hienai

冷えや冷え性の生薬:生薬の桔梗(キキョウ)は、根が使われ、痰、咳、ノドのはれ・化膿などに用いる。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  桔梗(キキョウ)

冷えや冷え性の生薬、桔梗(キキョウ)


* 去痰・鎮咳・排膿の効能があり、痰・咳、ノドのはれ・化膿などに用いる
* 特に呼吸器疾患の要薬として知られている
* 【中医学薬能・桔梗】 ... 清肺提気 きょ痰排膿
 

桔梗(キキョウ) 別名:大薬、白薬
 

桔梗(キキョウ)
● 桔梗(キキョウ)は、キキョウPlatycodon grandiflorum A. De Candolle(キキョウ科Campanulaceae)の根または根からコルク層を除去して乾燥したもの。皮付きを生干桔梗(しょうぼしぎきょう)、皮なしを晒桔梗(さらしぎきょう)ともいう。サポニンを多く含有し、ステロール類、イヌリン、ビタミンAを含む。
適応: 腫れ物 のどの痛み
* * *
成分:
サポニン - platycodin A, C, D, D2, polygalacin D, D2 など
ステロール - α-spinasterol, α-spinasteryl-β-D-glucoside など
トリテルペン - betulin など
その他 - inulin, platycodonin, vitamin A, arginine など
薬理作用:
鎮痛・鎮静, 解熱, 血管拡張, 抗潰瘍, 鎮咳・去痰, 血糖降下, 抗炎症, 免疫活性化, 利尿, 抗腫瘍, 抗菌
効能・用途: 桔梗(キキョウ)には、去痰作用 排膿作用があり、去痰、鎮咳薬として咳嗽、気管支炎等に用い、また排膿薬として化膿性疾患、扁桃咽え、咽喉炎等に使われるが、特に桔梗は呼吸器疾患の要薬として知られている。また、桔梗には他の薬剤の効果を身体上部の病変部に運ぶ働きがあるといわれている。
* Key word *
痰・痰を伴う咳・ノドのはれや化膿

◆ キキョウは、かぜ(内服)薬、解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬、歯痛/歯槽膿漏薬、などに配合されている。
【桔梗の医薬品】十味敗毒湯: 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)とは皮膚の赤みやかゆみを発散して、腫れや化膿を抑える働きがあり、初期の化膿性皮膚疾患、初期の急性皮膚疾患、じんましん、急性湿疹、みずむし、にきび、とびひ、乳房炎などを改善する。アレルギー性の湿疹などを起こしやすい、比較的神経質な人に用いられる。
【桔梗の医薬品】荊芥連翹湯: 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)は蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきびを改善する。手や足に汗をかきやすく、化膿や炎症がおこりやすい、比較的体力のある人に用いられる。
【桔梗の医薬品】参蘇飲: 参蘇飲(ジンソイン)とは胃腸の働きを助け、風邪の諸症状を改善する。感冒や咳を改善し、頭痛、発熱、みぞおちのつかえ、嘔吐などをともなう、胃腸の弱い人に用いられる。
【桔梗の医薬品】清上防風湯: 清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)は顔の熱や炎症をやわらげて、皮膚病の原因となるものを取り除く効能を持っており、にきびなどの顔の皮膚病を改善する。
【桔梗の医薬品】防風通聖散: 防風通聖散(ボウフウツウショウサン)は身体の中の熱を和らげる働きがある。また、体内の水分循環を正常化して、便通をよくする効能もある。このため高血圧による動悸・肩こり・のぼせ、肥満症、むくみ、便秘、胃酸過多症、腎臓病、慢性腎炎、心臓衰弱、動脈硬化、痔疾患、湿疹、脳溢血などの改善に用いられる。腹部に皮下脂肪が多く、便秘、肩こり、尿量の減少などの症状の人に処方される漢方薬。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano