hienai

冷えや冷え性の生薬、枳実(きじつ)はミカン科の柑橘類の乾燥物。消化器系の機能低下、脂肪燃焼によるダイエットに効果。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  枳実(きじつ)

冷えや冷え性の生薬、枳実(きじつ)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・枳実】 ... 行気消積
 

枳実(きじつ) 別名:枳穀
 

枳実(きじつ)
● 枳実(きじつ)とは、未熟な果実を丸のままか半分に切って乾燥させたもので、漢方の生薬として枳実(きじつ)と呼ぶ。中国産では、ミカン科ウンシュウミカン・ポンカンC・ダイダイ・イーチャンレモンC・ナツダイダイの幼果、日本産:ミカン科ハッサク・ナツダイダイ・ダイダイ・イヨカンの幼果を使う。成分としては、リモネンなどの精油(0.3~0.5%)・フラボノイド・クマリン類などを含む。 フラボノイドについては、原植物によりヘスペリジン・ナリンギン・アルカイドのシネフリンなどが含まれる。
適応: 消化器系の機能低下
* * *
成分:
精油 - d-limonene, linalool, citral など
フラボノイド - hesperidin, naringin, neohesperidin, poncirin など
クマリン類 - umbelliferone, auraptene など
その他 - synephrine, citric acid, N-methyltyramine など
薬理作用:
心臓に作用し血圧上昇や心機能促進, 胃腸運動亢進・調整, 平滑筋弛緩, 子宮筋収縮抑制, 血液凝固抑制, 抗炎症・抗アレルギー, 抗腫瘍
効能・用途: 枳実(きじつ)には、胃腸のぜんどう運動、子宮収縮力を強めたり、健胃作用などがあり、胸や腹の痛み膨満感をとり鎮痛の良いとされる。また、枳実(きじつ)の抽出液は体脂肪を燃焼させるので、ダイエットに効果があるとされる。
* Key word *
胸満感・胸痛・腹満感・腹痛・便秘・食積・浮腫・胃下垂・脱肛

◆ 枳実は、かぜ(内服)薬、健胃/消化薬、などに配合されている。
【枳実の医薬品】荊芥連翹湯: 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)は蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきびを改善する。手や足に汗をかきやすく、化膿や炎症がおこりやすい、比較的体力のある人に用いられる。
【枳実の医薬品】潤腸湯: 潤腸湯 (ジュンチョウトウ)は便をやわらかくして、便秘を改善する。
【枳実の医薬品】参蘇飲: 参蘇飲(ジンソイン)は胃腸の働きを助け、風邪の諸症状を改善する。感冒や咳を改善し、頭痛、発熱、みぞおちのつかえ、嘔吐などをともなう、胃腸の弱い人に用いられる。
【枳実の医薬品】清上防風湯: 清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)は顔の熱や炎症をやわらげて、皮膚病の原因となるものを取り除く効能を持っており、にきびなどの顔の皮膚病を改善する。
【枳実の医薬品】麻子仁丸: 麻子仁丸(マシニンガン)は便を柔らかくして、便通をよくする働きがあり、便秘、便秘にともなう痔核、萎縮腎の改善に用いられる。体力の少し衰えている人、特に病後の人や高齢者などで大便が硬く、コロコロしている人に適した漢方薬。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano