hienai

冷えや冷え性の生薬:苦参(クジン)はマメ科クララの根。頭痛や発熱 軽い悪寒 発汗し痛みがあるときによい。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  苦参(クジン)

冷えや冷え性の生薬、苦参(クジン)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・苦参】 ... 清熱燥湿、去風殺虫
 

苦参(クジン) 別名:クララ
 

苦参(クジン)
● 苦参(クジン)は、マメ科クララの根。マトリン・オキシマトリンなど数種のアルカロイドとフラボノイドを含む。
適応: 頭痛や発熱 軽い悪寒 発汗し痛みがあるとき
* * *
成分:
アルカロイド - matrine, oxymatrine, sophoranol など
フラボノイド - xanthohumol, kurarinone, kuraridin, kuraridinol, kurarinol など

薬理作用:
血圧降下, 抗消化性潰瘍, 中枢抑制, ホスフォジエステラーゼ(PDE)に対する阻害作用, 肝障害抑制, 止血, 免疫賦活, 抗面皰
効能・用途: 苦参(クジン)は、発汗作用、発散作用などがあり、解熱、鎮痛、止血、抗炎症、皮膚疾患に良いとされる。荊芥連翹湯(けいがいレンギョウとう)、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)などの漢方方剤に配合される。
* Key word *
頭痛や発熱・軽い悪寒・汗をがいて痛みがある・炎症や細菌性の下痢,排尿障害・湿疹や皮膚ソウ痒症
産地: 中国、韓国、日本。
クララエキス: 化粧品ではクララエキスと呼ばれ、抗菌、美白、収れん、ニキビ・肌荒れ予防の効果や、血行促進と毛根細胞を活性化する効果があるといわれている。近年、皮膚のハリや弾力を低下させる酵素エラスターゼの働きを抑制する作用も明らかになっており、保湿剤としてスキンケア化粧品やヘアーケア化粧品などに配合されている。
【苦参の医薬品】消風散: 消風散(ショウフウサン)とは皮膚のかゆみや赤みを改善する働きがあり、慢性の皮膚病(湿疹、じんましん、あせも、水虫、皮膚掻痒症)を改善する。患部からの分泌物が多く、強いかゆみをともなって、特に夏期や温暖時に症状が悪化しやすい人に用いられる。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano