hienai

温冷浴(温冷交代浴)は、温度差およそ30度で温と冷を繰り返えすもの。自律神経のバランス回復にも効果。

top page   >  冷えないからだをつくろう >  温冷浴(温冷交代浴)

知っておきましょう:温冷浴(温冷交代浴)

温冷浴は、お風呂で温まった熱を体内に閉じこめることができる、
冷え性にはもっとも効果的な入浴方法です。
温冷浴で自律神経のバランスを回復しましょう。

温冷浴(温冷交代浴)


温冷浴(温冷交代浴)

お風呂でしっかり温まっても、冷え性の人は体がすぐに冷えてきてしまいますよね。温まって広がった血管が、湯上り後も広がったままの状態、どんどん熱が体外へ放出されてしまうのが原因なのです。

風呂から上がるときに、広がった血管に冷たい水をかけ、血管を収縮させることで熱を閉じ込めた状態にできます。これを積極的におこなう温冷浴は、温かさを持続させることができます。

 

温冷浴(温冷交代浴)

冷たい水と熱いお湯を交互に浴びる入浴法を温冷浴(温冷交代浴)といいます。自律神経の調整機能を整える効果が温冷浴にはあるので、低血圧の改善にも効果があります。 体調が良い時に試してみましょう。

半身浴は、新陳代謝と血液の循環を良くして、しっかり体の芯まで温めて冷え性を改善してくれます。このような入浴に冷水を組み合わせる温冷浴は、血管を収縮させて熱を閉じ込め、保温効果を体の中につくることができます。

  • 3分ほど、42℃くらいの熱めのお湯につかる。
    腰湯や半身浴にしておくと、体に負担がかかりません。
  • 浴槽から出て、冷水を手や足に10秒間ずつかけ、
    これを繰り返し3〜4回おこないます。
  • 1分、お風呂に入いります。
  • 1から3を、5〜11回程度くり返えします。最後は水で終わってください。

温度差は、30度ぐらいがよいようです。
湯温が40〜42度であれば、水温は15〜20度くらいです。

冷水はシャワーを使ってもよく夏場は気持ちが良いものですが、冬場は辛いですね。最初はお湯を冷水に混ぜたりして、少しずつ慣れてきたら冷たくしていきましょう。

原理はサウナと同じ

サウナでは水風呂が隣にありますね。温冷浴はこれと同様の原理です。サウナは、冷水に入ることで温めた体の熱を体内に蓄積させています。
一般に、どのような入浴方法であっても、最後には冷水を足にかけることで、入浴後の足の暖かさがちがいます。温冷浴が辛いとき、湯上がりには冷水を足だけでも、かけてみましょう。

温冷浴のおもな効果
  • 血流が良くなることで、美肌、冷え性改善、疲労回復などに効果。
  • 免疫力が高まり、風邪や各種疾病の改善が期待できまる。
  • 自律神経のバランス回復に効果があり、アトピー、ぜんそく、高血圧などを改善。
 

温冷浴は温まるのに、汗をかきにくく、湯冷めしにくい

【引用と要約:出典は日本経済新聞】
暑いふろに入ると、表皮のすぐ下を走る毛細血管が太く広がる。
体温上昇を防ごうと、肌の血流量 を増やして体熱を逃がそうとするためだ。逆に、冷たい水ぶろに入ると毛細血管は細くなり、体熱が逃げるのを防ぐ。
水シャワーを交互に  湯と水を交互に浴びる温冷浴は、そのたびに毛細血管が伸縮し、ちょうどポンプのように血液を先に押し出す。その結果 、全身の血行が高まり、疲労回復が早まる。
温冷浴は、 肩凝りや冷え性、むくみにも効果 があるとされます。

温冷浴を自宅でやる場合のやり方は、1分ごとに温浴と水シャワーを繰り返すのが基本。水からスタートし、水4回、湯3回ほど行って最後は水で終わる。適当なところで中断して髪や体を洗います。
水シャワーで終わるので、浴室から出た直後は体表面の温度が下がり、毛穴が閉じていて、汗は出にくく、実にさわやか。一方で、温浴で温まった体熱は逃げにくく、20分もたつと今度は手足がポカポカと温まって、湯ざめしにくい。
水道水がとくに冷たい冬季も、温度を上げるか、手先・足先にとどめる工夫するとよい。

「アドレナリンやコルチゾールといった抗ストレスホルモンが、温度差による刺激で分泌されるのだろう。これらはストレスへの抵抗力を高め、気分を高揚させる働きがある」(浜松医科大学の甲田勝康医師)

期待できる効果はほかにもあります。
まず、肌がすべすべして、張りが出てくる。これは肌の血行が改善されるため。毛穴を引き締める効果 も期待できます。コルチゾールにはアトピー性皮膚炎などのアレルギー反応を抑える働きもあるという。  また、水と湯の交互入浴によって自立神経が刺激され、体の日周リズムが強化される。このため、朝の目覚めが良く、夜は逆にぐっすり眠れるという。

注意:血圧が高い人、内臓の持病がある人、心臓や肝臓に持病がある人、熱がある人、薬を飲んでいる人などは温冷浴はしないこと。

 
お風呂のアレコレ
  1. 半身浴  40度を超えない微温浴です。
  2. 腰湯  45〜47度のお湯です。月経不順、生理痛などの婦人病や不妊症や冷えによる腹痛などに。
  3. 分割湯とは  <3分入浴→休憩>を約3回程度、繰り返えすもの。40度以下の微温浴です。
  4. 部分浴の足湯と手浴  42度くらいのお湯に手やを10〜20分程度つかうもの。足湯は人気ですね。
  5. 温冷交互浴  温度差30度で温と冷を繰り返えすもの。自律神経のバランス回復にも効果。
  6. 硬水は「キュキュッ」  軟水は肌の油脂やタンパク質を溶かす。入浴剤や入浴後のケアが大切。
  7. これでホームスパ  家庭でもできるカンタン・スパ。
  8. お風呂での激しい温度変化  冷えるところや行動をチェック。
  9. 湯上りには水分  入浴前後や入浴中に必要なことも。常備したいハーブティー。
  10. 食前、食後の入浴  入浴前後1時間の食事は避けましょう。
  11. スポーツの後の入浴  運動後、1時間あけると疲労回復が早まります。
 
hontonano