hienai

冷えや冷え性の生薬:小麦(ショウバク)は、口渇・排尿障害。漢方薬ではヒステリーや小児の夜泣き、てんかんの大発作に効果。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  小麦(ショウバク)

冷えや冷え性の生薬、小麦(ショウバク)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・小麦】 ... 止汗 養心安神
 

小麦(ショウバク)のページ
 

小麦(ショウバク)
● 小麦(ショウバク)は、イネ科コムギ属に属するコムギの種子。米、トウモロコシと共に三大穀物の一つ。中国、インド、ロシア、アメリカで世界の生産量の約半分を占めている。成分にデキストロース・サッカロースなどを含む。
適応: 口渇 排尿障害
* * *
成分:
糖、澱粉、デキストリン、脂肪、蛋白質など

薬理作用:
中枢抑制作用, 抗腫瘍作用
効能・用途: 小麦(ショウバク)は、漢方薬では鎮静作用 安眠作用があり、安静薬としてよいとされる。
* Key word *
口渇・排尿障害 (漢方薬では:ヒステリー・小児の疳の虫など)
小麦の処方例(医薬品)【甘麦大棗湯】: 甘麦大棗湯(カンバクタイソウトウ)は小児の夜泣き、ひきつけ、神経症、不眠症などを改善する効果がある。
ショウバク:
・日本国内においては、価格統制が存在する唯一の穀物
・品質が劣るものや製粉の際に出るふすまは家畜の飼料
・小麦の種子のおもな成分:澱粉約55%、蛋白質約10% 水分約12%
(胚乳80%、皮16%、胚芽2%)
・小麦の蛋白質は水溶性の小麦アルブミンで身体のアミラーゼ(酵素)の働きを緩やかにする。 → 急激な血糖値上昇を抑える
・ショウバクは強力粉と薄力粉の中間のものを選ぶ。
・小麦は栽培時期等によって以下のように区別される。
 ・播種時期 - 春播き小麦、秋播き小麦
 ・粒の色 - 赤小麦、白小麦
 ・粒の硬さ - 硬質小麦(強力粉)、中間小麦、軟質小麦(薄力粉)
・FAOSTATによると、2006年の世界生産量は6億0595万トン。これは米の生産量(6億3461万トン)に匹敵する。トウモロコシ(6億9523万トン、2006年)についで生産量の多い農作物である。
・ 上位5カ国、すなわち、中華人民共和国、インド、アメリカ合衆国、ロシア、フランスで総生産量のちょうど5割を生産している。
・日本の生産量は、86万300トン(2005年)、うち北海道での生産が全体の65%を占める。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano