hienai

半身浴は38度前後のお湯で胸から下をひたす微温浴。リラックスして、からだの芯から温まる微温浴です。

お風呂のアレコレ:半身浴

半身浴は38度前後のお湯で胸から下をひたす微温浴。
手やや肩はぬらしません。リラックスして、
からだの芯から温まるのが半身浴です。

掲載している対策内容:  
半身浴
半身浴をしても、汗がでない、少ない  
 

半身浴:40度を超えない微温浴です


半身浴

全身浴は肩まで湯船に浸しますね。一般には熱めのお湯にすることが多い入り方です。

一方、半身浴では、胸の下あたりまでつかり、足元から下半身の部分だけにお湯をかけて上半身にはお湯はかけません。湯船でも手や腕を濡らさないようにします。

長時間お風呂に入る半身浴では汗の量も増えるため、入浴中にミネラルウォーターやスポーツドリンクなどで、忘れずに水分補給をする事が大切です。

余裕をもってゆったりと入浴する半身浴では、アロマオイルやバスソルトなどを使用することによってさらにリラックスできたり、気分が変わってストレスが解消できたりしますので、色々なグッズを利用してゆったり気分を演出することで、代謝アップの半身浴を長続きさせる事ができます。

  • 温度は、体温のプラス2度が目安です。37〜40の範囲です。
  • 時間は20〜30分が目安ですが、苦痛ではない限り続けても問題はありません。
  • 最後に全身を洗います。
  • 心臓の下まではお湯の水圧がかかります。これが血液を心臓に戻すことを助け、血液循環がよくなります。このことを効果的にできるのが、温水プールでの歩行です。浴槽では、足首を伸ばしたり引いたりするストレッチを加えるとよいですね。
  • 心臓に水圧がかからないため、長時間の入浴ができ、体の芯から温まることができます。
  • 体の芯から温まることが、湯冷めしにくくします。
  • 湯船で汗がでます。これが老廃物を出すことになり、ダイエット効果も期待できます。毎日つづけると大きな効果を生みます。

42度のお湯から始める半身浴もありますが、これはデトックスによる美肌効果を求める入浴方法です。
ベタベタ感がある汗は老廃物を含んでいますが、サラサラに変わると出し切った常態です。

 

半身浴をしても、汗がでない、少ない

低体温や強い冷え性のことがあります。

体が温まりにくい方や汗をかきにくい場合、代謝が落ちていることが考えられますので、簡単なストレッチやラジオ体操、ウォーキングなど、軽いエクササイズを生活に取り入れたり、食事の栄養バランスを見直すなどで、半身浴をした時に汗のでやすさなどが変わってきます。おる意味、半身浴での汗のでかたは、からだの常態を知らせてくれているとも受け取れます。

半身浴でどうしても「リラックス」できない、「くつろげない」など、不快を感じるなら半身浴はやめて、40度を超えないぬるめの全身浴や、足湯や肘湯などの部分湯をかんがえてもよいですね。

 
お風呂のアレコレ
  1. 半身浴  40度を超えない微温浴です。
  2. 腰湯  45〜47度のお湯です。月経不順、生理痛などの婦人病や不妊症や冷えによる腹痛などに。
  3. 分割湯とは  <3分入浴→休憩>を約3回程度、繰り返えすもの。40度以下の微温浴です。
  4. 部分浴の足湯と手浴  42度くらいのお湯に手やを10〜20分程度つかうもの。足湯は人気ですね。
  5. 温冷交互浴  温度差30度で温と冷を繰り返えすもの。自律神経のバランス回復にも効果。
  6. 硬水は「キュキュッ」  軟水は肌の油脂やタンパク質を溶かす。入浴剤や入浴後のケアが大切。
  7. これでホームスパ  家庭でもできるカンタン・スパ。
  8. お風呂での激しい温度変化  冷えるところや行動をチェック。
  9. 湯上りには水分  入浴前後や入浴中に必要なことも。常備したいハーブティー。
  10. 食前、食後の入浴  入浴前後1時間の食事は避けましょう。
  11. スポーツの後の入浴  運動後、1時間あけると疲労回復が早まります。
 
hontonano