hienai

冷えや冷え性の生薬:山椒はミカン科サンショウ属の実。利尿,殺虫,抗菌の作用があり、食欲不振、胃炎、むくみ、咳などに。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  山椒(サンショウ)

冷えや冷え性の生薬、山椒(サンショウ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・山椒】 ... 温中 止痛  去湿 駆回
 

山椒(サンショウ)のページ
 

山椒(サンショウ)
● 山椒(サンショウ)は、ミカン科サンショウ属の落葉低木。別名、ハジカミ。若葉は食材として木の芽の名称である。若芽・若葉(木の芽)は緑が鮮やかであるため、懐石料理などの彩りとして添えられる。漢方で「花椒」は蜀椒とも呼ばれる。実・若芽を香辛料として用いる。中国では実を花椒(ホアジャオ)と呼び、古くから香辛料として使われていた。実の主な辛味成分はサンショオールとサンショアミド。他にゲラニオールなどの芳香精油、ジペンテン、シトラールなどを含んでいる。
適応: 腹の中の冷えや痛み
* * *
成分:
精油 - dl-limonene, citronellal など
辛味成分 - sanshool, sanshoamide など
その他 - xanthoxylin, xanthoxin, sanshotoxin, タンニンなど
薬理作用:
環状ヌクレオチドに対する作用, 抗腫瘍活性, 免疫活性, 局所麻酔, 子宮に対する作用, 蛋白質消化, 血流増加, 抗菌
効能・用途: 山椒(サンショウ)には、健胃、鎮痛、駆虫作用があるとされる。
※ 成分のサンショオールやサンショウアミドは大脳を刺激して、内臓器官の働きを活発にする作用があるとされ、胃腸の働きの弱くなった消化不良や消化不良が原因の胸苦しさ、みぞおちのつかえ、腹の冷え、腹部のガスの停滞、それに伴う腹痛に効果があるといわれている。
* Key word *
食欲不振・胃炎・むくみ・咳
七味唐辛子: 七味唐辛子は、トウガラシ、山椒(サンショウ)、胡麻(ごま)、麻子仁(マシニン/麻の実)、陳皮(チンピ)、罌粟子(オウゾクシ/ケシの実)、紫蘇子(シソシ)の7種類から成る薬味調味料。また、スリコギ棒の材料にはサンシュウ(山椒の木のこと)の太い枝が使われていた。
【山椒の医薬品】大建中湯: 大建中湯(ダイケンチュウトウ)は腹痛やお腹の張りを和らげ、身体をあたためて胃腸の働きを助ける効能がある。胃下垂、胃アトニー、弛緩性下痢、弛緩性便秘、慢性腹膜炎、腹痛を改善し、腹が冷えて痛み、腹部の膨張感や嘔吐をともなう人に用いられる。
【山椒の医薬品】当帰湯: 当帰湯(トウキトウ)は身体をあたため、痛みを和らげる効能があり、冷え性で背中に悪寒をおぼえ、腹部膨張間や腹痛などをともなう、比較的体力の衰えている人に用いられる。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano
 
 
amazon