降下作用、解熱、鎮咳作用があり、消炎性利尿、解熱、鎮咳薬として気管支炎、喘咳などに良いとされる。
* Key word *
利尿・降圧・血糖降下作・解熱・鎮咳。漢方薬では気管支炎、喘咳などに用いる。

◆ 桑白皮(ソウハクヒ)は、鎮咳去痰薬に配合される。
産地: 中国、日本。
マグワ根皮: 桑白皮(ソウハクヒ)のこと。含まれるフラボノイドにメラニンの生成を抑制する働きがあり、シミ・ソバカスを防ぐ美白効果が期待できるため、保湿剤としてスキンケア化粧品などに使用されている。
クワの葉(生): 桑の葉には1-デオキシノジリマイシン(DNJ)という成分が含まれている。現在この成分は、桑以外の植物では未確認の桑特有の成分。このDNJは、ブドウ糖の吸収を抑え食後血糖値を制御する働きがある。
【桑白皮の医薬品】五虎湯: 五虎湯(ゴコトウ)は気管支を通りやすくしたり、痰を出しやすくして咳や気管支喘息を改善する。比較的体力がある人に用いられる。
【桑白皮の医薬品】清肺湯: 清肺湯(セイハイトウ)はのどや気管の炎症を和らげて、粘性な痰を出しやすくして咳を鎮める働きがある。痰がからんで切れにくく、喉の痛み、声のかれなどをともなう、体力の衰えている人や高齢者に用いられる。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano