hienai

冷えや冷え性の生薬:十薬(ジュウヤク/ドクダミ)は肺炎や気管支炎・腸炎・膀胱炎・腫れ物・痔・脱肛などに効果。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  十薬(ジュウヤク)

冷えや冷え性の生薬、十薬(ジュウヤク)(ドクダミ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・十薬】 ... 清熱解毒
 

十薬(ジュウヤク)のページ
 

十薬(ジュウヤク)
● 十薬(ジュウヤク)は、十薬、重薬、魚腥草、ジュウ菜、ドクダミといい、ドクダミ科の多年草で、民間薬として慣れ親しまれている。民間では生の葉も用いるが、漢方では天日乾燥し、乾燥後に葉の緑色の残っている物は上品とされる。消炎、抗化膿、利尿など、多くの効能の効果があり、ゲンノショウコ、センブリとともに、日本三大薬草の1つとなる生薬。 ジュウヤクの葉にはクエルチトリン、花・実にイソクエルチトリンを含む。
適応: 便秘 動脈硬化 急性腎炎
* * *
成分:
精油 - decanoylacetaldehyde, methylnonylketone, α-pinene, limonene など
フラボノイド - quercetin, quercitrin など
その他 - カリウム塩など
薬理作用:
中枢作用, 血小板凝集抑制, 抗炎症, 抗菌
効能・用途: 乾燥してつくられる十薬は、緩下作用や利尿作用・毛細血管を丈夫にする作用があり、漢方では清熱・解毒・利水・消腫の効能があるとされ、肺炎や気管支炎・腸炎・膀胱炎・腫れ物・痔・脱肛などに用いる。
民間で一般に飲まれているドクダミ茶は、便秘・高血圧・,皮膚病など、体質改善が目的となる。また、ドクダミのエキスを抽出したドクダミ風呂は、あせも・しっしんなどに良いとされる。
* Key word *
肺炎や気管支炎・腸炎・膀胱炎・腫れ物・痔・脱肛

◆ 十薬(ジュウヤク)は、潙下薬に配合される。
生葉には ... : ドクダミの生葉には、デカノイルアセトアルデヒド(強い抗菌作用)やラウリノールアルデヒド、クロロフィル(皮膚組織を再生する作用)などが含まれるが、生薬などのように乾燥させるとなくなる。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano