hienai

冷えや冷え性の生薬、黄柏(オウバク)はミカン科キハダ属の樹皮。健胃・消炎・整腸作用のほか、打撲傷・神経痛などに外用。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  黄柏(オウバク)

冷えや冷え性の生薬、黄柏(オウバク)


* 健胃・整腸・腸内殺菌の薬
* 熱をとって固める作用があり打撲薬にも使用
* 【中医学薬能・黄柏】 ... 清熱燥湿 瀉火解毒 清虚熱
 

黄柏(オウバク) 別名:黄檗(オウバク)、檗木(バクボク)
 

黄柏(オウバク) * 冷え性の入浴剤としても使われる
● 黄柏(オウバク)は、ミカン科キハダ属の落葉高木。アジア東北部の山地に自生しており、日本全土でもみられる。樹皮からコルク質を取り除いて乾燥させたものを黄檗(オウバク、黄柏)と言う。アルカロイドやベルベリンを始めとする薬用成分が含まれ、強い抗菌作用を持つ。
適応: 下痢 消化器系の不調 打撲や炎症
* * *
成分:
アルカロイド - berberine, palmatine, magnoflorine, phellodendrine, jateorrhizine など
ポリフェノール - obakunone, obakulactone, limonin など
ステロイド - β-sitosterol, campesterol など
薬理作用:
健胃/抗消化性潰瘍, 下痢の抑制, 肝障害改善, 抗炎症, 中枢抑制作用, 血圧降下, 免疫抑制, 血管弛緩, 鎮痙, 利胆, 抗菌
効能・用途: 黄柏(オウバク)には、解熱作用、消炎作用、健胃作用があり、主に健胃整腸剤として、胃腸炎、腹痛、黄疸、下痢などに良いとされる。
* Key word *
健胃、消炎、整腸作用のほか、打撲傷、神経痛などに外用

◆ オウバクは、かぜ(外用)薬、健胃/消化薬、腸管作用薬(整腸,止潙,潙下,浣腸,駆虫)、皮膚疾患用薬、などに配合される。
産地: 日本、中国、韓国
食品添加物のキハダ:
食品添加物として「キハダ抽出物」があり、 苦味料・酸味料としてつかわれる。食品衛生法による分類では既存添加物に分類される。これは、ミカン科キハダ(Phellodendron amurense RUPR.)の樹皮より、水又はエタノールで抽出して得られたものとされ、主成分はベルベリン。
「冷える」そんなお悩みに。こだわりのマカ
成分:当帰、黄柏、センキュウ、陳皮、山梔子、蕃椒、生姜、甘草、重薬、加味帰
【黄柏の医薬品】生薬と乳酸菌: 「ビオフェルミン止瀉薬 」は、生薬と乳酸菌を配合した下痢止め。
【黄柏の医薬品】温清飲: 温清飲(ウンセイイン)は、月経不順、月経困難、更年期障害、神経症などの症状を改善する。
【黄柏の医薬品】黄連解毒湯: 黄連解毒湯(オウレンゲドウトウ)は、不眠症や胃炎、二日酔い、めまい、動悸、高血圧、神経症、各種皮膚病などに効果がある。
【黄柏の医薬品】荊芥連翹湯: 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)は蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきびを改善する。手や足に汗をかきやすく、化膿や炎症がおこりやすい、比較的体力のある人に用いられる。
【黄柏の医薬品】七物降下湯: 七物降下湯(シチモツコウカトウ)は主に血流を改善する効能がある。高血圧にともなうのぼせ・肩こり・耳鳴り・頭重を改善する。虚弱体質で疲れやすい人に用いられる。
【黄柏の医薬品】半夏白朮天麻湯: 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)は体内の水分循環を促して、胃アトニー、胃下垂、胃神経症、低血圧症などのめまいを改善する。胃腸が弱く、冷え性で頭痛、肩こり、嘔吐のある人に処方される。
長寿元 薬用入浴剤 (医薬部外品)
成分:当帰、黄柏、センキュウ、陳皮、山梔子、蕃椒、生姜、甘草、重薬、加味帰
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano