hienai

冷えや冷え性の生薬:栝楼根(カロコン)はウリ科キカラスウリの根。解熱、止渇、潰瘍に効果

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  栝楼根(カロコン)

冷えや冷え性の生薬、栝楼根(カロコン)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・栝楼根】 ... 清熱潤燥 排膿消腫 生津止渇
 

栝楼根(カロコン) 別名:瓜呂根、天花粉
 

栝楼根(カロコン)
● 栝楼根(カロコン)は、ウリ科シナカラスウリ(カロ)の根。実全体(果実)は栝楼実(かろじつ)、中の種子だけは栝楼仁(かろにん)、逆に外側の皮(果皮)だけは栝楼皮(かろひ)と呼ぶ成分は主にでんぷん、脂肪酸、アミノ酸、トリテルペンなど。
栝楼根は、一般には粉末にした「天花粉(ベビーパウダー)」がよく知られている。しかし、栝楼根は厚生労働省の出した通達により、医薬品原料としてしか使用出来ないことになっている。
実の栝楼実(かろじつ)は、医薬品的効能効果を標榜しなければ食品原料としても利用できる。
適応: 口渇
* * *
成分:
でんぷん、trichosanic acid などの脂肪酸、アミノ酸、トリテルペン など

薬理作用:
抗消化性潰瘍, アルコール代謝促進, インターフェロン誘起, 血糖降下
効能・用途: 栝楼根(カロコン)は、解熱、止瀉(下痢止め)、鎮咳などがあり、解熱、止渇、抗消化性潰瘍などに良いとされる。処方に柴胡桂枝乾姜湯がある。
* Key word *
解熱・止渇・潰瘍・抗腫瘍作用があることが実証されている、
根のデンプンは天花粉(てんかふん)または花粉(かふん)という。
【栝楼根の医薬品】柴胡桂枝乾姜湯: 柴胡桂枝乾姜湯(さいこケイシカンキョウトウ)は身体の熱や炎症をひかせて、神経の疲れを改善する。更年期障害、神経症、神経衰弱、不眠症や感冒、心臓衰弱、貧血症など心と身体、両方の状態を整える。貧血気味だったり冷えや動悸、息切れ、疲労倦怠感、食欲不振などをともなう体力がない人に用いられる。
【栝楼根の医薬品】柴胡清肝湯: 柴胡清肝湯(さいこセイカントウ)は炎症をやわらげたり、血行をよくする効能と神経を鎮める身体と心、両面の状態をよくする効能を持っている。かんの強い小児の神経症、慢性扁桃炎・湿疹や、虚弱体質の人の慢性胃腸病・貧血・頸部リンパ節炎・肺門リンパ節炎・扁桃肥大・神経症などを改善する。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano