hienai

冷えや冷え性の生薬:牛蒡子はキク科のゴボウの種子。扁桃腺炎など風邪の諸症状や糖尿病に効果。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  牛蒡子(ゴボウシ)

冷えや冷え性の生薬、牛蒡子(ゴボウシ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・牛蒡子】 ... 疏散風熱 去オ止咳 清熱解毒
 

牛蒡子(ゴボウシ) 別名:悪実(アクジツ)
 

牛蒡子(ゴボウシ)
● 牛蒡子(ゴボウシ)は、キク科のゴボウの種子を乾燥したもの。古く中国から農作物として渡来したといわれる。牛蒡は食材として「根」をつかったキンピラゴボウは有名。「根」を食べるのは日本だけで、「葉」はヨーロッパではサラダに使う。種子部分の成分には、リグナン誘導体アクチゲニン、アクチイン、マライレジノール、ラッパオールなどを含んでいる。
適応: 咽喉部の塞がり 腫脹 疼痛
* * *
成分:
リグナン誘導体:arctigenin, arctiin, lappaol A~F など

薬理作用:
子宮筋収縮作用, 脂質代謝改善作用
効能・用途: 牛蒡子(ゴボウシ)は、去痰作用、排膿作用などがあり、強直性痙攣誘発、心臓運動抑制、血管拡張、一過性血圧低下 、解毒、去痰、消炎薬として良いとされる。
現代では、 一般に、風邪や湿疹や慢性炎症やアトピー体質の治療に使われることが多く、中薬図鑑では抗菌作用、解毒作用、血糖値降下作用、利尿作用、呼吸器強化作用が挙げられ、扁桃腺炎など風邪の諸症状や糖尿病に有効としている。
また、種や根の繊維質に含まれるArctiin Arctigeninは、HIVの働きを抑制する報告がある。
* Key word *
扁桃腺炎など風邪の諸症状・糖尿病

◆ 牛蒡子(ゴボウシ)は、かぜ(内服)薬に配合される。
リグナン: リグナンとは水溶性食物繊維の一種で、顕花植物の茎や根、種子などに配糖体や遊離の状態で存在。例えば、ゴマに含まれるセサミンやセサミノールもリグナン類で、抗酸化作用や抗腫瘍効果が知られている。
産地: 中国、日本、韓国。
【牛蒡子の医薬品】柴胡清肝湯: 柴胡清肝湯(さいこセイカントウ)は炎症をやわらげたり、血行をよくする効能と神経を鎮める身体と心、両面の状態をよくする効能を持つ。かんの強い小児の神経症、慢性扁桃炎・湿疹や、虚弱体質の人の慢性胃腸病・貧血・頸部リンパ節炎・肺門リンパ節炎・扁桃肥大・神経症などを改善する。
【牛蒡子の医薬品】消風散: 消風散(ショウフウサン)とは皮膚のかゆみや赤みを改善する働きがあり、慢性の皮膚病(湿疹、じんましん、あせも、水虫、皮膚掻痒症)を改善する。患部からの分泌物が多く、強いかゆみをともなって、特に夏期や温暖時に症状が悪化しやすい人に用いられる。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano