hienai

冷えや冷え性の生薬、黄芩(オウゴン)は、シソ科コガネバナの根。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  生薬リスト >  黄芩(オウゴン)

冷えや冷え性の生薬、黄芩(オウゴン)


* みぞおちのつかえや、肺や腸の解熱・消炎・止血に効果
* 胆汁分泌や排泄を促進し、止痢作用や利尿作用などがある
* 【中医学薬能・黄芩】 ... 清熱燥湿 瀉火解毒 安胎
 

黄芩(オウゴン) 別名:スカルキャップ、片芩(ヘンゴン)、尖芩(センゴン)
 

黄芩(オウゴン) * 冷え性の入浴剤としても使われる
● 黄芩(オウゴン)は、シソ科コガネバナまたは近縁植物の根を乾燥したもの。別名はスカルキャップ。最良品は、山東省の「山東黄芩」と河北省承徳産の「熱河黄芩」のもの。フラボノイドを含み、主成分はバイカリン・バイカレイン・オウゴニンなど。
黄芩は、収穫時期、加工・調整により堅(丸軸、条芩、枝芩、子芩)、老根(枯芩、平芩)破片(片芩)などの呼び名がある。
適応: みぞおちつかえ感 胃の不快感
* * *
成分:
フラボノイド - baicalin, baicalein, wogonin, wogoninglucuronide, oroxylin-A, skullcapflavone, chrysin, kaempferol など
ステロール - β-sitosterol, campesterol など
糖類 - sucrose, D-glucose など
その他 - アミノ酸、精油 など
薬理作用:
中枢抑制作用, 体温調節作用, 血圧降下, 毛細血管強化, 抗動脈硬化, 脂質代謝改善, 肝障害予防, 抗消化性潰瘍, 抗炎症・抗アレルギー
効能・用途: 黄芩には、解熱作用、消炎作用、止血作用があり、消炎、解熱薬として、炎症、充血、発熱を伴う疾病、胸脇苦満、煩熱、下痢などに良いとされる。血圧を下げる代表的漢方薬が「三黄瀉心湯」(さんおうしゃしんとう)で、肩こり、のぼせ、耳鳴り、不眠などにも効果がある。
* Key word *
消炎・解熱・利尿作用・抗アレルギー作用・肝障害予防・利胆作用

