hienai

冷えや冷え性の生薬:柴胡はセリ科ミシマさいこの根。肝臓の薬。解熱・鎮痛・消炎作用、自律神経失調症の主剤に使われる。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  柴胡(さいこ)

冷えや冷え性の生薬、柴胡(さいこ)


* 解熱、解毒、鎮痛、消炎薬として用いられる
* 胸脇苦満を治す要薬で、黄ゴンとペアでもちいられることが多い
* 【中医学薬能・柴胡】 ... 解表 解熱 疏肝解うつ 升挙陽気
 

柴胡(さいこ) 別名:マンシュウミシマさいこ ホソバミシマさいこ
 

柴胡(さいこ)
● 柴胡(さいこ)は、セリ科ミシマさいこ属ミシマさいこの根などを乾燥したもの。おもな成分はさいこサポニン。日本に野生しているが、生薬の生産は栽培による。別名のミシマさいこ、静岡県の三島付近に良質のものを産したことからこの名がある。 現在では日本産のミシマさいこを韓国で栽培し、輸入した品をいうことが多い。唐柴胡は、中国輸入品の市場名で、原植物の基原を異にする。
適応: みぞおちのつかえ感や緊張
* * *
成分:
サポニン - saikosaponin a~f など
ステロール - α-spinasterol, stigmasterol など
脂肪酸 - palmitic acid, stearic acid, oleic acid, linoleic acid, lignoceric acid など
その他 - adonitol, l-anomalin, arginine など
薬理作用:
中枢抑制作用, 抗消化性潰瘍, 肝障害改善, 抗炎症・抗アレルギー, ステロイド様作用, ステロイド剤副作用防止, 脂質代謝改善, 抗ストレス, インターフェロン誘起
効能・用途: 柴胡(さいこ)は、解熱、鎮痛、消炎作用があり、胸脇苦満、往来寒熱を呈す疾患(マラリア、黄疸、胸腹部もしくは脇下部の痛み、肝炎など)に他剤と配合して使うと良いとされる。
※ 柴胡(さいこ)は主に肝臓の薬として使われ、肝機能のアンバランスを調整する。熱は、ストレスやアレルギー性のものに効果があるという。
* Key word *
解熱・鎮痛・消炎作用があり、みぞおちのつかえ感や緊張

