hienai

冷えや冷え性の生薬:葛根(カッコン)はマメ科クズ(葛)の根。発汗・解熱・鎮痛・消化・血圧降下など。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  葛根(カッコン)

冷えや冷え性の生薬、葛根(カッコン)


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 薬能とは、中国伝統医療において経験的に約束された効能のこと。
* 【中医学薬能・葛根】 ... 解肌退熱 透疹 生津止瀉 滋潤筋脈
 

葛根(カッコン) 別名:乾葛、甘葛、葛子根、粉葛根
 

葛根(カッコン)
● 葛根(カッコン)は、マメ科クズの外皮を削りとった根のことで、葛(クズ)湯で知られている「葛の根」。デンプン・フラボン類がおもな成分。
適応: なじや背中のこわばり 呼吸困難を伴う発汗
* * *
成分:
フラボノイド - daidzein, daidzin, puerarin, genistein, formononetin, puerarol, kakkonein など
トリテルペノイド - soyasapogenol A, B, kudzusapogenol A, B, C, kudzusaponin A1, B1, C1, sophoradiol など
その他 - でんぷん、D-mannitol, miroestrol, succinic acid, allantoin など
薬理作用:
解熱, 鎮痙, 降圧, 血小板凝集阻害, 消化管運動亢進, 血糖降下, プロスタグランジン合成阻害, 
効能・用途: 葛根(カッコン)は、発汗作用、止渇作用、鎮痛作用があり、解熱、鎮痛薬、カゼのときの肩凝りなどに効果があるとされている。
* Key word *
解熱・発汗・降圧・消化促進・止瀉・潤筋・解凝(こりをほぐす)、
また、 骨粗しょう症の軽減、血中コレストロールの低下にも効果があるといわれている。

◆ カッコンは、かぜ(内服)薬に配合される。
産地: 日本、韓国、中国
肩こり、頭痛、肩や頸筋(クビスジ)のこり、筋肉の痛み、かぜやかぜのひきはじめなど。
葛根湯エキス顆粒 クラシエ(旧カネボウ薬品)漢方薬
【葛根の医薬品】葛根湯: 葛根湯(カッコントウ)は、一般的な風邪や頭痛、肩こり、筋肉痛、手・肩の痛み、中耳炎・扁桃炎・リンパ炎などの炎症性疾患、じんましん、蓄膿症などを改善する。
【葛根の医薬品】参蘇飲: 参蘇飲(ジンソイン)とは胃腸の働きを助け、風邪の諸症状を改善する。感冒や咳を改善し、頭痛、発熱、みぞおちのつかえ、嘔吐などをともなう、胃腸の弱い人に用いられる。
肩こり、頭痛、肩や頸筋(クビスジ)のこり、筋肉の痛み、かぜやかぜのひきはじめなど。
葛根湯エキス顆粒 クラシエ(旧カネボウ薬品)漢方薬
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano