hienai

冷えや冷え性の生薬:エキナセアは、キク科の多年草で、風邪、炎症、創傷、免疫、感染症に効果。

冷えや冷え性の生薬、エキナセア


* 病院で処方される薬の中にも漢方薬が目立つようになってきました。
* 漢方薬に使われている生薬とは、どんなものでしょうか?
* 【エキナセアの薬効】 ... 風邪、炎症、創傷、免疫、感染症に効果。
 

エキナセア 別名:エキナケア、ムラサキバレンギク
 

エキナセア
● エキナセアは(学名:Echinacea purpurea)はキク科ムラサキバレンギク属の多年草。属名のラテン名でエキナセアまたはエキナケアとも呼ばれる。
北米原産で、風邪、インフルエンザ、各種ウイルス、すべての種類の感染に対する最もポピュラーなハーブである。成分として、精油、多糖類、ポリアセチレン、イソブチルアルクラミンなどを含む。
生薬の板蘭根:
エキナセアは、生薬では板藍根(ばんらんこん)とされているが ..... 。
板藍根とは. アブラナ科の植物・菘藍(しょうらん= ホソバタイセイ)の根で、抗ウイルス作用、抗菌作用、抗炎症作用、解熱作用、解毒作用、肝機能保護作用、免疫機能調節作用などを持つすぐれた生薬。
成分に、インディルビン・インディゴチン・インドキシル-β-グリコシド・β-シトステロール・イサチン・植物性タンパク・樹脂状物・糖類・グラム陽性及び陰性菌に対する抑菌物質などを含む。
解毒効果に優れ、中医療でもインフルエンザ、扁桃体炎、流行性耳下腺炎、伝染性肝炎等温熱毒邪による症状によく使われる。
エキナセアの効能: エキナセアはネイティブアメリカンが、ガラガラ蛇に噛まれたときの治療薬として利用してきた歴史があり、その特徴は体内の免疫を活性化させること。免疫の低下が原因で起こるインフルエンザ、帯状疱疹、膀胱炎などのあらゆるウイルス感染症に使用される他、筋痛、脳脊髄炎、皮膚病にも効果があるとされる。

免疫作用を高める効果は一時的(およそ10日間)。悪寒がしたり咳が出はじめたときなど風邪の初期症状が出た際に飲むのが効果的で、ビタミンCの同時摂取は効果的。 米国では医薬品としても扱われてきたエキナセアは、抗生物質の出現で余り使用されなくなったが、免疫に働くことが解明され、再び注目されるようになっている。 特に、風邪やインフルエンザにかかったばかりの時期にエキナセアエキスを摂取すると、有意な効果がみられるいう。

ドイツコミッションE専門委員会は、インフルエンザ感染症の補助治療薬としてエキナセアを承認、さらに、慢性気道感染症・下部尿路感染症の補助治療薬としての経口摂取や、難治性の創傷や慢性潰瘍の外用治療法にも、エキナセアを承認している。

・エキナセア・アーツブライド、エキナセア・モップヘッドといった種類が国内では流通しているが、これらはいずれも観賞用、いわゆる天然ハーブでない。
* Key word *
風邪、炎症、創傷、免疫、感染症
ゴーヤーだけの濃縮エキスパウダー食品
LIFEX 糖素減
説明ページ 糖素減
注意
  1. 生薬とは植物を中心に、動物や鉱物をふくめ天然のものから作られた薬です。中国薬物研究所などによると生薬の種類は、薬草類が278種、動物類52種、昆虫類18種、鉱物類36種の合計394種となっています。
  2. このサイトでは生薬の一部を掲載するものです。また、掲載する説明内容は、全ての事象を網羅するものではありません。
  3. このサイトでは、民間薬とされるものを掲載することがあります。
 
hontonano