◆ オウゴンは、鎮咳去痰薬、健胃/消化薬、排泄系薬、痔疾患薬、に配合される。
美容では: スキンケアには保湿剤として使用されており、美白効果も期待できる。消炎、抗炎症、収れん、保湿、細胞賦活、抗アレルギー、活性酸素除去、抗菌などに効果があるとしている。
産地: 中国、北朝鮮、韓国
コガネバナ: 黄芩(オウゴン)の和名は「コガネバナ」、小葉が細いので、コガネヤナギともいう。
【黄芩の医薬品】小柴胡湯: 小柴胡湯(ショウさいこトウ)とは胃腸や肝臓、呼吸器の働きを助け、また、身体の免疫機能を調整し、炎症をやわらげて身体の疲れをとるなどの効能がある。感冒、気管支炎、気管支喘息、胸部疾患、胸膜炎、リンパ節炎、胃腸虚弱、胃腸病、胃炎、腎臓病、貧血症、腺病質、産後の回復不全などを改善。吐き気、食欲不振、疲労感、咳、微熱、頭痛、腹痛、胸やわき腹の圧迫感などをともなう人に用いられ、慢性肝炎における肝機能障害にも使用される。
【黄芩の医薬品】半夏瀉心湯: 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)は胃腸の働きを活発にし、急性・慢性胃腸カタル、下痢、消化不良、胃下垂、神経性胃炎、胃弱、胃アトニー、軽度の消化性潰瘍、二日酔い、げっぷ、胸焼け、口内炎、神経症、つわりを改善する。みぞおちのつかえ、吐き気、嘔吐、食欲不振、軟便、下痢などをともなう人に用いられる。
【黄芩の医薬品】温清飲: 温清飲(ウンセイイン)は、月経不順、月経困難、更年期障害、神経症などの症状を改善する。
【黄芩の医薬品】乙字湯: 乙字湯(オツジトウ)は、痔核、切れ痔、脱腸、便秘などの症状を改善する効果がある。特に、便秘症かつ症状がそれほど重くない方に利用される。
【黄芩の医薬品】黄連解毒湯: 黄連解毒湯(オウレンゲドウトウ)は、不眠症や胃炎、二日酔い、めまい、動悸、高血圧、神経症、各種皮膚病などに効果がある。
【黄芩の医薬品】荊芥連翹湯: 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)は蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきびを改善する。手や足に汗をかきやすく、化膿や炎症がおこりやすい、比較的体力のある人に用いられる。
【黄芩の医薬品】柴胡加竜骨牡蛎湯: 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこカリュウコツボレイトウ)は神経を落ち着かせて心と身体、両方の状態を改善する。高血圧症、動脈硬化、神経症、神経衰弱、ヒステリー、不眠症、更年期神経症、腎臓病、心臓衰弱、てんかん、小児の夜泣き、陰萎などの症状に効果がある。また、精神面の関係する不安、動悸、不眠、めまい、のぼせなどをともなう比較的体力のある人に用いられることが多い。
【黄芩の医薬品】柴胡桂枝乾姜湯: 柴胡桂枝乾姜湯(さいこケイシカンキョウトウ)は身体の熱や炎症をひかせて、神経の疲れを改善する。更年期障害、神経症、神経衰弱、不眠症や感冒、心臓衰弱、貧血症など心と身体、両方の状態を整える。貧血気味だったり冷えや動悸、息切れ、疲労倦怠感、食欲不振などをともなう体力がない人に用いられる。
【黄芩の医薬品】柴胡桂枝湯: 柴胡桂枝湯(さいこケイシトウ)は身体の熱や炎症をやわらげ、痛みを取り除く効能があります。このため感冒、胃腸炎、胃痛、胃酸過多症、神経痛、腹痛、胸膜炎や、消化性潰瘍・胆のう炎・胆石・肝機能障害・すい臓炎などのけいれん性の痛みも改善する。自然発汗、微熱、寒気などの風邪の症状をともなう方に用いられる。
【黄芩の医薬品】三黄瀉心湯: 三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)は身体の熱や炎症をやわらげ、機能の亢進を鎮める効能を持っている。このため、のぼせ気味で顔がほてり、精神不安や胃部のつかえなどをともなう比較的体力のある人に用いられ、高血圧症やそれにともなう症状、動脈硬化、鼻血、痔の出血、便秘、更年期障害、脳溢血、吐血、下血などを改善する。
【黄芩の医薬品】潤腸湯: 潤腸湯 (ジュンチョウトウ)とは便をやわらかくして、便秘を改善する。
【黄芩の医薬品】辛夷清肺湯: 辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)は鼻づまりを改善する効能を持つ。鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎を改善し、粘り気のある鼻水をともなう熱感のある人に用いられる。
【黄芩の医薬品】清上防風湯: 清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)は顔の熱や炎症をやわらげて、皮膚病の原因となるものを取り除く効能を持っており、にきびなどの顔の皮膚病を改善する。
【黄芩の医薬品】清心蓮子飲: 清心蓮子飲(セイシンレンシイン)は尿路の熱や腫れをひき、また痛みをやわらげ、尿の出を促す働きがある。残尿感、頻尿、排尿痛を改善し、胃腸が弱く、神経質で、倦怠感や口・舌の乾きをともなう、尿の出が悪い、冷え性の人に用いられる。
【黄芩の医薬品】大柴胡湯: 大柴胡湯(ダイさいこトウ)は身体の熱や炎症をとり、痛みを和らげたり、便通をよくする効能がある。胃炎、胃酸過多症、胃腸カタル、胃腸病、便秘、高血圧、動脈硬化、肥満、胆石、胆のう炎、肋間神経痛、陰萎などを改善し、比較的体力があり、胸やわき腹の痛み、疲労感などをともなう、がっしりした体格の人に用いられる。
【黄芩の医薬品】二朮湯: 二朮湯(ニジュツトウ)は腕や肩の痛みをやわらげる働きがあり、主に五十肩を改善する。
【黄芩の医薬品】女神散: 女神散(ニョシンサン)は体内の血行と水分循環をよくし、高ぶった神経の不調を鎮める。のぼせやめまい、産前産後の神経症や月経不順を改善し、更年期障害や自律神経失調症にも適す。
【黄芩の医薬品】防風通聖散: 防風通聖散(ボウフウツウショウサン)は身体の中の熱を和らげる働きがある。また、体内の水分循環を正常化して、便通をよくする効能もある。このため、高血圧による動悸・肩こり・のぼせ、肥満症、むくみ、便秘、胃酸過多症、腎臓病、慢性腎炎、心臓衰弱、動脈硬化、痔疾患、湿疹、脳溢血などの改善に用いられる。腹部に皮下脂肪が多く、便秘、肩こり、尿量の減少などの症状の人に処方される。
【黄芩の医薬品】竜胆瀉肝湯: 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)は尿路や生殖器の炎症を和らげ、尿の出をよくする働きがある。そのため、排尿痛、残尿感、尿のにごり、尿道炎、膀胱カタル、膣炎、陰部湿疹、陰部痒痛、陰部掻痒症、子宮内膜炎、帯下、睾丸炎、バルトリン腺炎などの改善に用いられる。
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano