hienai

日常にあるダイエット成功法

top page >  冷えないからだをつくろう >  日常にあるダイエット成功法

日常にあるダイエット成功法


現代人の悩み、それは様々な症状を幾つも抱えていること。
病院で診てもらえば、バラバラに処方されること。
それぞれのことに、間違いは無いのだけれど ..... 。
ダイエットでは、全ての人が成功する方法は無いようですね。
人それぞれに体調が違うので、同じことが通じにくい。
 

このページの掲載内容:
ダイエットのこと
ダイエットに失敗する根本的原因
「最速」で痩せるその方法とは?
究極のダイエットとは一体?
理想の身体を手に入れるためにできること
モチベーションが下がらない超簡単な方法
//////
ダイエットに失敗する原因は、わかっているのに、
こんなコピーを見ると、誰もが知りたくなる。
そのうち、ややこしい体質に変身していく。
・・・・・
細い人は食べる量が元々少ない
細い人は自然と低カロリーな食品を選んでる
細い人は動くのが苦ではない
細い人は温かい飲み物を好む
細い人は基本的に生活が健康的
など、痩せタイプの観察記録をgoo!で見かけた。
ギャル曽根タイプではない一般人のもの。
 

冷え、冷え性の対策: 日常にあるダイエット成功法

 ・絶食ダイエット
 ・単品食ダイエット
 ・キトサンなどのダイエットサプリメント
 ・ウォーキングなどの有酸素運動
ダイエットによいとされる幾つかは、皆さんもトライしてきたのではないでしょうか。
しかし、こんなことでダイエットは無理、と判っている自分に気付きましょう。

たまに、短期的には成功する人もいます。人生、何十年あるか分からない寿命(余命)の間、同じことを続けるのでしょうか?
ここは、基本に返って、肥らない体づくり = ダイエット に切り替えましょう。

何もしないでも痩せる体質

「何もしないでも痩せる体質にする」のが一番明快ですね。
これができたら、毎日の活動量に合わせて、食べ過ぎなければよいのです。一生、やっていけます。 しかし、
 ・ジッとしていて年齢を重ねると、肥ります。
 ・これは、加齢とともに基礎代謝・新陳代謝が落ちていくためです。

そこで、2つに分けて考えます。
 ・「何もしないでも痩せる体質」をつくり、
 ・「何年先でも維持できる」
これに共通することは、
基礎代謝を上げて、カロリー消費が多い体をつくり、維持することです。

何もしなくても痩せる体質とは、基礎代謝が大きい体質のことです。

骨格筋をつけ、維持して、基礎代謝を大きくする

「基礎代謝を上げる」とは、「 筋肉を付ける」ことです。
筋肉が少ない女性は、基礎代謝も不利ですね。このことがさまざまな体の不調にも関係しています。
一般に女性では、がんばっても性ホルモンの関係でマッチョにはなりません。男性では、「貧弱」にバイByeできます。

効率よく基礎代謝を上げるには、外見からは見えない骨格筋を鍛えます。
骨格筋を鍛え、筋力量を維持することは、腰痛や肩こりをはじめ、将来予想されるいろいろな故障の予防にもなります。

基礎代謝はその代謝全体の70パーセントを占め、基礎代謝の60パーセントは筋肉によってカロリー消費されています。また、基礎代謝は18歳を過ぎると一般的にどんどん落ちていき、20代後半からは、加速的に落ちていくといわれます。二十歳を過ぎると運動量が少なくなってしまう、ともいえますね。
このような、食事制限ダイエットはしない

ダイエット食などの食事制限や、
一部の栄養分カットをしてしまうダイエットをしない :

たとえば、バナナやキャベツなど、特定の食べものに集中する方法です。
長期に続けるとどうなるか、だれでも想像できますね。

● ダイエットのときは、タンパク質などを中心にサプリなどでも補充すること(タンパク摂取は「生」ものがよく、少なくとも天然原料であること)

● 貧血やうつ症状など、体調によっては、そのことで消費されやすい栄養素を追加補強すること(サプリを使うとカロリー計算がほぼ不要になる)

● ときどきの体調により消費される栄養素が変化する。栄養は自分の体調を考えて補充すること(ストレスは気付かないうちに受けていて、タンパク・ビタミン・ミネラルの消耗が激しい)

● 必要以上の炭水化物の制限 = 体にとっては「絶食」と同じです。
● 栄養分カット = タンパク合成ができないなど、カットされたものにより様々な不調が生じるが、炭水化物、特にご飯を代替えすることが多く、これによりビタミンやミネラルも摂れなくなる。数ヶ月に及び続けるものではない。
● 栄養素名には、L-○○○とD-○○○の2つのものがあり、Lは天然型、Dは化学合成を示しています。サプリメントはできるだけL型を選びましょう。特にタンパク質は働きが異なります。


代謝量より少ないカロリーによって、
カラダを飢餓状態にするようなダイエットをしない:

炭水化物を無くしてはいけません。ご飯なら最低限、一杯/日、必要です。
飢餓状態から脱出しようと体は、カラダに蓄えている知謀はもちろん、筋肉を分解し始めます。

体重が一気に落ち始めるようなダイエットをしない:
食物繊維で満腹感をだしたり、腸内からの排出を早めるもので、栄養摂取ができないダイエットです。
続けていくと、体では「絶食」状態から「飢餓状態」に突入していきます。なぜ死者がでないのか? さすがに、飢餓状態にはついて行けなくダイエットに挫折するからです。

アミノ酸のこと

「冷え」や「冷え性」と食べ物との関係は深いですね。
ビタミンやミネラルの不足が指摘される中、からだの組織づくりの原料となるアミノ酸は大丈夫でしょうか?
ビタミンやミネラルは、アミノ酸からからだの組織をつくるときの酵素や補酵素となるもので、アミノ酸が不足していたのでは、どうにもなりません。たとえば、オルチニン。

オルニチンはアミノ酸の1つで、成長ホルモンの分泌を促進する成分ですが、
このオルニチンには、美肌・冷え性・肥満・風邪・糖尿病・高血圧・動脈硬化予防などに効果があるといわれています。

ししみなどに多く含まれ、体内では、たんぱく質として組み込まれないアミノ酸の一つで、
肝臓・筋肉、血中などに多く存在、脳下垂体に働きかけ成長ホルモンの分泌を促進し、
新陳代謝・脂肪分解、肌の細胞分裂に不可欠なたんぱく質ポリアミンの生成を促進、
体脂肪・血中コレステロールの上昇、老化を抑制、
体内に侵入したウィルスや細菌などの異物を攻撃する免疫細胞マクロファージを活性化させる作用があります。
また、体内でたんぱく質を合成するとき、それに必要なアミノ酸が不足しているときは、
その代わりの役割をするスグレものです。

この他、必須アミノ酸メチオニンの疲労回復、肝機能・網膜修復、冷え性・肥満・風邪・がん予防、 アラニンの肌荒れ・冷え性・肥満予防改善。

このように「冷え」の改善には、アミノ酸の摂取も欠かせません。 燃焼系アミノ酸、特にアラニン、リジン、プロリン、アルギニンを多く摂ることはダイエットに良いことで知られていますし、アルギニン・アラニン・プロリン・リジンには、には血液をサラサラにし、脂肪を燃えやすくするなどの作用があります。

  • アミノ酸は足りていますか。
ゴーヤーだけの濃縮エキスパウダー食品
LIFEX 糖素減
 
hontonano