hienai

冷えや冷え性の生薬、何首烏(カシュウ)はタデ科ツルドクダミの根。ダイエット・緩下・強壮薬・腰や膝の痛み・白毛などに効果。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  何首烏(カシュウ)

冷えや冷え性の生薬、何首烏(カシュウ)


* 強壮薬、腰膝の疼痛、遺精、白毛などに応用
* 欧米では腎臓や肝臓のエネルギー補充を助ける血の強壮薬
* 【中医学薬能・何首烏】 ... 滋陰 強壮 益精補血
 

何首烏(カシュウ) 別名:ツルドクダミ
 

何首烏(カシュウ)
● 何首烏(カシュウ)は、タデ科タデ属ツルドクダミは中国原産のつる性多年草で、塊状になった肥大根を乾燥したもの。漢方薬では何首烏(カシュウ)と称される。烏のように髪を黒くする作用があることから「烏」の文字がつけられている。何首烏にはタンニンやアントラキノン系の成分が含まれ、アントラキノンには強い下剤効果があり、 その成分が入った植物から抽出精製したものは、ダイエットや便秘薬として多用されている。
適応: 強壮/強精 腰痛
* * *
成分:
アントラキノン類 - emodin, physcion, chrysophanol など
その他 - stilbene配糖体 など
薬理作用:
抗高脂血症作用, 肝障害抑制作用 
効能・用途: 何首烏は、滋養作用(肝と腎の精を補充し、血を滋養する)、強壮作用があり、強精、補血、瀉下薬として精血の不足、腰膝の疼痛、遺精、帯下、白髪などに良いとされている。
* Key word *
三半規管障害のめまい・足腰の虚弱・筋骨のだるさ・子宮出血・遺精・下痢・痔・ダイエット、一般に、肝腎の精血を補う抗老薬とされる。

◆ カシュウは、水虫薬、頭髪用薬、滋養強壮保健薬などに配合されている。
産地: 中国、日本。
パラベン(防腐剤)、鉱物油、タール系色素、合成香料は一切使用していない石けん
草花木果 洗顔石けん・どくだみ 医薬部外品 100g
【何首烏の医薬品】当帰飲子: 当帰飲子(トウキインシ)は肌にうるおいを与え、かゆみをしずめる効能がある。そのため、分泌物の少ない湿疹やかゆみを改善し、比較的体力のない冷え性の人に用いられる。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano