hienai

植物工場で育つ工場野菜のまとめ

top page >  冷えないからだをつくろう >  旬の野菜インデックス >  植物工場で育つ工場野菜

植物工場で育つ工場野菜

このページの掲載内容:
  • 植物工場(野菜工場)のこと。 ▼

旬の野菜 美味しい時期 INDEX


 冷えないからだをつくろう
   

工場野菜

植物工場で育つ工場野菜。
農作物の栽培は、露地栽培→ 施設園芸 → 水耕栽培 → 植物工場というように発展してきた。すでに口にしているハズの工場野菜だが、コンビニで買うレタスサンドに栽培方法は記載されていない。

植物工場は、露地栽培で抱える様々な問題を解決する1つの手段であることは確か、さらに、国内産業の育成効果もある。
一方で、消費者側には食品の栄養知識が求めらているように思う。
レタスを見て「これは野菜」で終わるのではく、自分はこのレタスから何を摂取するつもりなのか? このことを考えながら食べなければならないと思う。「一日350gの野菜を食べなさい」という「量で呼びかける」では済まない時代が始まっている。適切に食べ分ける時代の到来です。
以下、その概要をNetのページからメモしておく。


植物工場(野菜工場)のこと
「植物工場(野菜工場)」とは、空調や蛍光灯、LED照明などによって、温度、湿度、光を人工的に制御する農業設備のこと。「工場」という名の通り、天候に左右されることなく、大量の作物を生産できることが利点の一つになっている。

食の安全・安心の確保、食料自給率向上、後継者問題、地力低下 ..... 、
食に関する課題が山積している。そんな中、屋内で農作物を生産する設備「植物工場」に注目が集まり、以下のような背景から植物工場への企業参入が活発化。
(1)国民の食の安全・安心に対する関心の高まり。
(2)農地法の改正により農業への株式会社の参入が可能になった。
(3)植物工場で光源として利用する発光ダイオード(LED),レーザー・ダイオード(LD)などの技術革新が進んだ。

植物工場とは
無菌状態での水耕栽培により植物を育てる試みは、30年以上も前から行われてきており、もやしやスプラウトの水耕栽培は知る人も多く、農作物の栽培は、露地栽培→ 施設園芸 → 水耕栽培 → 植物工場というように発展してきた。
植物工場とは、環境制御や自動化などハイテクを利用した植物の周年生産システムである。
「根菜類以外であれば,ほぼすべての作物に適用できる」とのこと。 現在,植物工場によるサラダ菜,レタス,各種スプラウト類,トマト,イネなどの生産が確認されている。

2種類ある植物工場
外気や太陽光を完全遮断する密閉型の完全制御型と、太陽光を利用する太陽光利用型がある。
太陽光利用型は、完全遮断が難しく、露地物と比べて少ないとはいえ農薬を使うが、光源の電気を節約できるもの。

魅力は、そのの安全性の高さにあるといわれる
完全制御型: 外界と遮断された密閉型は、屋内で生育するので害虫等の侵入が皆無。 したがって無農薬栽培が可能になるため、薬品を使わない。 このあたりは養水による水耕栽培と同じで、消費者は生産された野菜を洗わずにそのまま食べることができる。
太陽光利用型: 太陽光を使うタイプでは、完全遮断が難しく、露地物と比べて少ないとはいえ農薬を使う。

生産安定性
光,温度,栄養素を作物ごとに最適化することで、 例えばトマトの場合 野外栽培だと生育期間が7カ月で1本の苗に30個くらいだが、植物工場では1年4カ月で8000個の実を付けることが可能となる。レタスの場合では、露地栽培だと収穫回数が1年に2回(二期作)、植物工場では約20日に1回の割合で収穫できる。

品質が一定で成分含有量が多い
養液を攪拌することで各苗に栄養を一定的に行き届かせることで実現するものだが、長年の水耕栽培で培われてきたノウハウが使われている。
(注:ビタミン類、特にCは多いようだが、ミネラル類になると?状態。)

外食産業はお客様の1つ
これまで、キユーピーやカゴメなどの大手食品メーカーのほか、中小の企業など全国で20〜30社程度が参入し、すでに、「洗わずにそのまま食べられる」「安全・安心」「日持ちがいい」などをウリにして、百貨店、高級スーパーの野菜売り場、高級レストランなどで売られており、コンビニで買う野菜サンドのレタスは、多くがこのタイプといわれる。

特に、植物工場は外食産業、食品工場などの分野に向いている。 植物工場では、一定量を決まった時刻に生産できるので、顧客が望む時刻に必要量の納品が可能になってくる。加えて、植物工場の作物は洗わなくてもよいので、外食チェーンや弁当工場などでは、工数削減や水道代の節約につながることに期待され、国内では、外食、中食、小売、加工業界などが当面のターゲットとなる。 そのほか、今後応用できる事業として、サプリメントの原材料生産といった、今のところ競合が少なく、利益率の高い分野も存在している。 (中東でのプラント種出の商談、南極昭和基地でのプラント設置などの話題もある)

現状ではコストが高い
初期投資は小規模のものでも数千万円が必要。一般的には、1億円弱を投資して4〜5年で回収するケースが多いようだ。これらの金額はビニールハウスと比べると格段に高い。ランニングコストも一般の農業と比べて1.7倍〜2倍程度。最もコストダウンに成功した事例でも、通常の1.3倍かかるのが現状のようだ。
猛スピードで進む照明の技術開発、補助金など、コストの問題をクリアするであろう材料はいくつか存在している。


 
探るとオモシロイ!  東京都中央卸売市場
 
ゴーヤーだけの濃縮エキスパウダー食品
LIFEX 糖素減
説明ページ 糖素減
 
hontonano