◆ 柴胡は、かぜ(内服)薬、鎮咳去痰薬、排泄系薬/痔疾患薬、などに配合される。
自律神経失調症:
自律神経失調症(不定愁訴症)あるいは更年期障害などに利用される、柴胡剤(さいこざい)といわれるカテゴリーがある。 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)や抑肝散(よっかんさん)などの処方によるもので、主剤は柴胡(さいこ)。気がストレスなどでうまく巡らず滞っている状態だと、イライラやみぞおちあたりが苦しい、肩がひどくこる、耳鳴りがする、体がだるい、食欲の異常、物音に敏感になる、不眠、などの症状を改善するという。
毎日の栄養補給に。【鉄・カルシウム・マグネシウム・ビタミン配合】
大正製薬 アルフェミニ 
【柴胡の医薬品】大柴胡湯: 大柴胡湯(ダイサイコトウ)は身体の熱や炎症をとり、痛みを和らげたり、便通をよくする効能がある。胃炎、胃酸過多症、胃腸カタル、胃腸病、便秘、高血圧、動脈硬化、肥満、胆石、胆のう炎、肋間神経痛、陰萎などを改善し、比較的体力があり、胸やわき腹の痛み、疲労感などをともなう、がっしりした体格の人に用いられる。
【柴胡の医薬品】小柴胡湯: 小柴胡湯(ショウサイコトウ)とは胃腸や肝臓、呼吸器の働きを助け、また、身体の免疫機能を調整し、炎症をやわらげて身体の疲れをとるなどの効能がある。感冒、気管支炎、気管支喘息、胸部疾患、胸膜炎、リンパ節炎、胃腸虚弱、胃腸病、胃炎、腎臓病、貧血症、腺病質、産後の回復不全などを改善する。吐き気、食欲不振、疲労感、咳、微熱、頭痛、腹痛、胸やわき腹の圧迫感などをともなう人に用いられ、慢性肝炎における肝機能障害にも使用される。
【柴胡の医薬品】柴胡桂枝湯: 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)は身体の熱や炎症をやわらげ、痛みを取り除く効能がある。このため、感冒、胃腸炎、胃痛、胃酸過多症、神経痛、腹痛、胸膜炎や、消化性潰瘍・胆のう炎・胆石・肝機能障害・すい臓炎などのけいれん性の痛みも改善する。自然発汗、微熱、寒気などの風邪の症状をともなう方に用いられる。
【柴胡の医薬品】乙字湯: 乙字湯(オツジトウ)は、痔核、切れ痔、脱腸、便秘などの症状を改善する効果がある。特に、便秘症かつ症状がそれほど重くない方に利用される。
【柴胡の医薬品】加味帰脾湯: 加味帰脾湯(カミヒキトウ)は、貧血、不眠症、精神不安、神経症などの症状を改善する効果が期待される。特に虚弱体質の方に処方される。
【柴胡の医薬品】加味逍遙散: 加味逍遙散(カミショウヨウサン)は、冷え性、月経不順、月経困難、更年期障害、神経症、不眠症、胃アトニー、胃下垂、胃拡張、便秘症、湿疹などを改善する効果がある。
【柴胡の医薬品】荊芥連翹湯: 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)は蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきびを改善する。手や足に汗をかきやすく、化膿や炎症がおこりやすい、比較的体力のある人に用いられる。
【柴胡の医薬品】柴胡桂枝乾姜湯: 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)は身体の熱や炎症をひかせて、神経の疲れを改善する。更年期障害、神経症、神経衰弱、不眠症や感冒、心臓衰弱、貧血症など心と身体、両方の状態を整える。貧血気味だったり冷えや動悸、息切れ、疲労倦怠感、食欲不振などをともなう体力がない人に用いられる。
【柴胡の医薬品】柴胡加竜骨牡蛎湯: 柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)は神経を落ち着かせて心と身体、両方の状態を改善する。高血圧症、動脈硬化、神経症、神経衰弱、ヒステリー、不眠症、更年期神経症、腎臓病、心臓衰弱、てんかん、小児の夜泣き、陰萎などの症状に効果がある。精神面の関係する不安、動悸、不眠、めまい、のぼせなどをともなう比較的体力のある人に用いられることが多い。
【柴胡の医薬品】十味敗毒湯: 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)とは皮膚の赤みやかゆみを発散して、腫れや化膿を抑える働きがあり、初期の化膿性皮膚疾患、初期の急性皮膚疾患、じんましん、急性湿疹、みずむし、にきび、とびひ、乳房炎などを改善する。アレルギー性の湿疹などを起こしやすい、比較的神経質な人に用いられる。
【柴胡の医薬品】補中益気湯: 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は胃腸の働きを活性化し、体力を回復をさせる働きがある。虚弱体質、疲労倦怠、病後の衰弱、結核性疾患・胸部疾患による体力の低下、夏やせ、胃弱、胃下垂、貧血症、低血圧症、多汗症、痔疾患、脱肛、子宮下垂、風邪を改善する。胃腸の機能が低下して、食欲不振、頭痛、悪寒、倦怠感などをともなう、虚弱体質の人や体力の衰えている人に処方される。
【柴胡の医薬品】抑肝散加陳皮半夏: 抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ)は高ぶった神経を鎮めたり、筋肉のこわばりをほぐしてくれる働きがある。神経症、不眠症、更年期障害、高血圧・動脈硬化による神経症状、小児の夜泣き、小児疳症の改善に用いられる。
毎日の栄養補給に。【鉄・カルシウム・マグネシウム・ビタミン配合】
大正製薬 アルフェミニ 
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano