hienai

冷えや冷え性の生薬:艾葉(がいよう)はヨモギのこと。止血・強壮・健胃・腹痛・下痢・貧血・冷え性・婦人病などに。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  艾葉(がいよう)

冷えや冷え性の生薬、艾葉(がいよう)(ヨモギ)


* 重要な婦人薬、また、灸治療ではモグサとして使用される
* 西洋医学ではマラリアの治療に有効であることが分かっている
* 【中医学薬能・艾葉】 ... 温経 止血 散寒 除湿 止痛

  

艾葉(がいよう) 別名:ヨモギ、祁艾(キガイ)、祈艾(キガイ)、温灸艾(オンキュウガイ)
 

艾葉(がいよう)(ヨモギ)
● 艾葉(がいよう)は、漢方生薬の専門用語でヨモギのこと。韓国の「ヨモギ蒸し」日本古来の「よもぎ湯」でお馴染みのキク科の多年草。
中国の文献では「やまいをとめる」と云う意味を持つ「万能薬」と紹介されています。成分は、チネオール・セスキテルペン・αツヨン・アデニン・コリンなど、またタンニンと精油成分を豊富に含み薬用から食用まで幅広く利用されている。
適応: 下痢 吐血 婦人の不正性器出血や帯下 腹痛
* * *
成分:
精油 - cineol, α-thujone など
脂肪酸 - capric acid, palmitic acid, stearic acid など
タンニン - caffetannin, 3, 5-dicaffeoylquinic acid など
その他 - ビタミン類、arachinic acid, amylase, invertase, catalase, peroxydase など
薬理作用:
高脂血症/肝障害防御, 脂質過酸化抑制, 脂肪分解・合成に対する作用, 血液凝固抑制, 抗アレルギー, 補体活性化, インターフェロン誘起, ヒスタミン遊離抑制, 抗炎症, 血管内皮細胞増殖促進, 酵素阻害, 鎮痒
効能・用途: 艾葉(がいよう)は、一般的に若い芽を干し、煎じて飲むと、健胃、腹痛、下痢、貧血、冷え性などに効果があるとされている。
* Key word *
胃酸過多・胃弱・胃下垂・便秘・下痢・鼻血・食欲不振・腹痛・ぜんそく・血尿・神経痛・腰痛・貧血・冷え性
産地: 中国、日本。
「冷える」そんなお悩みに。こだわりのマカ
よもぎ薬用ローション/500ml
成分:カワラヨモギ・甘草エキス他
薬用入浴剤 アトピタ
成分:炭酸水素Na、グリチルリチン酸2K、ヨモギ・オウゴン・ジオウ・オウバクの各エキス
【艾葉のお香】ヨモギのお香: 「メディテイト BEAUTY バンブー」、「漢健香 「痩」 スリム」 などがある。
【艾葉の医薬品】キュウ帰膠艾湯: キュウ帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)は、痔による終結や外傷後の内出血、貧血症などを改善する漢方薬。冷え性の症状を持つ方に処方される。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano