hienai

冷えや冷え性の生薬、甘草(カンゾウ)はマメ科の多年草。鎮痛、抗炎症、胃痛、鎮咳去痰、解毒、十二指腸潰瘍などに効果。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  甘草(カンゾウ)

冷えや冷え性の生薬、甘草(カンゾウ)


* 鎮痛、抗炎症、胃痛、鎮咳去痰、解毒、十二指腸潰瘍などに効果
* グリチルリチンの製造原料として需要が多く、菓子類や醤油などの原料
* 【中医学薬能・甘草】 ... 補脾益気 清熱解毒 潤肺止咳
 

甘草(カンゾウ) 別名:密草、生草、国老(コクロウ)
 

甘草(カンゾウ) * 冷え性の入浴剤としても使われる
● 甘草(カンゾウ)は、地中海地方、小アジア、ロシアを原産とするマメ科の多年草。甘草が野生する地域は極めて広く、ユーラシア大陸の乾燥地帯、シルクロードを被うように分布する。狭義には、根(一部の種類は根茎を含む)を乾燥させた生薬の名称。国内では醤油の甘味料としても使われる。各種の生薬を緩和・調和する目的で多数の漢方方剤に配合され、漢方ではもっとも基本的な薬草の一つ。トリテルペノイド配糖体(サポニン)を6~14%含有し、多種類のフラボノイドなどを含んでいる。
適応: 腹部の疼痛やケイレン 手足の冷え
* * *
成分:
サポニン - pglycyrrhizin, glabric acid など
フラボノイド - liquiritin, licoricone, licoflavone, licoricidin, formononetin など
その他 - putrescin, glycyrol, isoglycyrol, glycyrin, glcycoumarin, deoxoglycyrrhetol など
薬理作用:
鎮静/鎮痙, 鎮咳, 抗消化性潰瘍, 利胆, 肝機能改善, 抗炎症・抗アレルギー, ステロイドホルモン様作用
効能・用途: 緩和作用、止渇作用があり、緩和、緩解、鎮咳、鎮痛、去痰薬として筋肉の急激な緊張による疼痛などに良いとされる。
甘味料として使われるグリチルリチンは、砂糖の150倍以上の甘みを持つサポニン成分。さらにグリチルリチンの分解物グリチルリチン酸は広範囲の薬理作用を持つもので、その1つ、免疫活性を高める作用はエイズの治療薬としても使用されている。
* Key word *
鎮痛・抗炎症・胃痛・鎮咳去痰・解毒・十二指腸潰瘍など
※ 甘草はカリウムの排出を促進するため、腎臓機能に影響を及ぼす事がある

◆ カンゾウは、かぜ(内服)薬、解熱鎮痛薬、催眠鎮静薬、健胃/消化薬、排泄系薬/痔疾患薬、婦人薬、などに配合されている。
産地: 中国、ロシア、アフガニスタンなど。
グリチルリチン酸アンモニウム: 甘草の根または茎から抽出精製される成分。抗菌、抗炎症、抗アレルギー、創傷治癒などの作用があり、皮膚炎に効果があるといわれている。美白作用も期待でき、化粧品では保湿剤・肌荒れ予防成分として使用されている。
【甘草の医薬品】グリチルリチン酸ジカリウム: グリチルリチン酸ジカリウムは甘草の有効成分であるグリチルリチン酸の抗炎症作用を目的に開発された点眼剤で、アレルギーによる炎症を抑え、組織の修復を助ける。
【甘草の医薬品】安中散: 主に、胃の働きを整え、胃痛などを改善する効果がある。
【甘草の医薬品】甘草湯: 甘草湯(カンゾウトウ)は、激しい咳や咽頭痛を緩和する効果のある漢方薬。この他、けいれん性のある痛みや打撲痛などに用いられる事もある。
【甘草の医薬品】葛根湯: 葛根湯(カッコントウ)は、一般的な風邪や頭痛、肩こり、筋肉痛、手・肩の痛み、中耳炎・扁桃炎・リンパ炎などの炎症性疾患、じんましん、蓄膿症などを改善する。
【甘草の医薬品】加味逍遙散: 加味逍遙散(カミショウヨウサン)は、冷え性、月経不順、月経困難、更年期障害、神経症、不眠症、胃アトニー、胃下垂、胃拡張、便秘症、湿疹などを改善する効果がある。
【甘草の医薬品】乙字湯: 乙字湯(オツジトウ)は、痔核、切れ痔、脱腸、便秘などの症状を改善する効果がある。特に、便秘症かつ症状がそれほど重くない方に利用される。
【甘草の医薬品】芍薬甘草湯: 芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)は胃腸、胆のう、尿路や子宮、または手足の骨格筋の緊張を緩めて痛みを和らげる。胆のう症・腎臓結石・膀胱結石のけいれん性の痛み、筋肉痛、関節痛、薬物の副作用による腹痛、胃けいれん、急迫性の胃炎などを改善するため、腹部のお筋肉が緊張し、胃痛や腹痛をともなう人に用いられる。
【甘草の医薬品】: 上記以外にも甘草は多くの漢方薬に処方されている。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano