hienai

えや冷え性の生薬:酸棗仁(サンソウニン)は精神安定・虚弱体質の多汗・鎮静/安眠などに。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  酸棗仁(サンソウニン)

冷えや冷え性の生薬、酸棗仁(サンソウニン)


* 神経強壮、鎮静、催眠薬として用いられる
* 不安、動悸、不眠など心の虚と関連するあらゆる症状に使用される
* 【中医学薬能・酸棗仁】 ... 養肝 寧心 安神 斂汗
 

酸棗仁(サンソウニン) 別名:サトウナツメヤシ サネブトナツメ
 

酸棗仁(サンソウニン)
● 酸棗仁(サンソウニン)は、クロウメモドキ科の落葉高木で、ナツメの種子を言う。果実は乾燥させ(乾しなつめ)たり、菓子材料として食用にされる。また漢方薬としても用いられる。ナツメを乾燥したものは大棗(タイソウ)、種子は酸棗仁(サンソウニン)と称する生薬である。成分は、脂肪酸、ステロイド、サポニンなど。
適応: 不眠 健忘症
* * *
成分:
脂肪酸 - palmitic acid, stearic acid, oleic acid, linolenic acid など
ステロイド - β-sitosterol など
サポニン - jujuuboside A, B, C など
フラボノイド - spinosin, swertisin, acylspinosin など
薬理作用:
中枢抑制作用, 抗ストレス作用
効能・用途: 酸棗仁(サンソウニン)には、鎮静作用 催眠作用 鎮痛作用 血圧降下作用 体温降下作用などがあり、神経強壮、鎮静、催眠薬として、心因性神経性の不眠症、健忘症、口渇、虚弱体質者の多汗症などに使わるる 。
* Key word *
精神安定・多汗・鎮静/安眠

◆ 酸棗仁(サンソウニン)は、催眠鎮静薬に配合される。
睡眠の調整機能:
ストレスなどによる交感神経と副交感神経バランスの乱れが不眠や過眠として現れる場合が多い。漢方では睡眠治療薬として酸棗仁(サンソウニン)と言う 生薬がよく用いられる。有機酸を多量に含む酸棗仁(サンソウニン)には、睡眠の調整機能があり、西洋薬の睡眠導入薬と違いは、睡眠と能眠の両方に作用すると言われる。
処方には、「酸棗仁湯」や「温胆湯」などあある。
【酸棗仁の医薬品】加味帰脾湯: 加味帰脾湯(カミヒキトウ)は、貧血、不眠症、精神不安、神経症などの症状を改善する効果が期待される漢方薬の一つ。特に虚弱体質の方に処方される。
【酸棗仁の医薬品】酸棗仁湯: 酸棗仁湯(サンソウニントウ)は神経をしずめて、不眠を解消する。このため心身が疲れている人の不眠症を改善し、神経過敏で不安などをともなう、体力の衰えている人に用いられる。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano