hienai

冷えや冷え性の生薬:呉茱萸はミカン科ゴシュユなどの未成熟果実。冷え性,神経痛,リウマチ,婦人病など、抗ガン作用もあるという。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  呉茱萸(ゴシュユ)

冷えや冷え性の生薬、呉茱萸(ゴシュユ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・呉茱萸】 ... 温中散寒 下気止痛
 

呉茱萸(ゴシュユ)のページ
 

呉茱萸(ゴシュユ)
● 呉茱萸(ゴシュユ)は、ミカン科ゴシュユ・ホンゴシュユの未成熟果実。中国原産で、新鮮な物は嘔吐を催す事もあり、採取後1年以上経過した物を用いる。成分には、アルカロイド(エポジアミン・ルテカルピン・エポカルピンなど)、精油、苦味成分などがある。
適応: 冷え性, 神経痛, リウマチ, 婦人病
* * *
成分:
アルカロイド - evodiamine, rhetsinine, rutaecar-pine, dehydroevodiamine, synephrine, higenamine,evocarpine など
精油 - evodene, limonin, rutaevin, evodol など
その他 - cyclic GMP など
薬理作用:
循環器系に対する作用, 強心, 脳に対する作用, 抗酸素欠乏, 体温上昇, 子宮収縮, カルシウム拮抗, 鎮痛, インターフェロン誘起
効能・用途: 呉茱萸(ゴシュユ)は、体を温める作用や鎮痛作用などあり、冷え症状や血行障害、頭痛や腹痛や生理痛にも良いとされている。また、ゴシュユに含まれるアルカロイドのエボジアミンには抗がん作用があると言う。
・虚寒による腹痛や脇痛の常備薬。下腹部痛や生理痛・下剤などに効果。
・民間では浴場料として知られる。
* Key word *
冷え性・神経痛・リウマチ・婦人病・抗ガン作用
産地: 中国、日本。
【シモラS(当帰四逆加呉茱萸生姜湯)】小太郎漢方のエキス錠
有効成分:トウキ・ゴシュユ・モクツウ・シャクヤク・タイソウ・カンゾウ・ケイヒ・ショウキョウ・サイシンなど
【呉茱萸の医薬品】温経湯: 温経湯(ウンケイトウ)は、月経不順や月経困難、月経痛、更年期障害、神経症、頭痛、腰痛などの症状を改善する。
【呉茱萸の医薬品】呉茱萸湯: 呉茱萸湯(ゴシュユトウ)は身体を温め、頭痛などを抑える効果があり、頭痛、片頭痛、頭痛にともなう吐き気、嘔吐、脚気、しゃっくり、衝心などを改善する。手足のひえ、胃部圧迫感や吐き気、首のこりなどをともなう体力の衰えている人に用いられる。
【呉茱萸の医薬品】当帰四逆加呉茱萸生姜湯: 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)は血行をよくして、体をあたためる効能があり、冷えによる痛みをやわらげる。しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛、坐骨神経痛などを改善し、手足が冷え、足が冷えると足や下腹部に痛みがおこりやすい、貧血気味の人に用いられる。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano