hienai

冷えや冷え性の生薬:蝉退(ゼンタイ)は、解熱・鎮痙。漢方薬では風邪などの発熱・悪寒・解熱、蕁麻疹、炎症に用いる。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  蝉退(ゼンタイ)

冷えや冷え性の生薬、蝉退(ゼンタイ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・蝉退】 ... 疏散風熱 利咽喉 退目翳 定驚カン
 

蝉退(ゼンタイ) 別名:蝉殻(センカク)、蝉脱(センダツ)、蝉衣(センイ)
 

蝉退(ゼンタイ)
● 蝉退(ゼンタイ)は、セミ科クマゼミ、アブラゼミその他大型セミ科の幼虫の全脱皮体。一般に小児科領域で用いることが多く、内科・眼科でも用いる。インターフェロン誘起作用・解熱・鎮咳効果などがある。成分にキチン質を大量に含む。
適応: 悪寒・発熱 咽喉炎 結膜炎 皮膚掻痒症
* * *
成分:
キチン質など
薬理作用:
抗痙攣・鎮静作用, インターフェロン誘起作用
効能・用途: 蝉退(ゼンタイ)は、解熱作用、鎮痙作用があり、風邪などの発熱、悪寒に解熱、ジンマシンなどの皮膚掻痒症、咽喉炎、結膜炎などの炎症に良いとされる。(インターフェロン誘起作用)
* Key word *
解熱・鎮痙、 漢方薬では風邪などの発熱・悪寒・解熱、蕁麻疹、咽喉炎、結膜炎などに用いる。
蝉退の処方例(医薬品)【消風散】: 消風散(ショウフウサン)とは皮膚のかゆみや赤みを改善する働きがあり、慢性の皮膚病(湿疹、じんましん、あせも、水虫、皮膚掻痒症)を改善する。患部からの分泌物が多く、強いかゆみをともなって、特に夏期や温暖時に症状が悪化しやすい人に用いられる。
産地: 中国、日本。
キチン質:
蝉退の成分でハッキリしているのはキチン質。カニやエビの殻などにも含まれるキチンは、動物性の食物繊維で、サプリメントでは脂肪・塩素・重金属の排泄と免疫力強化に働くキチン・キトサンとして知られ、ダイエット、血圧・コレステロール、腸内代謝改善に効果があるといわれる。バイオマス資源としても注目のカニやエビだが、セミの抜け殻はすでに資源化されているということか? 蝉退の産地で生産量が多いのは、中国の山東省と河北省。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano