hienai

冷えや冷え性の生薬:山茱萸(サンシュユ)は、ミズキ科サンシュユの果肉。強壮・視力低下・排尿障害・倦怠感・腰痛に。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  山茱萸(サンシュユ)

冷えや冷え性の生薬、山茱萸(サンシュユ)


* 滋養強壮薬として、インポテンツ・頻尿・脚気などに用いる
* 血圧降下・補腎・腰痛・止血にも応用される
* 【中医学薬能・山茱萸】 ... 補益肝腎、渋精、斂汗
 

山茱萸(サンシュユ) 別名:ハルコガネバナ アキサンゴ
 

山茱萸(サンシュユ)
● 山茱萸(サンシュユ)は、ミズキ科ミズキ属サンシュユの果肉を乾燥したもの。成分は、モノテルペン配糖体・トリペノイド・サポニン・リンゴ酸など。
適応: 精力減退 冷え 尿量減少 頭痛 耳鳴り
* * *
成分:
イリドイド配糖体 - morroniside, loganin, sweroside など
トリテルペノイド - ursolic acid, oleanolic acid など
サポニン - cornin など
タンニン - tellimagrandin I・II, isoterchebin, cornusiin A~C など
有機酸 - tartaric acid, malic acid, gallic acid など
薬理作用:
血糖・尿糖の改善, 抗アレルギー, 免疫賦活, 肝障害改善, 抗腫瘍, 抗ウィルス,
効能・用途: 山茱萸(サンシュユ)には、補血作用、強壮作用、止汗作用、止尿作用、滋養作用があり、強精薬、止血、解熱薬として良いとされる。
※ 夜間尿を止める作用、強精作用、血糖降下作用の中心的な生薬。
* Key word *
強壮・視力低下・排尿障害・倦怠感・腰痛
八味丸(六味丸): 山茱萸は、肝や腎に働き、足腰の痛みや性機能低下や目まいや耳鳴りなどに、また、渋みが夜尿や頻尿なども効果をもつ。 このため、老化現象一般を防止するといわれる八味丸(六味丸)などに含まれて中心的な働きをしている。 また、山茱萸酒をつくっておけば、八味丸を服用するのと同じ働き、老化防止・滋養強壮に効果がある。
産地: 中国、韓国、日本。
【山茱萸の医薬品】牛車腎気丸: 牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)は体力をつけ、水分循環を改善する。下肢痛、腰痛、しびれ、かすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみなどの症状に用いられ、手足のひえ、尿量の減少または多尿、口の乾きなどがある高齢の人に用いられる。
【山茱萸の医薬品】八味地黄丸: 八味地黄丸(ハチミジオウガン)は身体の弱った機能を助ける働きがある。下肢痛、腰痛、五十肩、肩こり、しびれ、坐骨神経痛、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ、水腫、糖尿病、動脈硬化、腎炎、ネフローゼ症候群、萎縮腎、膀胱カタル、脚気、更年期障害、低血圧、高血圧、前立腺肥大、陰萎、老人のかすみ目、老人性湿疹などを改善する。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano