hienai

冷えや冷え性の生薬:羌活はセリ科植物の根茎。筋肉や関節のこわばりや疼痛、眼疾患、皮膚の掻痒、痙攣性疾患などに。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  羌活(きょうかつ)

冷えや冷え性の生薬、羌活(きょうかつ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・羌活】 ... 去風解表 去風湿 止痛
 

羌活(きょうかつ)のページ
 

羌活(きょうかつ)
● 羌活(きょうかつ)は、セリ科ノトプテリギウム属ノトプテリギウム・インキスムの根茎を乾燥したもの。中国の青海省が主産地。成分は、フラノクマリン誘導体(イソインペラトリン・クニジリン・ノトプテロールのほか、フェルラ酸を多量に含む。
適応: 筋肉や関節のこわばりや疼痛, 眼疾患, 皮膚の掻痒, 痙攣性疾患
* * *
成分:
精油 - limonene, pinene など
クマリン誘導体 - arginine、pregnenolone など

薬理作用:
鎮痛, インターフェロン誘起作用, 脂質過酸化抑制作用
効能・用途: 羌活(きょうかつ)は、去風解表、去風湿、止痛解熱などがあり、発汗、鎮痛、しめつけられるような頭痛や関節痛などに良いとされる。
* Key word *
感冒や頭痛・筋肉痛・関節痛・麻痺

◆ 羌活(きょうかつ)は、かぜ(内服薬)薬に配合されています。
【羌活の医薬品】疎経活血湯: 疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)は身体の血行や水分循環を良くし、また痛みを抑える働きがある。その働きから関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛を改善し、腰や手足の筋肉が激しく痛む人に用いられる。
【羌活の医薬品】川芎茶調散: 川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)は風邪のひき始め、女性の生理や更年期にともなう頭痛を防いだり、抑える働きがある。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano