hienai

冷えや冷え性の生薬、杏仁(キョウニン)はバラ科アンズの種子にある「さね」。呼吸困難、咳嗽、息切れ、胸痛などに良い。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  杏仁(キョウニン)

冷えや冷え性の生薬、杏仁(キョウニン)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・杏仁】 ... 潤肺止咳 潤腸通便
 

杏仁(キョウニン) 別名:アンズの種
 

杏仁(キョウニン)
● 杏仁(キョウニン)は、バラ科アンズの種子の中にある仁(さね)を取り出したもの。漢方薬の薬味として使うときは「キョウニン」、菓子などに使うときは「あんにん」と発音する。苦みの強い苦杏仁(くキョウニン)と、甘みのある甜杏仁(てんキョウニン)があり、前者は薬用に、後者は杏仁豆腐(あんニンドウふ)などのお菓子の材料として用いられている。おもな成分として、オレイン酸などの脂肪油が30~50%、アミグダリン(青酸配糖体)が約3%含まれている。
適応: 呼吸困難, 咳嗽, 息切れ, 胸痛
* * *
成分:
青酸配糖体 - amygdalin など
脂肪酸 - oleic acid など
ステロイド - estrone, estradiol-17-β など
その他 - 酵素の emulsin など
薬理作用:
ホルモン様作用, 鎮咳, 消化管運動促進, 解熱, 抗変異原活性
効能・用途: 杏仁(キョウニン)は、鎮咳作用(症状を緩和させる作用)、去痰作用(痰を切る)、潤腸作用(便秘治療)などがあり、鎮咳剤・去痰剤として良いとされる。
* Key word *
呼吸困難・咳嗽・息切れ・胸痛

◆ 杏仁(キョウニン)は、かぜ(内服薬)薬、鎮咳去痰薬、に配合されています。
産地: 中国、韓国。
【杏仁の医薬品】麻黄湯: 麻黄湯(マオウトウ)には発汗作用があり、体内の熱や腫れ、痛みを和らげてくれる。風邪、鼻かぜ、初期のインフルエンザ、乳児の鼻づまり、気管支喘息、関節リウマチなどを改善してくれるため、日頃は丈夫で体力のある人で発汗がなく、悪寒、発熱、頭痛、関節痛、腰痛、咳などの症状の人に処方される。
【杏仁の医薬品】五虎湯: 五虎湯(ゴコトウ)は気管支を通りやすくしたり、痰を出しやすくして咳や気管支喘息を改善する。比較的体力がある人に用いられる。
【杏仁の医薬品】麻子仁丸: 麻子仁丸(マシニンガン)は便を柔らかくして、便通をよくする働きがあり、便秘、便秘にともなう痔核、萎縮腎の改善に用いられる。体力の少し衰えている人、特に病後の人や高齢者などで大便が硬く、コロコロしている人に適した漢方薬。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano