hienai

冷えや冷え性の生薬、芍薬(シャクヤク)

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  芍薬(シャクヤク)

冷えや冷え性の生薬:芍薬(シャクヤク)は、腹痛、腹満、身体手足の疼痛、下痢、冷え症や婦人病に良い。


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・芍薬】 ... 清熱涼血 活血去オ
 

芍薬(シャクヤク) 別名:川白勺、赤芍、真芍、生干芍薬

芍薬(シャクヤク)
● 芍薬(シャクヤク)は、キンポウゲ科、ボタン科シャクヤクまたは近縁種の肥大根。アジア大陸北東部の原産。おもな成分は、ペオニフロリン・安息香酸・ガロタンニンなど。芍薬のおもな作用は、ペオニフロリンの鎮静、鎮痛、抗炎症、体温下降などの作用によるもの。
適応: 筋肉が硬くひきつれ 腹痛 頭痛
* * *
成分:
モノテルペン配糖体 - paeoniflorin, oxypaeoniflorin, benzoylpaeoniflorin, albiflorin など
その他 - paeonolとその配糖体paeonoside、タンニン、sucrose など

薬理作用:
鎮静・鎮痙・鎮痛作用, 末梢血管拡張, 抗炎・抗アレルギー, 免疫賦活, 胃腸運動促進, 抗潰瘍作用, 抗変異原性, 血液凝固抑制, 筋弛緩
効能・用途: 芍薬(シャクヤク)には、鎮痛作用、鎮痙作用があり、腹痛、腹満、身体手足の疼痛、下痢、冷え症や婦人病に良いとされる。
* Key word *
鎮静・鎮痛・抗炎症・体温下降・抗菌
産地: 日本各地、中国。
シャクヤク根エキス: シャクヤクの根から抽出精製した植物エキスは、抗炎症、収れんなどの作用を持つ成分を含んでいる。過酸化脂質抑制作用、細胞賦活作用、抗酸化作用などもあるといわれ、化粧品では保湿や肌荒れ予防の目的で使用される。
【芍薬の医薬品】芍薬は多くの処方があります: 芍薬甘草湯、当帰芍薬散(料)、温経湯、温清飲、葛根湯、葛根湯加川芎辛夷、加味逍遥散、荊芥連翹湯、桂枝加芍薬湯、桂枝加芍薬大黄湯、桂枝加竜骨牡蛎湯、桂枝茯苓丸、五積散、柴胡桂枝湯、七物降下湯、四物湯、十全大補湯、小建中湯、小青竜湯、真武湯、疎経活血湯、大柴胡湯、当帰飲子、当帰四逆加呉茱萸生姜湯、人参養栄湯、防風通聖散、麻子仁丸、薏苡仁湯など
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano